ヒメカミ日記〜名作曲家とは〜

これは以前、先代と話した記憶。

昨日の事のように覚えている。


音楽家には大きく2つの方向性がある、と。

1つは演奏に特化したプレイヤー。

譜面の通り、寸分も狂わずに見事に演奏を成し遂げる。

+α、かっこいいアドリブなども出来てしまう!

それなりに訓練、練習、努力を積み重ねたある種「才能」を持ち合わせているのだと思う。


もう1つはコンポーザータイプ、いわゆる「作曲家」。

作曲家は曲を作れるのだが、演奏が下手だったりする。

というか、下手だ。

自分で作った曲なのに、自分で演奏すると下手なのである。

演奏者には細かく譜面を書き、指示したりするのに。

先代の言葉を借りるとしたら、「僕は曲を作って上手に演奏したいが、苗字がスターでも演奏はスターになれなかったのである」と書くだろう。

先代と一緒に演奏をしていた頃、「よく緊張しないで弾けるな、すごいな」と褒めてもらった事が一度だけある。

僕は知っている。

先代がどんなに沢山のステージを積み重ね、日本全国〜世界で演奏した実績があっても。

最初の1曲目、最初の1音目。

これは演奏者なら分かると思うが、誰もが緊張する初めの一歩、出だしの音。

実際僕も緊張する。

この最初の出だしの音によって、コンサートの流れやパフォーマンスが変わる!と言っても過言ではないと思う。

そして先代の手、指は、どんなコンサートでも、どんな場所でも。

1曲目の1音めは時々、震えていたのを僕は知っていた。

お酒が足りない、とか、歳取ったから、ではない。

あの先代が緊張してコンサートに臨んでいたのだ。


またしても話が脱線した。

先代は山口太鼓の会・会長・佐々木清さんを「名作曲家」と絶賛していた。

太鼓は小太鼓、大太鼓、桶太鼓、扇太鼓やフチや金など叩く場所によって音が変化するが、鍵盤のように音階がある、という訳ではない。

太鼓だけで「宮古ばやし」という名曲を作った清さんは凄い!名作曲家だ!といつも褒め称えていた。

2014年の上海公演、6名で演奏した「宮古ばやし」。

本来は、

山口太鼓の会、大人数で演奏する「宮古ばやし」。

何度観ても、何度ステージで一緒でも、この「宮古ばやし」は先代が名曲!佐々木清さんは名作曲家!と褒め称えていた事が分かる。


余談だが、ポニーキャニオンさんから姫神の過去のアルバムを「星吉昭名曲大全集」というタイトルでリリースされた事がある。

先代の訃報ニュースの際「名作曲家の〜」と流れる。


宮沢賢治さんも同様である。

賢治さんの弟・清六さんに先代は「イーハトーヴォ日高見」の制作時、実際にお会いしている。

賢治さんに頼まれ、清六さんは東京の出版社へ「銀河鉄道」などの作品を持っていくが、まったく相手にされなかった。

賢治さんが亡くなり、空襲で街が焼け野原の中、清六さんは必死に原稿を持って逃げた。

時が経過し、時代が変わり、賢治さんの作品は誰もが知る大きな世界観がある。

しかし、賢治さんはその事を知らぬまま、分からぬまま。


僕が名作曲家として尊敬していたのはシンガー・ソング・ライターのORIGAさん。

譜面でソロ・パートにコーラスを入れたり、コーラス部分をまったく違うソロを入れてきたり。

でも、それが、またかっこいい!

作品が素晴らしくなる。

どんどん制作していく過程で、作品は変化、変貌を遂げていく。


色んな事を書きすぎてしまった。

要するに

「佐々木清さんは名作曲家」

「先代は名作曲家」

「ORIGAさんも名作曲家」

と三行で済むところを色々と書いてしまった。

僕もいつの日か、名作曲家!と呼ばれるような作品を作りたい。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

自粛期間ではありますが何かしようと思い動いてます、サポートよろしくお願いしますm(_ _)m

ありがとうございますm(_ _)m
12
岩手出身在住。自粛期間ですがリモートで何か出来ないか模索中。
コメント (1)
いつもYouTube拝見しております!
吉紀さんの演奏はシンセとは思えないくらい力強く深く優しい音色で...名演奏家、そしてもう十分、名作曲家だと思っておりますが(^^)益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます☆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。