見出し画像

書評 最強の縄文型ビジネス

最新の縄文型ビジネス

令和元年11月25日
未来をひらく朝読書

本日午後はイノベーターさんたちとのミーティング
午前は地元商工会にて出張相談

さて、本日は、
もう書籍への書き込み&線引き、
メモが止まらなかった1冊

「最強の縄文型 ビジネス」
谷中修吾 著
日本経済新聞社 版

三十代にしてこの文章。

以下 抜粋

人間としての成熟度が高まると、思考の純度が高まります。
思考の純度が高まると、思い描いていたことが現実として結晶するスピードが途轍もなく速くなります。

キーワードは、ビジネスモデルを描きながら直感的に進む。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

京都で「知的資産とビジネスモデルの専門家」として、活動しています。現在は内閣府の経営デザインシートの普及に勤めています。

(^_-)-☆
2
京都で知的資産とビジネスモデルの専門家として活動しています。https://tie-kei.info/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。