大東洋

【大阪】サウナ&カプセル大東洋で2歳児になった話

セニョール・サです。

大阪出張からの帰り、興奮冷めやらぬ中この記事を書いています。

とりゃあ

サウナ&スパ大東洋・・・!

梅田駅から徒歩6〜7分のところにありました。見た目は老舗ですが、中は清掃が行き届いていて綺麗でした。サウナパンツに履き替え、大浴場への扉を開けるとそこは、、、

楽園(エデン)・・・!

※画像は公式サイトより引用

いやいやわしゃヤハウェ違うねんから、と1日そこらで大阪に染まったツッコミは置いておきつつ、大東洋の優れた点は下記の通りです。

①サウナ:3種類あるハッピーセット

ロッキーサウナ(90℃)、フィンランドサウナ(70℃)、テルマーレ(ミストサウナ。55℃。サッカークラブか貸会議室みたいな名前)の3種類がある贅沢ぶり。迷わず行けよ行けば分かるさの格言通り、セニョール・サは高温多湿に群がる昆虫仕様のため、ロッキーサウナへ。しっかり汗をかけました。

②水風呂:壺型の水風呂で昇天!ペンギンルームも・・・

水風呂はなんと壺風呂(1人用)という嬉しさ。浴槽式の水風呂もあるのですが、壺風呂は13℃でキンキンに冷えていました。石川五右衛門が壺みたいな風呂で釜茹でにされたんなら、別にこのままキンキンに冷やされて昇天してもいいなあ、と思った。逆石川五右衛門状態。

さらにペンギンルームなる空間もあります。0℃に保たれた部屋。これについては後述。

③休憩:デッキチェアが至るところにある

水風呂出たところすぐと先述のエデンにもたくさん用意されていました。デッキチェアは良質なととのいへの導き要素になるためたくさんあるのは嬉しいですね。水風呂サイドのデッキチェアは窓が開放されていて、六甲おろしを梅田のビル界隈のフィルターにかけた風を感じることができます。エデン側にある方は外気こそないものの、雰囲気がやはりエデンであるため、ここにポツンと寝ていると、あれ?俺ここで審判にかけられるのかな?という錯覚に陥るのでおすすめです。

①ロッキーサウナ→水風呂→休憩→②フィンランドサウナ→ペンギンルーム→休憩→③ロッキーサウナ→水風呂→休憩 のサイクルを回しました。

②のペンギンルームは0℃に保たれており、椅子が2つあるのみ。ひんやりとした風が天井から降ってきます。ただ水風呂ほど気持ちよくないなあ、と思いつつ休憩している時、突然

・自分がどこから来て、何をしているのか分からない

・身体と脳のスケール感が合わない

という2歳児にでもなったのではないか?と錯覚する瞬間が訪れました。正気に戻ったあとの3セット目、とんでもねえカタルシス到来です。2歳児から20代へと時計の針が急速に進む感覚を体感しました。

なので大東洋に来た際はペンギンルームをどこかに挟むと良いのかもしれません。後からふと訪れる、時間概念ととのいは破壊力抜群です。


・まとめ

サウナ ★★★☆☆

水風呂 ★★★★★

休憩  ★★★★★

ベンジャミン・バトン度 ★★★★★

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
最近開眼した初心者サウナーです。これまで訪れたサウナについて書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。