1日ぶり、SATO家の夜ごはん

昨日は久しぶりに実家に帰っておりました。

実家ごはん、イメージの中では「ゆっくり食べられるいつもの味」
だったのが久しぶりに食べたら何だか違って感じられた。
多分、既製品の味付けが多かったからだと思う。

自分で料理をするようになって、素材をどう食べたらベストか考えるようになったのでどの食材も同じように調理しないし、味付けも変えるようになりました。

母には申し訳ないけど、またひとつ壁を超えた気がする。

シンプルの中から生まれる食事。
普通の醤油や塩、味噌や酢、砂糖といった最小限の調味料の組み合わせから生まれる味付け。

どのブランドの調味料を使うとか、出汁をとるまではいかないけど、最低限の調味料で料理の可能性は無限大、ちょっとの手間とアイデア次第です。

そんな今日は作り置きおかずにて晩ご飯
自分で作った料理なのに、なんだかホッとしてしまいました。

小松菜煮浸し
ベーコンとローズマリーのポテサラ
大根煮(人参、椎茸、ベーコン入リ)
焼鳥風炒めもの
メロン子漬け
大根と人参のエスニックマリネ
キャベツ、えのきの大根おろし入り味噌汁

先週末の作り置き
◎余った茹でブロッコリーとベーコンのキッシュ風
(卵焼き機で適当に過熱、裏返してこんがりと)
◎キャベツの味噌炒め
味噌炒めはこちらを参考にしました

【メシ通】 筋肉料理人 藤吉和男のレシピ筋肉料理人の「春キャベツの生姜味噌炒め」https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/kinniku/17-00073

生姜や鰹節を使うなど、
小技が聞いたレシピでしたので採用

あと以前に始めた「干し野菜」
この時はきゅうりを、。これで約1本分です。

ネットは100均のもの、手軽に手に取れて初心者向けです。
半日天日干しして、レアな仕上がりにしました。
薄切りとちょい厚切りの2種

◎エスニックのマリネ
ナンプラーと玉ネギの組み合わせが絶妙なんですよね〜。
(唐辛子多めで辛すぎた)

きゅうりはの薄切りは程よく水分が抜けて漬物みたい。
厚めのは食感が結構残ってて、食べ応えあり。

しかし、なんか物足りない…あっ、レモン汁でした
あるとないとでは大違い。
ナンプラーとレモン汁も最強の組み合わせだと思います。

とりあえず、今日は家にあった瓶ビールで晩酌。
ビールはやっぱりKIRINっしょ

大好きなんですよね、チビチビ飲む瓶ビール。
お酒弱いのに、ついつい飲んでしまうのがクセになってきたようです。

ではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

見つけてくれて嬉しいです!ありがとう!
6
料理人SATOの嫁ごはん/夫は船の料理人/義母と2人暮らし、時々夫。/料理修行中の地方デザイナー

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。