見出し画像

モテないのは誰も悪くない

「モテる」という語の定義は曖昧で、人によって違うと思う。

私はその言葉を「多数の人間から恋愛感情を持たれること」と認識している。

具体的な数字で言うと、常時2人以上の人から恋愛感情を持たれているとか、過去に10人以上の人から告白されたとか。

そういった人を見ると「モテるなぁ」と感じる。

ちなみに、「口説かれる」とか「チヤホヤされる」はモテのうちに入らないと思っている。私の定義は、あくまで恋愛感情を持たれるかどうかだ。

さて、私のことで言うと、今この地球上に私に対して恋愛感情を持っている人間は0人だと思う。夫は私を愛している(と思う)けど、恋愛感情ではないだろう。どこかの誰かがひそかに想っている可能性も、限りなく低い。過去には恋愛の経験があるけど、数が多いわけではない。

従って、私は自分のことをモテないと認識している。

◇◇◇

私がモテないのは、私に対して恋愛感情を持つ人がいないということだ。

そのことに対して、少し淋しいなぁ、モテてみたかったなぁ、と思う。

だけどまぁ、しょうがない。来世に期待しよう。

……とあっさり引き下がれるのは、私がモテないことは誰も悪くないことだからだ。

私が悪いわけでもないし、私のことを好きにならない人が悪いわけでもない。

私がモテないことに「理由」はあるだろう。だけど「責任」はない。

私にも、他人にも。

◇◇◇

だけどたまに、自分がモテないことに対して妙に他罰的な人がいる。

モテないことで、特定の誰かや、異性全般を憎んでいる人。
もしくは、自分がモテないことに対し、被害者意識を持っている人。

……なんで?

他者がその人を好きにならないことは「加害」ではない。その人が誰からも好かれなかったとしても、それは「被害」ではない。

その人も、周りの異性も、被害者でもなければ加害者でもない。たまたま、誰からも好意を持たれていないという事実があるだけで、誰も悪くないと思う。

「自分は異性から虐げられた被害者だから、正当な被害者意識を持っているんだ」という人は、そのことだけを主張すればいいと思う。それと非モテは別問題だろう。

モテないことで異性を憎んだり、「自分かわいそう」と思う人は、逆の立場になって考えてみたらいいと思う。もしも、好きじゃない人から「なんで好きになってくれないんだ!」と責められたとしたら、どう思うか。

「そんなこと言われましても……自分が悪いわけじゃないし」と思うのではないか。

◇◇◇

好かれたい気持ちも、好かれなくて苦しい気持ちも、わかる。

「なんで好きになってくれないんだ!」と言いたくなる気持ちも、わかる。

でも、それらの気持ちは、憎しみや被害者意識に変換すべきではないと思う。

その変換は、自分の心を傷つけるだけだから。


ウワーってなってるとき、いっぱい寝たらちょっと変わるかも?
59
ライター/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』http://urx2.nu/Vmkr 雑誌やwebで執筆中/有料記事は有益な情報じゃないです/お仕事のご相談はsaki.yoshidama@gmail.com ウィッシュリストhttps://amzn.to/3g2902M

こちらでもピックアップされています

恋愛に関する記事まとめ(吉玉サキ)
恋愛に関する記事まとめ(吉玉サキ)
  • 34本

吉玉の書いた恋愛記事をまとめました。中には有料のものもありますが、有益なことは書いてません。知り合いに読まれたら恥ずかしいから有料にしてるだけ。