余白8

床の上にねっころがって
あお向けになり写真をとってみた

電球と火災警報器が
大きい惑星と小さい惑星にみえる

こんな話を好む人はあまりいないと思うけど

オレは目をつぶり好きな女子と宇宙旅行をする時間となる

きっかけはきゅうにささいなことからはじまる

出発

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。