マガジンのカバー画像

となりのブレインMagazine ~事業を飛躍させるノウハウ

51
となりのブレインのメソッドを無料大公開するnoteマガジンです。 中小企業の経営を飛躍させる仕組みに関するノウハウを体系的に公開していますので、御社の事業に必要な部分だけを確認で… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

となりのブレイン 経営を飛躍させるノウハウ【目次】

こちらは、私たちとなりのブレインが発信する「中小企業の経営を飛躍させる仕組みづくり」に関するノウハウを完全無料公開しているブログを体系的に集約したページとなっております。 カテゴリーごとに、知りたい内容を選んでお読みいただくことも可能です。 一方、経営を飛躍させる仕組みについて体系的に学んでいきたい方は、「経営全般」の記事より読み始めることをお勧めしております。 「となりのブレイン」とは税理士法人横溝会計パートナーズが提供する、中小企業の経営を飛躍させる仕組み作りの支援

スキ
33

インボイスから事業を守る フリーランスの防衛策!

「フリーランスのあなた!インボイスで仕事がピンチです」でお話しした通り、インボイス制度導入で消費税免税フリーランスは得意先から契約を終了される恐れも出てきます。 そこで本稿では免税フリーランスの方は、どうしたら生き残っていけるのか?そこを徹底的に掘り下げて考えてみました。 (注)下記2ワードは繰り返し出てくるため略称で表記させていただきます 「免税フリーランス」・・・消費税の課税売上が1,000万円未満の事業者を指します。今後免税であることを理由に課税得意先から排除され

スキ
36

【一人経理の方、必見】今日こそ社長を説得して、ネットバンクを導入しよう!【テレワーク】

会計のスキルがあって就職した中小企業での一人経理。 社長も奥様も良い人だし、ある程度自由な働き方ができて、 自分に合ってるいい職場! でも!! 会計業務をどんどん進めたいのに、 実際には銀行の手続きに時間を取られてばかり。。 社長はネットバンクを信用していないみたいだし。 私もそこまで使いこなせる自信がない。。 こちらを読んでいただくことで、 ネットバンクを使うと、どんなことができるのか。 どんなことに気を付けるべきか。がわかります! 早速始めます!

スキ
4

北風と太陽・・・就業規則を侮るなかれ

みなさんよくご存知のイソップ童話「北風と太陽」。 北風と太陽のどちらが強いかというところからお話が始まる。 北風から太陽に挑戦状が出される。 向こうから歩いてくる旅人のコートを脱がせた方を勝者とするという、旅人にしたら非常に迷惑な話だ。 太陽はその挑戦を受けて立つ。 最初に北風がその旅人目がけて風を吹きつける。 全身全霊のその風は冷たく強く、おそらく今までにははい風力があったに違いない。 旅人は震えながら身体をかがめ、必死にコートを抱え込んだ。 しかし、力尽きたのは、旅人

スキ
4

中小企業は、他社「より○○」ではなく他社との「違い」を追え

企業における戦略とは「ベター:better(より○○)」ではなく「ディファレント:different(違う)」である。 先日聞いたお話で、戦略についてとても腑に落ちるお話を聞きましたのでご紹介します。 経営学者である楠木健さん(一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻教授)のお話です。 今日はこんなお話をしたいと思います。 中小企業の戦略についていろいろな本などで書いてあるのを見ても、なんとなくピンと来なかった経営者様は、もしかしたら初めてピンとくる話が聞けるかもです。

スキ
15

あと1年半!2024年から義務化される電子帳簿保存法 いま中小企業がやるべきこととは?

ふた昔ほど前のお話しです。 何度目かの転職先の老人ホームを経営していた会社では、ペーパーレス化に取り組むとのことで、そのためのシステム選定を進めているところでした。 今でこそペーパーレス化に取り組むことが一般的になってきている中で、当時としてはちょっと珍しいなという印象でした。 相当後になってから,2005年の「e-文書法」に対応する取り組みの一環であると知りました。 その後、さらに何度目かの転職先の電鉄系関連会社では、国税関係書類をペーパーレス化せよ。 またまたさ

スキ
6

質問「あなたのビジネスは世の中のどのような役割を果たすために存在しているのですか?」

山口周さんの「ビジネスの未来」はこんなショッキングなくだりで始まります。 確かに、世界はこの100年間で大きく「豊か」になりました。人類は豊かさを求めて、寿命や所得を著しく伸ばして人生を謳歌してきました。特に日本の躍進は大きかったと思います。 こちらのGIF画像をご覧ください。名著「ファクトフルネス」の世界保健チャートをGIF画像にしてくれていて、この100年の間に人類がどれだけ「豊か」になってきたかが一目でわかります。 このようにして、人類は昔と比べてあまりある豊かさ

スキ
22

遊泳禁止と”企業秩序維持権”

私が小学生だったとき、夏休みに香川県に行った。親戚と一緒に初めて行った四国。私にとっては海で泳ぐことが何にも増して楽しみだった。 そして、ついに明日は海!という日がやってきた。遠足の前の日よりもワクワクが止まらない。 前の日から海水パンツで寝るのだが、興奮して眠れない。 いざ、海に着くと「遊泳禁止」だという。初めてきく言葉に、頭の中で「?」がとびまわる。 大人たちの説明を子供の頭で理解するに、海に入ってはいけないということらしい。 楽しみにしていたのに、こんな結末が

スキ
5

【融資】保証協会って何?【資金調達】

「保証協会」というワードは、 借入をしたことのある経営者であれば、 ほとんど方が聞いたことがあるのではないでしょうか? 融資申込みのときは 資金調達に夢中で、 保証協会かプロパーかなんて気にしていられませんね。 これを読んでいただくと、 保証協会とはどんな組織なのか? 保証料はどんなものか? なぜプロパー融資ではなく保証協会付き融資を提案されるのか? など、保証協会の基本をおさえることができます! では、早速始めます! 信用保証協会って何?信用保証協会は、「信用保証協

スキ
8

36協定、適正に締結されてますか?

テーマが固い! そんなこと仰らずに、まずは遥か昔のとある会社のとある店舗での上司Aと部下Bの会話から。 上司A:おいB、先月の残業お疲れ、120時間つけといてやったからな! 部下B:あ、ありがとうございます。(何で?先月店舗の改装があって朝7時から夜10時まで土日も休みなく働いて200時間以上も残業したのに。。。) これ、ほんとの話です。今ではこんなに時間外労働させることは違法ですのでこのようなことはもうない(はず)ですが、よくある(?)光景でした。 時間外労働をさ

スキ
4

いや、人事評価は誠実さだ【中小企業の初めての人事評価3部作③ 】

人事評価制度3部作の最後のお話は賃金についてです。 第1部では、そもそも人事評価制度を導入する意味をまず解説しました。 そして第2部では、人事評価における評価要素と評価方法について解説しました。 そして今回は賃金について解説します。 正しく設計された人事評価に応じた賃金を設定していくのですが、この賃金の設定がまた難しい。どれほど正しく評価ができたとしてもその評価にふさわしい賃金とはいくらでしょう? 特に賃金は実際の支払いにつながっていくため、経営的な視点も無視してい

スキ
21

正義の味方 “労働基準法”

今「シン・ウルトラマン」が映画館で上映されている。 子供の頃、大好きだったのがウルトラセブン。私の場合はウルトラマンよりもウルトラセブンの方が好きだった。 悪い怪獣を負けそうになりながらも最後は完膚なきまでに倒して宇宙に帰っていく姿は、子供の私をテレビの前に釘付けにしたものだ。 怪獣におびえる民衆のために傷だらけになりながらも戦うウルトラセブンは、まさに私の中のヒーローそのものだった。 私は労働基準法を説明する時に、「労働基準法は正義の味方!」と説明する。しかし、この正義

スキ
6

人事評価は愛だぜ、愛【中小企業の初めての人事評価3部作②】

前回の記事では、人事評価制度は会社が目指す未来に一緒に連れていきたい誰か(=人材)を育てるツールだというお話をしました。 今回は、具体的にその「誰か」をどのように育てていくかをお話ししたいと思います。 今回のテーマは、人事評価において、人の「何を、どのように」見て(評価)していくかです。 ・自分の会社の未来に不要な人を入れさせない ・自分の会社の未来に一緒にいることが想像できない人は評価されない ・自分の会社の未来に「一緒にいたい」と互いに思える人を高く評価する ヒト

スキ
27

人事評価は「未来へのバス」だ【中小企業の初めての人事評価3部作①】

あなたの会社の人事評価制度はあなたの愛でしか作れない。 人事評価制度構築に必要な要素は、専門知識でも法律でもなく、あなたがあなたの事業をもってどのような未来を創造していきたいかという情熱と、その未来に一緒に連れていきたい人材を生み出していきたいという「愛」だということです。 ・いい人材が育たず事業が伸び悩んでいる ・ともに会社を盛り立てて行ってくれる人材がいない ・一人により評価がバラバラで不公平 そんな悩みを抱えている中小企業ばかりでしょう。 一方、中小企業において

スキ
24