コロナショックで実店舗崩壊!今やるべき対策とは
見出し画像

コロナショックで実店舗崩壊!今やるべき対策とは

お疲れ様です!仁藤です。

いやー。大変な事になりましたね。

お店の状況はいかがでしょうか?
厳しい方のほうが圧倒的に多いですよね、、

そこで今日は、ボクの店の

『今現在の状況』『今行っている対策』

などについて話したいと思います。

『今現在の状況』『今行っている対策』

当然うちの店も影響を受けていて

今月の全店舗の合計売り上げが
前年比の30〜40%減くらい

で着地しそうな推移です。。

実はうちの店はまだ、完全休業にはしていません。

全スタッフと話し合い
『臨時営業体制』という形を取り
様子を見る事にしました。

例えば、

・スタッフ最少人数(通常の半分以下)
・スタッフの休暇増(通常の倍以上)
・完全予約制(必ず隣1席空ける)
・営業時間の短縮
・感染ケア(顔そりも禁止)

など、できる対策は全て行い営業しています。

前提として「全休していい」と伝え、
遠方のスタッフなどは全休していますが、

これ以上に事態が悪化したり
国あるいは都から休業要請をされたら
そのときに完全休業すると決めました。

当然これには賛否両論あるかとは思いますが、

ボクは今現状の情報を冷静に見ていても

「どれが正しくて、どれが間違っているか」

の判断のしようがないと思っています。

専門家やら医療関係者やら海外滞在者などなどが
最もらしいことを言っていますが、

情報元も判明できないし、裏付けも取り切れない。
どれも正しそうで、どれも怪しそう。

また最悪、収束に1年かかる可能性も考えられます。

そうなってしまった場合、早期の休業が、
後になって仇になる可能性もある。

ボクは、もし1年間完全休業になっても
全スタッフに休業手当を払い続けたい

ですから、全スタッフと話し合い、
今現在は「健康と経済を両方取る」
という形を取っています。

これを読んでるあなたも存分に迷い、
思い思いの対策を取ってると思いますが、

「どれも間違いじゃないよ」

と、声を掛け、励ましたいです。
(なんか上からですみません)

正解なんてないんですから。
あなたは間違ってません。

お互い頑張りましょうね!

ーーーーーーー

『今だからこそ取り組むべき対策』

ここから、ちょっと耳の痛い話をしますが、

『今だからこそ取り組むべき対策』

を話します。

この誰もが苦しい時期に、理美容業界では

「ホットペッパーの広告費を値下げしろー」

と騒いでいます。

こんな情勢ですから、広告として機能してないし、
大企業が外出を促していいのか?っていう不満も分かる。

けどそもそも

「1つの集客媒体に依存しすぎ・お金を突っ込みすぎ」

なのが原因です。

集客というのは

『多角化して、1つに依存しない』

のが定石です。

なんでもそうですが、

「どんなに太い柱でも1本じゃ折れたら終わり」

ですからね。

集客が”ホットペッパー頼み”になっていた理美容室は、
これを機に見直すべきでしょう。

店舗経営の本質は

『ポジティブシンキング・ネガティブシュミレーション』

です。

集客の柱が1本できあがったら、楽観せずに、
次の1本、次の1本と、次々と柱を作っていくこと。

今は、instagramやYouTubeなど、
集客方法はいくらでもありますからね。

ぜひ、この時期だからこそ時間はあると思いますので、
コツコツと取り組んでいきましょう!

ーーーーーーー

『今スグやるべき対策』

さいごに。

つい最近ボクの店でも始めました事ですが、

『今スグやるべき対策』

をシェアします。

ボクは基本的には、国や政府やホットペッパーなど
外部を批判したり、どうにかしようとか考える事は
一切ありません。

個人の力で今すぐ変えることは不可能なので。
考えるだけムダです。笑

とにかく今やるべきことは、
融資や助成金など使えるものは使い、
自分が今できる事だけにフォーカスすること。

そこで昨日から始めたのが、

『カット前売り券』

のオンライン販売。

外出自粛してる既存客様向けに「カット前売り券」と、
試しに「カットギフト券」も販売してみました。

売上が落ちてる今、
そして今後1年間休業する可能性もある中で、
キャッシュを少しでも多く手元に置いておきたい。

そういう”下心”で始めてみました。

購入サイトはBASEを利用しています
https://chillchair.thebase.in

買って欲しいわけでは全く無いです。笑
参考にしてみて頂けたら幸いです。

やってみると面白くて、意外とメンズ客でも
「回数券」の需要がある
んだなぁって事に気付けたり、
何より「ギフト券」が売れると妙に嬉しくなります。

TEDでもスピーチしていたService Space創設者が
「ギフト経済」(ペイ・フォワード)を推奨してますが、

ギフトすること・ギフトされることによって
気持ちのいい循環が生まれますよね?

だってギフトされた人は返したくなるだろうし、
嬉しければ他の人にもギフトしたくなるだろうし。

すごく幸せなサイクルだと思いませんか?

キンコン西野さんも推奨してましたが、

「カット(技術)も、ギフトになる」

というのは面白い発見だと思います。

「カネ」とか「モノ」とかじゃなく
「ヒト」と「ヒト」の関係性を育むことが、
アフターコロナ時代に求められる気がします。

ぜひ小売店以外の店舗業も、
ギフト化できるものを模索・提案して行きましょうね!

例えば、エステのギフト券とかって
女性だったら、下手なモノをプレゼントされるより、
めっちゃ嬉しいでしょうしね。

ありそうで、意外と積極的に販売してた店って
あんまりなかったんじゃないかな。

今なら簡単にオンライン販売できるので、
「前売り券」も「ギフト券」も
ぜひ試してみてくださいね!

もし良いアイディアが浮かんだら
気軽に教えてください!質問でも構いません!

LINEくれたら嬉しいです!
https://line.me/R/ti/p/%40yng2544o

ではこの苦しい時期を一緒に乗り越えましょうね!

仁藤
===========
LINE@はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40yng2544o

ブログはこちら
http://yohenito.com

Facebookはこちら
https://www.facebook.com/yoheinito/

ホームページ制作実績はこちら
http://yohenito.com/hp-clients/

==============


今後のご案内が不要の場合はこちらから解除をお願いします
%cancelurl%


==============

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
最高!!
理美容室41店舗展開 / STREET STYLE BARBER『CHILL CHAIR』代表 / 直営8店舗(床屋6・美容室2)、FC33店舗(エクステ22・床屋8・カラー3) 、キッチンカー1台(ハンバーガー)。電子書籍4冊出版→http://urx.space/ZCHQ