見出し画像

感情マーケティング3.0とは何か

感情マーケティング3.0って何?

感情マーケティングいうと、ずいぶん前に話題になった、エモーショナルマーケティングを思い浮かべる方がいるかもしれません。

感情マーケティングという言葉がタイトルに入った本も何冊かありました。

要は、お客さんの感情に訴えたり、感情を動かしたりして、商品やサービスを販売するというマーケティング手法ですね。

心理学的なアプローチとも言えます。

僕が、ふと書いてみようと思ったのは、

違う、そこじゃない

感情マーケティング3.0は、お客さんのじゃなくて、自分の感情にフォーカスします。

簡単に書くと

マーケティングを考えるときに、自分がどんな感情でいるかが重要ですよ。

ということ。

長年、いろんな業種の、いろんな方々と仕事してきて、うまくいく事例もそうでもない事例もたくさん見てきて思うのが

何かを行う時の感情の大事さ。

前提とも言える。

冒頭の、感情マーケティングの例でいうと

お客さんの不安感を煽って、何かを買ってもらおう

という気持ちで

販促を行ったり、ツールを作ったりすると、ある程度の成果は出るかもしれないけど、長続きしなかったりクレームになったりする。

みたいな話。
(さすがに、もうこういうのやってる人はいないと思うけど)

無理にお客さんの気持ちを動かそうとか、売り上げないと(自分が)不安だとかそういう感情がちゃんと伝わって結果につながります。

逆に

自分が楽しい気分だったり、面白がったりしながらやることは、これまたちゃんと伝わって

楽しい結果になったり面白いことが起きてきたりします。

(怪しくないですよ)

例えば、ホームページとかパンフレットとかチラシを作る時

なんかすごくいいのができた!

とか

お客さんが見たら面白がってくれそう!

とか

早く友達に見せたい!

とか

なんでもいいから(なんでもいいことはないやろ)ワクワクした気分でいると

ホームページやパンフレットやチラシとは無関係なところから
(↑ここポイント)

問い合わせがあったり
お客さんの紹介があったり
すごくいいアイデアが浮かんだり

します。

僕の経験でも

ホームページの相談があって、打ち合わせして、

それならこんなの作ったら面白くないですか?


という話で盛り上がってたら

ホームページは完成してないのに不思議と業績がアップしたということが何度かありました。

(怪しくないですよ)

その時は、単なる偶然だろうと気に留めてませんでしたが、いろんなことを体験したり、潜在意識や心理学についてあれこれ本を読んだりしてるうちに、ちゃんと理由や根拠があると確信するようになりました。

マーケティングいうと、いつの時代にも「○○マーケティング」みたいな手法がブームになり消えていきますが

手法の前の「前提」や「感情」がすごく大事なのは変わらない。

ここらへんを掘り下げていくと、目に見えない世界とか、スピリチュアルとか、量子力学とか、よくわからないことになるんですが

いろんなことを経験して

「そうとしか思えない」ことがあります。

その昔、飲食店を経営してた頃、みんなでワイワイと面白がってやってた時はなぜか業績もよくて

少し規模が大きくなり数値目標とかを立てて真面目に会議をするようになってから、なぜか業績が落ちるということがありました。

うまく行ってた時に、お客さんから言われたのが

この店に来ると、なぜか落ち着いたり、楽しい気分になるからついつい来ちゃうんです

とか

居心地がいいから、ついつい長居しちゃいます

という言葉。

いまから考えると「伝わってた」んでしょうね。

感情マーケティングという言い方、しかも3.0(笑)が、誤解を招くかもしれませんが

何か伝わったら嬉しいです。

ではまた。

僕的仕事術についての記事はこちらです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます!読んでいただけてハッピーです。

ありがとうございます!ハッピーです!
34
クリエイティブコンサルティング会社取締役。その手があったか!というアイデアで、ビジネスの悩みを解決して経営者を元気にするお手伝いをしています。過去にカフェ・居酒屋・物販・サロンなどの経営経験もあり。| 視点移動思考|デザイン|マーケティング|ブランディング| 小説|映画|音楽 |
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。