スクリーンショット_2019-09-14_14

まっすぐ歩いたら一周しちゃうような世界だし小林大吾の話をする。

ふと小林大吾の『ジャグリング』が聴きたくなって探してみたら、CDアルバムをこんまりしてしまったので、iPadの中にしか音源がないことに気づいた。

小林大吾とは…

いくつかの曲は本人がyoutubeにアップロードしているので聴けるようだが、このまま何事もなくことが進むと、小林大吾が聴けなくなってしまう未来が待ってそうで不安、ということで、布教活動のため少し紹介してみる。

小林大吾は「やれやれ、しかたないな」みたいな感じポエムを、おしゃれなトラックに乗せて、やや淡々とリズミカルに読み上げる詩人。
音楽ジャンル的にはたぶん「ラップ」。

最近は音源の発表はあんまりないけど、最近も年に何回かライブを行なっているようだ。

公式YouTubeアカウント↓

公式ページ↓


知名度が低い謎の詩人

小林大吾を紹介しようと思ったけど、わたしもアルバムも持ってたというだけで、そこまで詳しいわけではない。(ライブもいったことない)

たぶん認知度は低いはずだ。
最近めっきり音楽の話をしなくなってしまったが、他人の口から小林大吾の話をきいたことはほとんどないし、テレビで使われているのを聴いたことがない。

わたしはずいぶん昔に、よく知らない女の子からインターネットで教えてもらった。
彼女がいうには「認知度の低いアーティストほど人に勧めたかいがある。ファンの母数が少ないので影響力が違う」と言われたのでマイナーなほうだと思う。

小林大吾はすごい

知名度は低いけど、数年前に電車に乗ってたら、いかにも「バンドやってます」みたいな格好した三人が興奮ぎみに「小林大吾のライブがすごかった!!」と小林大吾の良さを熱弁していたので、まったくファンがいないというわけではないようだ。そう、小林大吾はすごい。

好きな人には刺さるし、他に類型の音楽がないので、小林大吾を聴きたくなったら、小林大吾を聴くしかない。

それに、ファンの母数が少ないので、ホームページをクリックしてあげたり、本人がYouTubeにアップロードした曲の再生回数をあげてあげると、他の知名度の高いアーティストよりはワンクリックに影響力があって楽しいかもしれない。

『オーディオビジュアル』が好き

わたしは『オーディオビジュアル』というアルバムに入った『処方箋』と『ジャグリング』と『テアトルパピヨンと遅れてきた客』の3曲が好きだ。
というか、他のアルバムも持ってるけど、ほとんどこの3曲しか聴いていない。

ちなみにiTunesではなぜか、アルバムジャケットが小泉尊史というアーティストになっていて、ちょっとおもしろい。

画像1

『処方箋』の良いところ

「それは贈りものみたいな顔をしてやってきた」からはじまる、いわゆる恋愛詩であり、ラブソングに相当するトラックだけど、当然「好き」とか「愛してる」とかはいっさいなく、「やれやれ、なんで、こんなめんどうなことになってしまったんだろう」みたいな感じの流暢な愚痴が延々と続いてそのまま終わる。片思いのつらみが、くどくどと語られていて良い。

『ジャグリング』の良いところ

答えがないもの、いくつく先のないできごと、ちょっとした不幸や悩みなどを「宙に浮いた玉の一つ」と表現していて、何とも言えないことへの愚痴が手を替え、品を替え、延々と続く。

本記事の「まっすぐ歩いたら一周しちゃうような世界だ」というタイトルはこの曲から引用した。

ここで残念な事実をお知らせしておくと
どこまで言ったって逃げ場なんかない
大体 まっすぐ歩いたら一周しちゃうような世界だ
いやまったく 世知辛いことこの上ないな

小林大吾が織りなす色とりどりの愚痴がたくさん聞ける。
紹介してみて初めて気づいたけど、小林大吾はたいへん愚痴っぽい詩人だ。

『テアトルパピヨンと遅れてきた客』の良いところ

アルバムの最後を飾るラストトラック。
もし運良く、この曲を聴ける環境を手に入れたら、ぜひ、部屋を暗くして、目をつぶって聴いてみてほしい。
運が良ければ、手品にかけられたみたいに幻想的な情景が浮かんでくる。

わたしは音楽はわりと聴く方だし、オーディオブックとかも聴くほうだけど、こんな手品みたいなことされたのは、この曲だけだし、同じ小林大吾の曲でも、こんな風になるのはこの曲だけだ。

『オーディオビジュアル』を象徴する代表的な曲でありながら、シングル曲のようなキャッチーさはない。
今までの愚痴はぜんぶこの曲のためにあったんじゃないかと思うくらい、アルバムの最後にびちっとはまりきった一曲だ。

以上、小林大吾を紹介した。

今年のライブは終わったみたいだけど、来年はまたやるみたいなので、一回くらいライブを観にいってもいいかもしれない。
そして「もっと小泉尊史さんみたいな顔してると思ったけど、そうでもないな」という感想を抱きたい。

ではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!
主に健康とオタクについて考えていくNOTE、人。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。