見出し画像

吉田家の猫ラッキーの巻

皆さんようこそこんにちはこんばんわ

こんにちはこんばんわ皆さんようこそ

冒頭の挨拶はリメンバーミーの劇中歌、音楽は僕の家族から拝借しました。歌の時ミゲル役の石橋陽彩君の冒頭の雄叫びがすごく良かったと思いました。あと衆目の前で弾くアコースティックギターの上手いこと!

ミゲルくんがギターの演奏を披露する事が良かったなぁ…と映画の場面を見ながら思いました。



それでは本題に入りますが、実家で飼っている猫のラッキーちゃん(女の子)の生いだちの話からまずは始めます。

時を遡ること10年前、ラッキーは里親の家で生まれました。母猫のくーちゃんが出産し生まれた三匹の子猫の一匹がラッキーです。母猫のくーちゃんは妊娠していた時に交通事故に遭ってしまったそうです。

自分の命と引き換えにラッキー含む三匹の子猫を出産したと里親の方から話を聞きました。その時肺が片方潰れていたのですが、根性でカバーし母親としての役割を果たすため出産したというのだからくーちゃんは凄いと思いました

ありがとうくーちゃん(;_;)

くーちゃんが頑張って出産してくれたからこそラッキーと巡り合えた事をこの場を借りてお礼を言います。

その後ラッキー達が生まれたことは、兄の情報網(兄の知り合いがラッキーの里親)から知り、お母さんとお兄ちゃんが一緒に車でついてきてもらって里親さんの家に訪問しました。

初めてラッキーと会った時は

玄関から他の兄妹と一緒に出ようとしてたところを里親さんに止められていました。里親さんの家は車の通りが多いため、交通事故に遭わないようにおうちで飼っていたそうです。

そのあとふれあいタイムがあり全ての猫と接している内に、自分と近い性質の猫で人見知りかつ臆病なラッキーを見て

『この子だったら上手く付き合っていけそうだ。よし、うちへ迎えよう!』と決心しました。

余談ですが

飼う時は猫と飼い主の性別が同じ方が相性が良いと、飼育の本に書いてあったので、本の言うことを信じて女の子のラッキーを選びました。

里親さんに迎えるペットをラッキーに決めた事を伝え、約1ヶ月後、避妊手術を済ませたラッキーをお家に迎えました。まだ子猫のラッキーは新しいお家に慣れず、不安がっていたように当時を振り返ってみるとそう感じました。

後、寝る時間になるとニャーニャー夜鳴きをして起こすために布団の周りをぐるぐる歩くので、構うのが大変だったです。夜中二時間おきに外へ出せと鳴かれることがあったので、なかなか寝たくても寝れなかった時がありました。

一回ラッキーが外へ出せと鳴いてる時に

『うるさーーーーーい!』

とキレて寝た時、ラッキーと一緒にいたお母さんから見てラッキーが絶望している様子だったそうです。

今は、おじいちゃんやおばあちゃんが夜中の外出せコールに構ってくれているのでおかげで私は夜中ぐっすり寝れています。

自室の部屋の扉は開けており、家の中は自由に出入りができる様にしているのと日中は外に出して好きなだけ遊ばせているのでラッキーは病気なるほどのストレスはたまっていないようです。

昼間は日向ぼっこや自宅警備、鳥やネズミや虫を捕まえる狩ごっこに木登りや散歩をして気ままに過ごしているようです。

どこからともなく現れて、もぐらが掘った穴からネズミが出てくる事をラッキーが教えてくれる時がありました。普段ネズミを狩る時はもぐらを掘った穴の入り口に待ち伏せしているんだなと思いました。

画像2

(もぐらが掘ったネズミの巣穴の写真です。)

捕まえたネズミを生捕りにして持ってくることがあるのですが、その時はラッキーにじわじわといじめられないように

見えないところで外に逃がしてあげています。

小鼠ってえらいかわいいんですよね。ちっちゃくてふわふわでおめめくりくりしてて

いっぱいいたらぞっとしますけど


庭の様子が見れる部屋でおじいちゃんや家で仕事をしているお母さんが、昼どき庭に現れるラッキーの様子を観察してその事を私に報告してくれるのが小さな楽しみでもあります。

画像1

上の写真は自室の二階の窓から庭を眺めていて、庭の木に止まっている鳥たちを狙っている時の写真です。


ラッキーの顔を見ると家族みんながラッキーに対して癒されるのか、ニコニコ優しく接してくれるのでラッキーが吉田家に来てくれて良かったと思いました。

特におばあちゃんとお父さんは猫が好きで、お父さんが小さい頃猫を飼っていたそうでミーちゃんという名前をつけ三代続けて可愛がっていたと私に話しました。

ところで私のおじいちゃんは元々動物嫌いなのですが、私がずっと落ち込んでいるのを見て、猫がいてくれることで心が癒されるのであれば猫を飼っても良いと許可してくれました。

その後おじいちゃんは昼間わたしがいないときにラッキーの餌をあげる係をしているうちに情が移ってラッキー、ラッキーと可愛がってくれるようになり家族として受け入れてもらえてよかったです。

これで動物嫌いが少しだけ変わってくれたかな?と思いました。

ラッキーにまつわるエピソードはまだまだあるので、noteに続きを書きたいと思います。

では乞うご期待!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

#我が家のペット自慢

この記事が参加している募集

我が家のペット自慢

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキしてくれて嬉しい!
7
農業高校卒のフリーターです。猫を一匹飼ってて溺愛してます。漫画が好き。実家の田舎暮らし
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。