見出し画像

アクシオン、10月1日に1口50万円の第2回公募を開始

デジタル経済メディア「アクシオン」を運営する株式会社アクシオンテクノロジーズ(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:吉田拓史、以下「アクシオン」)は、10月1日に第2回公募を開始します。

今回の公募では1口50万円で個人投資家の投資を募ります。事前登録はこちらのフォームから。登録いただいた方に9月下旬から順次案内のメールを差し上げます。そのメールによって交渉・取引が開始されます(特に義務は生じません)。

スケジュール

10月1日〜15日が事業説明期間。この期間に数回のZoomでの事業説明・質疑応答のビデオ会議を行います。一回のビデオ会議につき、最大20人が会議に同時参加。10月18日〜29日が契約・入金期間。11月1日以降に法務局に登記し、登記完了後の11月下旬に、登記簿謄本の写しを皆様にお送りして取引完了となります。

20210901事業計画書(簡易ver) (3)

残り14口、18口が売約済み

残り14口。18口が売約済み。事前私募ラウンドで12口(600万円相当)が成約、登記申請済み。春先から交渉があった個人投資家により6口が予約。事前登録が100人超のため、需要次第では増枠を検討しています。お早めに申込みください。

20210916事業計画書(簡易ver)

取引条件

- 静かな株主になってもらうこと(無議決権)
- 反社会勢力ではないとお互いに表明すること
- 反社だった場合、会社側が株式を買い取ることができる条項

コンプライアンス (法令遵守)

本取引は金融商品取引法、会社法を遵守の上、行われます。

株式会社アクシオンテクノロジーズ創業者 吉田拓史

創業者の吉田拓史は、インドネシアの記者時代に国際的なスクープと大統領選挙の情勢把握と予測で日本筋で最も優れていた最強のジャーナリスト/情報分析屋でした。日本での編集者時代には、メディア・インターネット業界のデジタル化を推し進める米系メディアの日本版の立ち上げと、業界全体のデジタル化に比類ない大きな貢献がありました。

皆様の投資をお待ちしております! ご質問はTwitter(@axion_zone)かメール: yoshi@axion.zone まで(見慣れないアドレスですが届きます!)

事業計画書

事業計画書を解説した note

事業計画書を解説した動画

2021年上半期の業績報告


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?