クロヤナギヨウコ/趣味の力で日本を元気にする『趣味なび』!

全国の趣味のお教室の先生と『エシカル消費』を広める活動をしています。 活動記録、日常で感じたことを書いています。 株式会社趣味なびエシカル消費推進部/エシカルコンシェルジュ2020春修了/レンタル農園歴3年・2022はシェア畑で無農薬有機栽培に挑戦中/ランニング歴3年/2児の母

クロヤナギヨウコ/趣味の力で日本を元気にする『趣味なび』!

全国の趣味のお教室の先生と『エシカル消費』を広める活動をしています。 活動記録、日常で感じたことを書いています。 株式会社趣味なびエシカル消費推進部/エシカルコンシェルジュ2020春修了/レンタル農園歴3年・2022はシェア畑で無農薬有機栽培に挑戦中/ランニング歴3年/2児の母

    マガジン

    日々のこと

    趣味なびエシカル消費推進部部長クロヤナギヨウコのコラムです。日々の暮らしのなかで、仕事のなかでの、「エシカル消費」「エシカル選択」についてかんじたこと、おもったことを綴ります。

    すべて見る

    開店祝いの花をプレゼントするという心意気

    先日、ご近所にオープンしたお店。開店して2日目に行ってみたら、店先のお祝い花を「ご自由にどうぞ!」と手書きの貼り紙が。 オープンの数日前から飾られて、少ししなびてきたお花。枯れてしまう前に、お客さんや通りがかった方にプレゼントしようとういう、心意気に温かくなりました。お店の中にいるお客さんの多くが、お花を持っている様子もほほえましい光景でした。 一部エリアでは「祝い花のプレゼント」は当たり前。 綺麗に咲き誇る時間は短くて、あっという間に枯れてしまうお花。 考えてみれば、も

    スキ
    4

    地元の想いを受け継ぐ、廃校宿泊施設

    先日、西伊豆にあるやまびこ荘という、廃校を活用したお宿に行きました。明治40年現在の建物校舎が完成し、昭和48年に廃校した大沢里(おおそうり)小学校。趣のある校舎を残してほしいという、地元住民の強い要望があり、昭和51年に宿泊施設として開業しました。 昭和54年には、伊豆の豊かな温泉を利用した25メートル温泉プール、昭和62年に食堂棟ができ、青少年宿泊施設として充実していきます。 平成23年のリニューアルし、現在のノスタルジックで一周回っておしゃれともいえる施設になったそ

    スキ
    4

    無農薬有機栽培に挑戦して、自分の価値観を振り返る

    先々月からレンタル農園生活を再開しました。以前からずっとやりたかった、無農薬有機栽培に挑戦です。 2018年から区のレンタル農園をしていたのですが、コロナ社会になってあまり遠出が出来ないことからか、ご近所満喫需要で申し込みが殺到してしまい、ここ数年は抽選に落ちて週末農園生活から遠ざかっていましたのですが、4年ぶり?に再開です。 無農薬有機栽培の『シェア畑』に申込み 畑ロスの思いも他のことでうやむやに紛らわしてきたのですが、、 たまたまポストに入っていたシェア畑のチラシ記

    スキ
    7

    金継ぎはただの修復にあらず。

    3年前、旅行先の陶芸工房で、娘が作ったお茶碗。工房の方の助けもあって大きさ・薄さ・形すべて使いやすいし、5歳当時の好きがつまった可愛い柄で、とてもとても気に入っていました。毎日、毎食、このお茶碗でご飯を食べていた娘。娘が大きくなって「他のが使いたい」と言ったら、私が使おうと思っていたくらい、我が家の宝でした。 好きな器ほど割れる。でも先日不注意でパリーンと割れてしまったのです。娘はもちろん家族一同とてもショックを受けました。毎日使っている使いやすい器ほど割れてしまうのは、多

    スキ
    3

    趣味なびエシカル消費推進部活動録(定例会・イベントレポート)

    すべて見る

    【調査結果】料理教室の77%が、ヴィーガン・プラントベースレッスンの必要性を感じている。

    大豆ミート、植物性ミルク市場は拡大するの?大豆ミートをはじめとする代替肉、植物性ミルクなどのヴィーガン・プラントベースの商品がつぎつぎ登場しています。趣味なびにも、昨年から「ヴィーガン・プラントベースフードに関心のある方へ商品を知っていただきたい」「ヴィーガン・プラントベースフードへの関心の高い方の集う教室はありますか?」というお問合せがとても増えています。 また、食品・飲料メーカー様より「プラントベース商品のラインナップが必要と考え用意しているが、正直あまり売れていない。ど

    スキ
    6

    地方創生のカギは『楽しさとファンの融合』記憶に残り、暮らしの一部になるために。

    ISSMD2022(2022.2.12-13開催)国際シンポジウムについて東京大学国際オープンイノベーション機構、関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構主催の、ISSMD2022~第4回 国際シンポジウム:データ市場におけるソシオネットワーク戦略~に、パネルディスカッションのパネラーとして参加させていただきました。2019年から開催されている、社会における「繋がり」と「データ」によるイノベーションの創出を目指した国際シンポジウムです。 第4回目となる今回のテーマは、「楽しさ

    スキ
    2

    開催報告【定例会】子どもたちの未来のために、知っておくべき「食」についての3つの誤解

    8月25日に実施した趣味なびエシカル消費推進部定例会の開催報告です。テーマは以前から開催の要望の多かった「食」。身近すぎるがうえに、この定例会で何を・どう伝えるか迷いに迷っていましたが、8月9日に7年ぶりに発表されたIPCC報告書の「現在地球で起きている気候変動は人類に責任があることは疑う余地がない。我々は人類がこれまで経験したことのない環境変化のただなかにいる。」という、危機差し迫る発表に背を推され、当初の予定よりもかなりつっこんだ内容に書き換えました。 冒頭には、はNY

    開催報告【定例会】オシャレ好きのための知っておくべきファッションの闇基礎講座

    10月26日に実施した趣味なびエシカル消費推進部定例会の開催報告です。日々の暮らしを見直すきっかけを提供することで、お教室でのレッスンやワークショップの気付きになればと、前回開催の8月は「食」、今回は「衣」をテーマとしました。 ファッション・買い物好き(私)による、ファッション好きのための、今知っておくべきファッションの闇基礎講座です。ファッション好きだからこそ、知らなかったでは済まない、済ませたくない闇を知る会です。 我々のメンバーであるお教室の先生方は、生徒さんや、企

    スキ
    4

    企業・プロモーション・ブランディングについて考える

    仕事に近い部分で感じたことなど書いていきます。

    すべて見る

    【出展レポート】エコプロ2021~エシカル消費を体感するワークショップ~

    2021年12月8日~10日に開催した『エコプロ2021』。日本最大級の環境展示会です。エシカル消費の啓蒙を推進する消費者庁様とタッグを組んで、「エシカル消費を体感するワークショップ」の企画・運営をさせていただきました。「楽しい!おしゃれ!な体験からエシカル消費のきっかけを提供」をコンセプトに、日替わりで異なる3種類のワークショップを実施しました。 エシカル消費啓蒙ワークショップ①間伐材で作るクリスマスオーナメント 間伐材でおしゃれなクリスマスオーナメントを作ります。この

    スキ
    4

    FSC認証紙と再生紙の次。エシカルペーパーの誕生で企業の選択は?

    先日、日本自然保護協会様へ訪問した際にいただいたこちらの冊子。 なにこの用紙?!「豊かな里山環境の生物多様性を保全する農家の稲わらを原材料に作られています」とな。印刷業界から数年離れている間に、知らない用紙が印刷物として存在していることに驚いたので、元印刷会社目線で、企業の用紙選びについて整理してみました。 企業のカレンダー・名刺・CSR報告書といえばの『FSC認証紙]』。官公庁といえばの『再生紙』。環境に良いということで、企業がよく印刷物に使う用紙に『FSC認証紙』と『

    スキ
    7

    先生file:エシカル消費推進部メンバーのご紹介

    「趣味」のちからで、エシカル消費の推進、社会課題の解決に取り組む、趣味なび登録の先生の活動をご紹介します。

    すべて見る

    ハンドメイド体験を通してSDGsを考えるきっかけに【先生file②峯島洋子さん_神奈川県】

    子ども向けに着られなくなった洋服を活用して可愛い小物を作る「アップサイクルワークショップ」を通して、SDGsへの貢献を目指している峯島洋子さん。 5月に実施したフェアトレードカンパニー ピープルツリーさんとのタイアップイベントでは、アクセサリー作りのワークショップを開催。リサイクルサリーの素朴だけど鮮やかな色の良さを活かしたタッセルが作れるということで、私も参加させていただきました。 鎌倉駅から少し歩いた、江ノ電の踏切の音が心地よい素敵な古民家でのイベント。優しくも的確な

    スキ
    7

    無法地帯の里山を開墾。ゼロ→サーキュラーエコノミーの起点に!【先生file①高橋としよさん_神奈川県】

    間伐材を活用したアレンジメント『森のケーキ※本記事トップ画像』を通して、森林課題を提唱してきた社会派フラワーデザイナー高橋としよさんが、新しく、「放棄された里山を有効活用しサーキュラーエコノミーの起点を創出しよう!」と『森のテラスプロジェクト』を開始したと伺い、お正月明け早々に視察に伺わせていただきました。 そもそも高橋さんとは、2019年に「趣味のワークショップを通してSDGsを体感できるイベント」の運営をしていた際にお会いしたのがはじめでした。その時に言われた一言が、い

    スキ
    4