短編・ショートショートまとめ

16

『建売住宅のベランダ』

【1】  ここ数日、空は曇っていた。それでも、高台に建つこの家からは昼間の街が一望できる。うんざりするぐらいはっきりと。同じような建売住宅と分…

今書いている短編小説のためのスケッチ

※ これは今書いている短編小説のために書いたスケッチです。   平日の電車は空いていた。乗っているのは、買い物帰りの主婦、移動中のサラリーマン…

『サンタクロースの断片』

※ 5~10分で読めるショート・ストーリーです。  クリスマス。男は無職だった。  前職を辞めた頃は毎日ハローワークに通っていた。家にいるときは求…

『砂漠の風』

※ 2~3分で読めるショート・ストーリーです。  お父さんと僕は、砂漠の小さな小屋で暮らしている。砂漠で暮らし始めるまえは街に住んでいた。お父さ…

『星が落ちた日』

※ 1~2分で読めるショート・ストーリーです。   四十歳になろうとしていた。  冬が終わるとき、目のまえに枯葉が落ちてきた。  立ち止まって空を…

『街の不安』

※ 2~3分で読めるショート・ストーリーです。  この日の朝、男はいつもより遅い時間に家を出た。会社の始業時間はとっくに過ぎていた。だが、男は会…

『初舞台』

※ 2~3分で読めるショートショートです。  僕の年齢は二十歳。劇作家になり、自らも舞台に立とうと決めた。才能があるのは分かっていた。作品は一年…

「Unknown」との待ち合わせ場所

世界中の誰とでも繋がれる、と言われているインターネット。 事実、私はフランスに住む友人と頻繁にメールのやりとりをしているし、アメリカのニュース…

『美しい剣』

※ 5分ほどで読める短編です。  朝、東から太陽が昇る。街外れの小屋に住む、小さな男の子は目を覚ます。男の子は小鳥の囀りを聞きながら簡単な朝食…

『ホテル・バイ・ア・レール・ロード』

いつもの時間に郵便配達夫が小説家宛ての郵便物を持ってきた。ドアをノックする音で小説家は原稿用紙から顔をあげた。 リビングでは女がソファに寝そべ…