見出し画像

デザイン初心者にまず読んでほしい3冊

今回は、デザイナー歴10年以上の筆者が今まで読んできたデザインに関する書籍の中から、本当に役に立ったと思う本を紹介させていただきます。

今回対象となるのは
・他分野からデザインの世界に入って来られた方
・駆け出しの新人デザイナーの方
・業務経歴はあるけどデザインの根本的な部分に疎い方

といった、いわゆる「ビギナー」の方々になります。

そんな方々へ、

「まずは四の五の言わずにこれを読め!話はそれからだ。。」

とお薦めしたい3冊です。ほんの3冊だけです。正直、初期の段階であれば、この3冊を読めば他は無理に読まなくてよいと個人的には思っています。


デザインの基礎となる三要素

まず前提として、デザインの基礎要素となる知識は大きく分けて3種類あると考えます。その3種類とは

・タイポグラフィ
・色彩理論
・レイアウト

になります。これら3つの基本をしっかり守れていれば、いわゆる野暮ったいと思われるようなデザインは生まれてくることはありません。

3つの各ジャンルの中で、それぞれ筆者が本当に役に立ったと感じた、厳選した一冊を紹介していきます。


続きはコチラ(記事は個人ブログサイトに移動しました)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでくれてありがとうございます!!
5
Web UI Design. Markup. JavaScript. AfterEffects. Animation. Drawing. Guitar. Vocal.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。