見出し画像

マーケティング不要論

まだマーケティングで消耗してるの?

僕が起業した頃(1990年代初期)にはマーケティングという言葉は、いまみたいに日常的に使われてなかったと思います。
(コトラーやドラッカーの本はあったのかもしれないけど読んだことなかった)

少なくとも、僕みたいな独りで起業した小さな会社をはじめとする零細企業では。

僕はデザイン・印刷業で起業しましたが、当時は販促(販売促進)という言葉が主流で、販促のためのツールを作ってたので、まったく無関係というわけではなかったかもしれないけど。

新聞折り込みのチラシとか、パンフレットとか、ポスターとかをデザインするのが仕事でした。
(インターネットはあったかもしれないけどまだまだ普及してなかったし、ホームページを作る仕事はまだなかった)

僕がマーケティングに興味を持ったのは、ある日、書店で見かけたピンク色の本

神田昌典さんのあなたの会社が90日で儲かる!という刺激的なタイトルとデザイン。

その本を読んでエモーショナルマーケティングって面白いと思い、大阪で開催された神田さんのセミナーに参加したほど。
(当時の神田さんはまったくの無名で、いまから思えば貴重な体験かも)

元々読書が大好きな僕は、そこからマーケティング本にハマり、覚えてるだけでも、トム・ピターズ、ピーター・ドラッカー、アル・ライズとジャック・トラウト、ジェイ・エイブラハム、マイケル・ポーター、フィリップ・コトラーみたいな人たちの本を読みまくりました。

ここでちょっと、僕が神田さんの本と出会ったときに話を戻します。

本のタイトルがあなたの会社が90日で儲かる!というところに注目!

そう、僕の会社はうまくいってなかったのです。

もう少し正確に言うと、以前は良かった売り上げが右肩下がりに落ちてきたので、なんとかしようと焦っていました。

そこで、ヒントになる本はないかと書店に行ったときに見つけたのが神田さんの本でした。

まあ、この辺りの話を書きだすとキリがないので、この記事で伝えたかったことを書いてみますね。

それは、僕のやってきたビジネスについて、過去を振り返ると、マーケティングを勉強するようになる前の方が業績が良かったということ。
そして、めちゃくちゃ楽しかったということ。
さらに、いまはその理由がわかるので、マーケティングの役立て方がわかったということ。

僕がマーケティングに興味も関心もなくやってた小さなカフェ(しかも片手間)は、自分で言うのもなんですが繁盛店でした。
(飲食店をされてる方ならわかると思いますが、10坪足らずのカフェで月商300万円以上を売ってましたから)

その当時、僕がお店でやってたことを書くと、それってマーケティングじゃないか!と言われるかもしれないけど、とにかくその頃の僕は、マーケティングという言葉を知らなかったし、もう、毎日、今日は何をしてお客さんにウケようかと仕事か遊びかわからない日々。

その後、店舗を拡張したり、多店舗化したりしてから、業績が落ちてきてから、上に書いたようにマーケティングの勉強を始めたわけです。

マーケティングがまったく役に立たなかったのか?というとそんなこともなくて、自分の経営する店舗でうまくいったこともあるし、僕の本業であるデザイン業ではクライアントさんの業績を上げることに役立ちました。

でも、あえてお伝えしたいのは、マーケティングはあくまで手段であって目的ではないこと。

そんなことわかってる!と言われる人が大半だと思いますが、僕がハマったようにマーケティングって面白いので、ついつい目的を忘れがちになってしまう危険性がある。
(★まるで、人をコントロールできるかのような錯覚を覚えることさえある)

僕は、自分がマーケティング(マーケティングという言葉や概念)を知る前からビジネスをしてたように、江戸時代や(もっと前から)商売や商売人は存在していて、マーケティングとか無関係に、お客さんを喜ばしたり、役に立ったりしていたということを忘れないよう心がけたいと思う。
(江戸時代の商人を扱った小説をよく読んでるのもそのひとつ)

記事のタイトルを「マーケティング不要論」というちょっぴり過激なものにしたのはエモーショナルマーケティングの影響ですが(笑)、いまどき、お客さんを煽るようなコピー書いてる人はいませんよね。
時代や流行に左右されるようなマーケティングテクニックよりも、ビジネスの本質的な部分について忘れないようにしたいという思い(自戒)をタイトルに込めました。

僕の仕事はアイデアで人や会社を元気にすることなので、これからもマーケティングやブランディングにも関わって行きますが、そもそもの目的を忘れないようにしたい。

特に、これからの時代、頭で考える戦略的なことよりも、直感や気持ちの方が、より大事になってくるんじゃないかと思ったのも、書いた動機のひとつ。

最後まで読んでくださいってありがとうございます。
コメントもしていただけるとハッピーです!

もしよければ、こちらの記事もお読みいただけると嬉しいです。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます!読んでいただけてハッピーです。

ありがとうございます!ハッピーです!
31
クリエイティブコンサルティング会社取締役。その手があったか!というアイデアで、ビジネスの悩みを解決して経営者を元気にするお手伝いをしています。過去にカフェ・居酒屋・物販・サロンなどの経営経験もあり。| 視点移動思考|デザイン|マーケティング|ブランディング| 小説|映画|音楽 |

こちらでもピックアップされています

気になる記事
気になる記事
  • 2178本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。