見出し画像

2つの大人気マンガの「心の声」の違い

今日は、2つのマンガから感じた「心理描写」に関して気になったことを書きます。

最近はリモートワークにより時間に余裕ができたので、エンタメ観賞時間を増やしています。特にマンガ業界は、様々な作品が無料公開されているので読み込むチャンスです。

『ONE PIECE』ルフィの「心の声」は描かれない

少年ジャンプを代表する大人気マンガ『ONE PIECE』も、現在60巻分が無料公開されています。ところでこのマンガでは、主人公ルフィの「心の声」は、全く描かれていません。これは作者が単行本の中で明言しています。

その理由は、読者に対して常にストレートな男である為に「考えるくらいなら口に出す」または、「行動に移す」という事を徹底しているからだそうです。

このような、作者の描き方へのポリシーってめちゃめちゃ面白いと思っていて。マンガ自体のストーリー以外に、「作品の作り方」という視点でも楽しめるので。

実際にマンガを読んでいても、こうして描かれることによって、ルフィの猪突猛進で男らしい生き方が際立っていて、彼に対する大きな憧れや期待が生まれるのを感じます。

(他のキャラなら心の中でつぶやきそうな内容でも、とりあえず口にする)

『鬼滅の刃』炭治郎は、完全に真逆

一方、2019年の年間売上げランキングでついに『ONE PIECE』を抜いて1位になったのが『鬼滅の刃』。僕もやっと最近読み始めましたが、確かに面白い。(この売上の推移も面白い)

で、その面白さがどこにあるのかな?って考えてみると、いろんな要素があるんですが、1番際立っているのは、主人公である炭治郎の「心の声」なんじゃないかなと思うんです。

一瞬を争う戦いの中でも、焦りや葛藤や苦しみなどの心の声が、とにかくたくさん描かれている。それも、いかにも「リアルタイムな心の中」を感じさせるような、綺麗にはまとまっていない言葉で。

声には出ていないありのままの思いが、強い緊迫感や臨場感を生み出し、感情移入を誘う面白さに繋がっています。そして、本音を深く知ることによって、読者に「炭治郎を応援したい」という思いを抱かせてくれるように感じます。

また、思い遣りや優しさの心理描写も細かく描かれていて、炭治郎は自分を殺そうとした相手ですら、慈悲を持って接します。彼を見ると、「こんな綺麗な心の人間になりたい」という、ルフィに対するものとは別の憧れが生まれてきても、おかしくはありません。

ありのままに惹かれる時代か

こうして、同じジャンプの、同じ大人気マンガなのに、ある意味で真逆の主人公が描かれているのは、すごく面白いなと思います。

共に大きな需要があるわけですが、今まさに『鬼滅の刃』の勢いが凄まじいのは、そのようなキャラクターの「ありのままの心理描写」が影響していそうだな、と読んでいて感じました。

その描写こそが、「少年」だけではなく、年齢や性別を問わない人気を得る大きな一因になっているのかなと。「時代はテレビタレントからYoutuberへ」のような流れの話は少し前によく聞きましたが、それに近い変化とも捉えられるかもしれません。

そんなことを、鬼滅の刃を読みながら考えていました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10

こちらでもピックアップされています

常々考えていること
常々考えていること
  • 16本