ヨリ
4歳児が絵本に目覚めたので楽しい
見出し画像

4歳児が絵本に目覚めたので楽しい

ヨリ
本日は、noteを時間も気力もなさそうなので(泣)、苦肉の策で、Instagramの投稿を貼っておきます。わが家の絵本事情についてです。

* * *

先週、「3歳児と眺める、安野光雅さんの絵本」という記事でもすこし触れたけれど、これまで、わが家ではあまり読み聞かせをしてこなかった。

それは、長女は絵本が好きなタイプではないと思っていたから。

私は、子どもと絵本を読むことをまあまあ楽しみにしていたので、そのことがすこし残念と感じていたが。

レゴとかラキューとかYouTubeとか。

他にも、興味があることに夢中になっている姿をみると、べつに無理して絵本の読み聞かせはしなくてもいいか、と考えなおすようになった。

そんな感じで、絵本とは縁遠く4歳まで過ごしてきたけれど。

ひらがなを覚えた4歳児、娘と絵本の距離が急速に近づいたように思う。

一時期、中断していた図書館通い(→理由はブログで)を、また近ごろ再開した。

私が子どもの頃好きだった絵本、ネットでおススメされていた絵本を中心に借りてきて、ポンと机のうえに置いておくと、興味の赴くままに読む4歳児。

ああ、そういうお話が好みなのね、じゃあ、つぎはこれなんてどう?と、また違う本をポンと置く。

「あ。新しい本がある!」と、娘は寝る前のひとときで読みはじめた。

そんなゆるい絵本コミュニケーションが娘と私との間で生まれ、最近は絵本選びがなんだかとても楽しいのです。

▽読み聞かせも…たのしい♡


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ヨリ

お読みいただきありがとうございます。 「いいな」「面白かった」で、♡マークを押してもらえるとうれしいです。

ヨリ
7歳、5歳、3歳の母。通勤電車で育児日記を書く日々。暮らしのブログも運営中 https://yorimichi-kazoku.com/