ソーシャルメディアで目にしたeスポーツ広告(2021年9月)
見出し画像

ソーシャルメディアで目にしたeスポーツ広告(2021年9月)

自分がソーシャルメディアで目にしたeスポーツ関連の広告を記録しています。

2021年9月分は以下。

X-MOMENT (Facebook)

ドコモのeスポーツリーグブランド『X-MOMEN』が主催する『RAINBOW SIX JAPAN CHAMPIONSHIP 2021』の大会開催告知の広告です。

画像1

先月に紹介した、レジェンド・ウォッカさんが登場したエキシビションマッチの広告は、配信アーカイブへの誘導のためか終わった後も広告掲載が続いていました。

LEVEL∞ (Twitter)

パソコン工房のゲーミングPCブランド『LEVEL∞(インフィニティ)』の広告では、プロゲーミングチーム、eスポーツ大会のコラボモデル・認定モデルの一覧ページに誘導が行なわれていました。

レベイン


LEGION (Twitter)

レノボのゲーミングPCブランド『LEGION』の広告です。毎月目にしています。

性能でアピールするゲーミングノートと、プロeスポーツチームSCARZと実施したコラボイベントレポートに誘導する広告でした。

レギオン2

FRONTIER (Twitter、Instagram)

BTOパソコン「FRONTIER」のゲーミングPC広告です。
ランディングページから、エントリー~エキスパートまでの幅広いモデルを紹介する内容でした。

フロンティア

フロンティア2

Restart Games (Twitter)

ライブ配信事務所「Restart」のゲームストリーマー部門「Restart Games」のストリーマー募集広告です。

プラットフォームは「17LIVE」がメインとのこと。

リスタートゲームス

「17LIVE」で思い出したのが以下です。

元々は台湾企業でしたが、本拠地が日本になっていて驚きました。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝します
FPS・eスポーツ・ゲーミングデバイスを紹介する個人ニュースサイト『Negitaku.org』を2002年から運営しています。