見出し画像

海外移住について考えたこと

ここ最近海外移住考えてて、その中で思ったことをつらつらと↓

東南アジアや東欧での生活費を調べると、今の収入でも十分海外移住出来るな〜と。それどころか支出が減る分、貯金額もアップする。海外で暮らしながら余ったお金を投資に回せば割と早くFIRE出来そう。あと、かなり豪華な家に住める。

いいこと尽くしだけどきっと孤独だろうな。ということで実行には移しません。もちろん自分から動けばつながりは作れますが、外国の地でそれやるのかなーーーりハードル高い。言葉の問題だけじゃなく。

achicochiは、そんなColiving生活を孤独じゃなく=楽しく過ごせるための環境を整えるのにうってつけな事業なんじゃないかしら。

楽しくColivingするには何が必要かって考えるとやっぱり友達。出来たら飲み友達。それから仲間(ビジネスパートナー含めて。仕事の話出来る人でも嬉しい)achicochiはそういうつながりが出来る環境を用意出来る。

achicochiが今やってるColiving施設、イベントがその環境です。もっと単純化すると、コミュニティマネージャーのいるコワーキングスペースがその環境かなと思いました。

このスペース を中心に、自社運営問わず滞在施設があり、そこに滞在するノマド、長期滞在者、地元の人たちがコワーキングスペースに集まり、仕事をしたり、イベントをしたり、ダベったりして繋がるイメージが浮かびました。そのまわりにカラオケバーとかのナイトスポットがあると個人的には嬉しい笑

そのスペースで友達が出来て、いろんなイベント(ミートアップで友達や仲間作り、クラブツアー/カラオケバーめぐりなんかのナイトライフもあり)があり、まわりで滞在出来たらいいなと。

その一環として、スペースのまわりでハウスシェアリングやれたらおもろいかもです。気に入った土地に別荘を持ってそれをシェアするもので、アメリカで昔流行ったものとビジネスモデルは同じです。それをColiving文脈でリブランディングし、保守管理、スケジューリングをachicochiがやれたらいいなと。

これをやるには僕らの手だけでは足りないため、コミュニティマネージャー、イベントオーガナイザー、写真などのクリエイティブ作る人なんかの仲間集めがまず必要そうです。

というわけで、achicochiは仲間募集中!です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
フリーランスエンジニアやりながらいくつか経営しています↓ 1. 外国人デジタルノマドへのColiving施設 achicochi https://achicochi.life/ 2. Papers & Labo http://papersnlabo.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。