見出し画像

【渋谷区観光案内施設がリニューアルオープン】

渋谷駅ハチ公前に「青ガエル」こと緑の電車が長年設置されていたことはご存知の方も多いはず!あの緑の電車は、忠犬ハチ公を縁として交流を続ける「秋田県・大館市」駅前に移設され、「秋田犬の里」大館市観光交流施設として次の歴史を紡いでいきます。

そして10月1日、新観光案内施設「SHIBU HACHI BOX(シブハチボックス)」が新たに誕生しました。本施設は、(一社)渋谷駅前エリアマネジメントが国家戦略特区道路占用事業制度の活用を目指して、実証実験の実施主体となり設置する施設です。イベント・グルメ・ショッピング、宿泊情報など、渋谷の観光資源情報を国内外の観光客にお届けしていきます。

<施設概要>
事業主体:一般社団法人渋谷駅前エリアマネジメント
運営会社:一般財団法人渋谷区観光協会、株式会社NTTドコモ、
     東急株式会社・東急不動産株式会社
所在地 :東京都渋谷区道玄坂2丁目1番
サービス:観光情報案内、まちの情報発信、エンタメ体験型コンテンツ
営業時間:10:00-20:00

画像1

◉多言語対応が可能な有人観光案内

画像2

◉対面コミュニケーション型アバターソリューション
タッチパネルで通話をすると、アバターが質問にお答えしてくれます。
これはとっても新しい!まだ実証実験段階のようですが、今後様々なアバターがコンシェルジュとなって街を案内してくれることを期待してます。

画像3

画像4

◉tkts
ニューヨーク ブロードウェイ発祥のディスカウントチケットストアTKTS。当日または翌日の公演のチケットを販売。一部定価のものも含むが、多くは20〜50%の割引価格で販売される。ミュージカルや演劇だけでなく、能や歌舞伎といった日本の伝統芸能、音楽ライブ、展覧会など、多様なエンタメ公演のチケットが購入できます。
これは魅力的!外国人観光客には喜ばれそうですね。

画像5

◉協賛スポンサーであるNTTドコモが運営するVRを使った街案内
ドコモのスタッフさんがアテンドしてくれます!

画像6

◉東急、東急不動産が共同で運営するまちの情報発信スペース
大型モニターを使って渋谷の様々な情報を発信していきます。

以上、施設の案内でした。
今後は、渋谷区の観光案内所として「地域活性化」に寄与してくれることに期待しております♫ 皆様もぜひ一度足を運んでみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
渋谷区在住、2児の母。 盲導犬育成支援団体にて視覚障がい者の社会進出や自立促進をサポート。その後、子育て世代が多様な働き方を選択できる社会の実現を目指し「NPO法人代官山ひまわり」を創設。7年間の代表を経て、令和元年5月より渋谷区議会議員。co-ba ebisu入居中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。