見出し画像

自分磨きとマネっこは違うけど、いつの間にか混同しがち

皆さんはこれまでにこんなことはなかったですか??
自分を一生懸命磨いていたつもりが、いつの間にか誰かの真似をすることに必死になってしまって、結果疲れ果てて途中で諦めちゃった…(涙


これって、途中まではきっと自分の中のワクワクした気持ちに素直に行動していたんだと思うんですが、いつの間にか他人の人生を生きてしまっていた。そんな状況なんだと思います。


この状況を、私なりにお人形作りで解釈してみました。


あなたが大好きな、キラキラした憧れのお人形、私もそんなお人形を作りたい!
そう思って一生懸命そのお人形を真似して作ってみる。


でも、材料も違うし、そもそも作り方もよくわからない。同じようなものは出来たけど、よく見るとなんか違う?

画像1


忠実に再現できたとしても所詮はレプリカ、価値がないので値段にはならない、みんなからはニセモノ扱いされる。


そして、思う。

あれ??私が作りたかったお人形ってこんなのだったかな?

いつの間にか全く同じものを作ろうと必死になっていたけど…。

そしたらお人形を作る時のワクワクする気持ちもどこかへ行っちゃってた。


こんな感じで疲れちゃったのではないでしょうか(;ω;)


きっと、そうじゃなくて、、、

このお人形の黄色いお洋服のデザインが可愛い!でも私はブルーの方が好きだから…じゃあ、色を変えて作ってみよう!
わぁ、このお人形のこの表情が素敵、真似して作ってみよう!
このお人形の目の色がキレイ、私も同じような目の色に作り替えてみよう!
私は針と糸を使うより粘土で作る方が得意だから、粘土のお人形にしよう!
もっと色んな色の粘土が欲しい、よし!お店に行って購入しよう!

そうやってワクワクしながら作ったり、変更を加えたり、新たな粘土を買い足したり、デザインを少し変えてみたり、こねてみたり、丹念にキュッキュキュッキュと磨いていたりすると、オリジナリティーのあるお人形が出来上がっていく。

でも、時には

あれ…、最初はこれが良いって思ってたけど、ここは減らして別の色を持ってきた方がもっとキレイだな。
ここは思い切って捨てちゃった方がよりシャープで美しいな。


そういう余分な部分や要らない部分が出てきたら、「もったいないかも…」って後ろ髪惹かれることもあるけどその時は「えいっ!」と決断して思い切って変更してしまう。


でも、その時に中の骨組みまで削ぎ落としちゃったら立つことさえできなくなっちゃうから要注意!骨組みは軸としてしっかりと残しておこう。

そんなお人形作りには決して終わりがありません。人生の最後まで作り続けるんだと思います。

時には家事や仕事に追われて、

「そんなお人形なんて作ってる暇ないよ!」
「そんなこと、考えてる余裕ないよ!」


ってほったらかしになってしまう時期もあると思います。


でも、そんな時もお人形はじっとあなたのことを待っています。きっとまたワクワクしながら創作してくれる時を待っていますから、お人形の存在だけは忘れないであげてください。

「色んなことが落ち着いたらまたお人形作り始めるぞ!」って、その時にはすぐまた再開出来る様に。どんなお人形にしようか想いを巡らせるワクワクする気持ちはどうかいつまでも忘れないでくだい。


そして、お人形作りにちゃんと向き合えるライフスタイルに徐々にシフトしていきませんか?


誰かの真似をして作ったレプリカじゃなくて、世界でたった一つの個性豊かなお人形を作りましょう!そこにあなただけの希少価値があるのだから。

画像2

最後まで読んでいただき誠に有り難うございました。

この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
愛してる♪
10
アラサーで台湾留学後、現地就職→タイ人男性と結婚しタイへ。Hula|YouTube|ポッドキャスト|noteで自分の価値を積み上げながら世界のどこにいても収入が得られるライフスタイルを目指す。noteでは夢や目標に向かって歩んでいる仲間へのヒントや応援メッセージを届けます!