見出し画像

簡単な自己紹介と、(ライターの)ポートフォリオみたいなもの

京都生まれの京都育ちで京都から離れられない♂。音楽と言葉が大好物。憧れの人物はアインシュタインとエルキュール・ポアロとアンディ・ウォーホル。パンダも好き。(某webサイトのプロフィール欄をコピペ)

ふざけているようで、これでもまじめに考えた。わかりやすい肩書や略歴、得意なジャンルすら書いていない。これはライターの自己紹介としては悪い例(らしい)。なので、

興味あるカテゴリー&ジャンルや、いわゆる商業誌に掲載された小説、webライターとして書いた記事をメモっておくことにした。

ライターのポートフォリオみたいなものだ。

●興味あるカテゴリー&ジャンル

音楽(ブリティッシュ大好き)、文学(やや偏り気味)、映画(新しいのから古いものまで)、科学(理系出身)、スポーツ(ぷちスケオタ)など、基本、雑食。

●小説

第9回の海燕新人文学賞で、最終選考の6編に残ったのが始まり(大昔の)。

で、最近では、2017年に第2回文芸ラジオ新人賞で佳作に選ばれた。文芸ラジオ3号に小説が掲載されている。

2018年の文芸ラジオ4号(5月26日発売予定)にも短い話を寄稿した。

●web記事

記名記事の一部を並べてみた。スペースの都合上、1サイトにつき2記事までとしている。随時、追加あり。

テクノロジー×エンタメ

音楽好き、理系出身、昔からDTMやってたよ(バンドもね)ということで、テック寄りのエンタメ記事。

コーネリアスの特設サイトが「Patatap」導入 気軽に“音楽で遊べる”豊かなUIに (リアルサウンド テック)

マルチトラックレコーダー「Spire Studio」の斬新さ いつでもどこでもレコーディングが可能に! (リアルサウンド テック)

■音楽

もちろん、音楽コラムも。

第88回アカデミー作曲賞を受賞!エンニオ・モリコーネという巨匠 (Veemob)

NYから届いた、EDDI FRONT デビューアルバム『Marina』 (Veemob)

■ スポーツ×エンタメ

スポーツ観戦好き、サッカー経験者ということで、スポーツ系記事。

香川真司も参加する慈善活動団体「Common Goal」に見る「フィランソロピー」(wezzy)

皇帝プルシェンコの息子サーシャは、羽生結弦の後継者となるか?(wezzy)

■ 経済×エンタメ

お金にまつわるエンタメも。

アニメ「ユーリ!!! on ICE」大人気支える2つのファン層 きょうから名古屋で展示も (ZUUonline)

フジロック入場者数は過去最多、極東の島国・日本で音楽フェスに未来はあるのか? (ZUUonline)

■京都

京都生まれの京都育ちということで京都に関連するコラム。こういう記事を増やしていきたいと思っている。おそらく、ネタには困らないはず。

「弘法さん」と、ちょうど手のひらにのせらているぐらいの仏教 (kalons)

※(カロンズネット)は一般社団法人知識環境研究会が運営する現代アートのサイト

■その他

noteでは、無節操に好き勝手なコラムを書いている。例えば……

「交響詩篇エウレカセブン」- 音楽マニアをくすぐるサブタイトルたち

CSSのフォント指定と谷崎潤一郎

少しばかり昔の記事がTLに… - デヴィッド・ボウイの愛読書100冊

心斎橋アセンス と「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」

などなど。これまで不思議と機会に恵まれなかったけれど、書評も増やしていきたいと考えている。

また、note上に、趣味や趣向をまとめた「じこしょうかい」を載せている。
https://note.mu/yosh_kyoto_ash/n/nd808e831f32b
このnoteが入っているマガジンはこちら。


以上、追加する事柄があれば、随時更新。

執筆、お仕事の依頼など、お気軽にご連絡ください。常に、お仕事募集中です。

吉川敦
yoshikawa.ash@gmail.com
@yosh_jp_ash

画像:PEXELS https://www.pexels.com/
#自己紹介 #小説 #ライター #webライター #ポートフォリオ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートがあればプリンを買います。少し金額が多ければリッチなプリンを買います。予想外の金額ならリッチなプリンを箱買いします。プリンが食べたいです。

ありがとーヾ(ΘェΘ) …♡♡♡♡♡
50
文章と音楽。灰色の脳細胞です。京都生まれの京都育ち。自己紹介&ポートフォリオ(ライター) https://note.mu/yosh_kyoto_ash/n/n04bcedab00cf はこちら。連絡先 yoshikawa.ash@gmail.com

この記事が入っているマガジン

コメント1件

yosh.ashさんならご存知かもしれませんがオススメさせていただきます。
三島由紀夫「詩を書く少年」:「花ざかりの森・憂国~三島由紀夫短編集」に収められています。芸術に昇華してないで実際に恋愛しろよって言われるお話です私耳が痛いですww
星新一「できそこない博物館」:ショートショートSFの発想を得るための方法論みたいなものですが、それに限らなくても書き物している方々には役に立つのではないでしょうか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。