yusuke

随想家。2021年に東村山で家を構える。暮らしを充実させるためにできることを日々見つけていく。周囲の散歩が至福。「家族がずっと健やかに楽しく暮らせる生活」をテーマに生きる。
    • 我が家について
      我が家について
      • 9本
    • 小説
      小説
      • 10本

      載せられそうな小説を不定期で載せています。

    • 自分の言語化
      自分の言語化
      • 76本

      自分の言葉をつくっていくための過程をまとめてます。

    • 夫婦仲・子育て
      夫婦仲・子育て
      • 9本

      妻や娘を見て気づくこと

固定された記事

父が残したもの。人生をかけて体現するということ

9月に父が亡くなった。70歳だった。 私には、はっきり言って後悔しかない。 今は前向きに生きているけれど、それは自分がポジティブであったり、人生楽しもうとする人間…

自分らしい文章を残すためには、何回も書いて振り返るしかない。

地域の声を具体化し、声を形にして未来に残す。

市と協力して東村山を盛り上げる団体のイメージ、こういう感じかなぁ。

プロデューサー、web担、デザイナー、ライター、カメラマン、イベンター、料理家の結集。

ただ美しいとかおいしいとかおもしろいとかではなく、未来に残せるものね。

日本でベーシックインカム案が否定されるのは、勤勉や重労働こそ経済発展をもたらすという固執した考えがある人たちで議論されているからではなかろうか。
働かずに生活ができるようになったら人は怠惰になるとは限らない。全員が、地球環境や世界の問題に目を向け、行動する可能性すらある。

文章を書くと、気づいたら2000文字ぐらいになっている。そこから削ると、およそ半分になる。それで、補足を後から入れたときに、文章と文章の空気が交わりにくいときがあって、順調に化学反応を起こせないことがある。できれば、文章を後から繋ぐことも、自在に操りたいものである。

五輪は誰得なんだろうか。やらないとIOCも日本も、損しか残らない。その言い分も理解できなくはないのだけど、それこそ今回の損は世界で一丸となり話し合うことで理念の「スポーツを通して文化や国籍などの違いを越え、フェアプレイの精神を培い、平和でより良い世界を目指す」が実現できそう。