【リアル・パートナーズ】中3継続率をアップするために必要なこと

安多@リアパー

┏━━━◆◇リアル・パートナーズ メールマガジンvol.643◇◆━━━━━┓

『目指せ!地域ナンバーワン個別指導塾』 毎週水曜日・金曜日発行
〜2022.11.30〜

当メルマガでは、あなたの塾が、
「地域ナンバーワン個別指導塾」になるヒントを毎週お届けします。
私たちの考える「地域ナンバーワン」とは、
ズバリ「生徒数が一番多い塾」「生徒が辞めない塾」です。
そして、そんな良い塾が増えること、あなたの塾がそうなることが私たちの願い。
机上論ではない、現場主義の実践的な情報をどんどんお届けしていきますので、
あなたの塾経営にぜひお役立てください。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【ご質問・ご要望も大募集中!】

「こんなテーマで書いてほしい」「こんなときどうすれば?」という
ご要望やご質問もお待ちしております。
お寄せいただいたご質問には、
メルマガ内で可能な限りお答えしてまいります!
→ yasuta.rp@gmail.com

【以前の記事はこちらから】

→(フルバージョン)  https://note.com/yasuta_rp
→(メインテーマのみ) https://r-partners.jp/category/blog

【目次】

◇お知らせ
◇まえがき     『マスクは3D立体型がおすすめ!』
◇今回のテーマ  『中3継続率をアップするために必要なこと(リバイバル)』
◇あとがき     『ガンバレ、ニッポン』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆お知らせ(1)<【600名突破】ビリギャル著者・坪田信貴先生、オンライン講演会(学習塾関係者向け)>

さて、お待たせいたしました!

2022年セミナーを締めくくるアンカーとして、
なんとあの「ビリギャル」著者である坪田信貴先生に
2年ぶりにご登場いだくことになりました!!

坪田先生原作の
「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」
はベストセラーになり、映画化され、『ビリギャル』は社会現象にもなりました。

実話に基づく坪田先生とさやかちゃん(ビリギャル)の物語に、
涙を流した人も多いと思います。

【学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話】
https://www.amazon.co.jp/dp/4048919830

物語の中でも、坪田先生はさまざまなアプローチで
さやかちゃんの力を引き出していかれますが、今回の講演テーマもまさにそこ!

「生徒の底力を圧倒的に引き出し、成績を急上昇させるポイント」です!

塾関係者なら誰もが知りたい永遠の課題でもありますよね。

坪田先生は、どうやって生徒さんたちの底力を引き出しているのでしょうか。
ビリギャルの作品からだけでは分からない、いろんなアプローチがあるはずです。

実は坪田先生は、坪田塾の塾長でもありますが、心理学のエキスパートでもあります。
坪田先生の生徒さんとのセッションには、心理学の観点が大いに活用されています。

今回の講演会も、ここが切り口です。

あなたも、坪田流の心理学や行動学のアプローチを学んで、
そのコツを具体的につかんでみませんか?

きっと、あなた自身や自塾にも応用できるはずですよ!

しかも、なんと今回も、株式会社POPERさんのご協力により、
参加費用は「無料」とさせていただきます!!!

また、当日ご参加いただいた方の中から50名の方に、坪田先生のご著書でもあります
「人間は9タイプ(子どもとあなたの伸ばし方説明書)」をプレゼントいたします。

ただし、坪田先生のご意向により、アーカイブ(後日視聴)はありません。
お話を聞けるのは当日参加いただいた方のみです。

「時間を作ってでも聴いてみたい!」という、
熱意あるみなさんのご参加をお待ちしております!

定員は1000名となっておりますが、ウェビナーシステムの関係上、
定員を増やすことはできなくなっております。

ご興味のある方はお早めにお申し込みください!

【2年ぶりの開催!ビリギャル著者・坪田信貴先生、オンライン講演会(学習塾関係者向け)】

■詳 細 : https://r-partners.jp/560/
■講演テーマ : 生徒の底力を圧倒的に引き出し、成績を急上昇させるポイント
■日 時 : 12月2日(金)10:00~12:00 
■配信方法 : Zoomを使ったウェビナー
■定 員 : 1,000名(先着順)
■対 象 : 学習塾関係者(塾オーナー・塾長・教室長・社員・講師スタッフなど)
※生徒・保護者さまへのご案内・ご参加はお控えください。
※学校の先生や予備校講師など、教育関係者もご参加「可能」です。
※アーカイブ(後日視聴)はありません。
■受講費用 : 無料
■申 込 : https://contents.comiru.jp/seminar/20221202-1/
※参加者ごとにそれぞれお申込ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆まえがき<マスクは3D立体型がおすすめ!>

こんにちは、リアル・パートナーズの安多です。

多くの塾さんで冬期面談を実施されている時期ではないでしょうか。
弊塾でも多い日には1日に6〜7件実施する場合もあり、パワー全開で臨んでいます。

ただ、面談って生徒さんの自宅での様子や保護者さんの要望などを聞けるので、
私はとても好きなんですよね。

できるだけしっかり対話をしたいと考えています。

そこで、面談するにあたり、マスクを3D立体マスクに変更しました。

【3D立体マスク】
https://www.amazon.co.jp/dp/B0BMFWP9TN

これ、本当にいいですよ!

何がいいかというと、酸欠状態になりにくくとても話しやすいんです。

口周りに空間ができるだけで、なんてしゃべりやすいんだろうと感動しています。

今まで普通の不織布マスクだったのですが、息苦しくて話しにくいこともよくありました。
他塾さんの社員研修で90分間話し続けたときは、命の危険を感じました(笑)。

すでに使われている方からすると「えっ、いまさら!?」とツッこまれそうですが、
まだ3D立体マスクをつけたことがない方がいれば、
騙されたと思ってぜひ1度試してみてください!

本当に話がしやすくなりますよ。

私の中では2022年のベストバイアイテムです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆今回のテーマ<中3継続率をアップするために必要なこと(リバイバル)>

今回は、過去記事のリバイバルとして
「中3→高1の継続通塾率」をアップするというテーマでお届けしたいと思います。

時期的にはそろそろ誰もが意識しはじめるトピックではないでしょうか。

3年前の記事を一部改編した内容になりますが、伝えたいことはほぼ変わっていません。
それぐらい普遍的なものだとも言えます。

ご参考にしていただければ幸いです!

さて、ここ数年、中学生メインだった塾さんが
高等部を設立するケースがブームになっているようです。

その流れから「中3生の継続率アップ」「高等部のつくりかた」というテーマの
セミナーも多く開催されています。

弊社でも、現在のようにブームになる前から
これらをテーマにしたセミナーやメルマガ記事を頻繁にお届けしているのは、
それだけ重視してきた課題だからこそです。

例えば中3生が5人継続してくれれば、
新たに5人入会していただく労力が不要になるわけですから、
教室運営的にもとても助かりますしね。

ただ、中3継続は決して難しいことではありません。

ある程度長期的な視点で取り組む必要はありますが、
やることをしっかりやれば、高い継続率はきちんと実現できます。

弊社セミナーや研修に参加された方からも
「継続率が倍増した」「80%になった」など嬉しい報告をいただいていますよ。

当初25%だった継続率が、3年かけて55%にアップしている塾さんもあります。

しかし一方で、「継続率1~2割のまま」、「全員3月で退塾する」と
苦戦なさっている塾さんもあるようです。

私はこの原因には、三つの傾向があるように感じています。

1.『非受験生の退塾数が多い』
2.『中3生を継続させることが目的となっていて、その先が不透明』
3.『社員や講師に、高校生指導や大学入試の知識・意識がない』

ということです。

一つずつ解説してみますね。

1.『非受験生の退塾数が多い』

みなさんの塾では非受験生(中3・高3以外)の年間退塾数は何名ぐらいでしょうか。
また、どのくらいであれば退塾があってもセーフラインとお考えでしょうか。

私の目安としては、こんな感じです。

<よい教室>非受験生の生徒数(年間平均)×0.05人未満
<ボーダー>非受験生の生徒数(年間平均)×0.1人前後
<危険水域>非受験生の生徒数(年間平均)×0.15人以上

例えば弊塾の場合、非受験生の生徒数(年間平均)は50人ですので、
50×0.1=5人がボーダーの目安となります。

1度あなたの教室でも、この目安に基づいて数値を計算してみてください。

この数と中3継続率は不思議なほど相関性を見せており、
非受験生の退塾が少ないほど中3継続率は高く、
多いほど中3継続率が低くなる傾向があります。

特に「危険水域」の塾さんの場合、中3継続率は軒並み低いはずです。

原因として考えられるのは、受験生だから、非受験生だからという以前に
結局、内部充実が図れておらず、顧客ばなれが進んでいるということでしょう。

そんな教室では、中3生の継続など言わずもがなです。

内部充実の定義や手法はさまざまかと思いますが、
生徒さんや保護者さんに一定ラインの満足感があれば、多くの退塾は発生しません。

不満や問題があるからこそ、退塾者が出るわけですからね。

その不満の原因は、成績が上がらない、教室がうるさい、
社員とのコミュニケーションがはかれない、社員の印象が悪いなど、
さまざまな要素が考えられます。

つまり、塾そのものの質が固まっていない状況で、
中3継続率をアップさせようとしても意味がないということです。

小手先のテクニックを使って目先の結果(継続率)が出たとしても、
それは塾としての実力や魅力に起因しない一過性のものです。

厳しい言い方になりますが、「たまたま」なんですよね……

たぶん、生徒さんたちが高2に上がるまでに
たくさんの退塾がでているのではないでしょうか。

2.『中3生を継続させることが目的となっていて、その先が不透明』

「中学生だけだと生徒数がショートしていくので、タテ展開として高校生を集める!」
という発想も、残念ながら継続率はなかなか上がりません。

理由はいたってシンプル。

発想が自己中心的になり、目的と手段をはき違えているからです。

売上キープの資源として中3生継続率を意識すると、
結局は「継続させること」が目的化してしまいます。

私は、継続は「生徒さんの高校生活をサポートしたい」「大学入試も力になりたい」など、
生徒さんのための発想でなければいけないと思います。

理念や理想論という意味でも大事な考え方であるのは事実ですが、
自分のことを最優先する利己性は、私たちが思う以上に、
保護者さんには簡単に見抜かれているものですよ。

「売上のために辞めさせたくないのが見え見えだな、この塾は」と。

ですから個人的には、「これからは高等部の時代だ!」なんて
安易な風潮があまり好きではありません。

もし中学生の指導が得意なのであれば、
本来ならそこに特化してたくさんの中学生に通ってもらえば十分なのですが、
「中学生がショートしてきて、経営が危ないから高等部」という発想は危険です。

本業がうまくいかないから中途半端に副業に手を出して、
結局共倒れになるパターンです。

そもそも、そんな発想で生徒さんに接するなんて、
せっかく継続してくれた高校生に対して失礼すぎますよね。

プログラミング教室や英会話教室なども同様です。

単に生徒集めや継続のコマとしてそれを考えるようではダメですよ!

3.『社員や講師の高校生指導や大学入試の知識・意識がない』

高等部という看板を掲げているのに
悲しいかな、大学入試の知識やノウハウがない塾さんも散見されます。

「大学入試の知識がないけれども、とりあえず中3生を継続させておく」

というのでは、もはや詐欺に近いです。

先日、弊社主催のセミナーでもお話しいただいた、
日本の大学全部行った男・山内太地先生にフルボッコされますよ(笑)。

プロとしてのまともなアドバイスもできないのに
ちゃっかり授業料だけいただくわけですからね。

保護者さんは、私たちが持つプロの知識や技術への対価として、
安くない月謝を払っていることを忘れてはいけません。

もし、それでも高等部を作ってしっかり頑張ろうと思うなら、
大学入試のノウハウや知識を取り入れて、
「他塾なんかにいったら、この子が不幸になる。自塾がしっかり3年間見届ける!」
と言い切れるぐらいの覚悟で勉強をしましょう。

ポイントは、生徒さんが進路指導で悩んだ際に、
「高校の進路指導の先生より信頼され、相談される先生になる」ことですかね。

書籍はもちろん、YouTubeでも大学入試の情報はたくさん手に入れることができます。

手段はあるのですから、やるべきことをやってから高校生を受け入れてみませんか?

ちなみに私の今の愛読書は「情報Ⅰの教科書」です(笑)

今年の高1から必修科目になりましたし、2年後の共通テストでも出題されることから、
個人的な興味もあって勉強中です。

いかがでしたでしょうか。

中3継続率をアップするのであれば、
自塾の本質からしっかり見直しをする必要があります。

「高1継続、4月無料キャンペーン」なんてやったところで、焼け石に水ですよ。

今からでもまだ間に合う部分はたくさんあるはずです。

今年度の継続が振るわなくても、来年度の1年間をかけて勉強すれば
知識を増やすことは可能です。

教室内部充実の徹底や大学入試の知識を取り入れ、
生徒さんから「高校になってもお世話になりたいです」と
言ってもらえるような教室を作っていきましょう。

【今回のまとめ】
・中3継続をアップするには、教室全体の改善が必要
・誰のための継続なのか、本質に立ち返る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆あとがき<ガンバレ、ニッポン!>

サッカーのワールドカップ、めちゃくちゃ盛り上がってますねー!
弊塾でも、雑談の中からサッカーの話があちこち聞こえてきます。

と言うのも、弊塾では「W杯、優勝国を当てよう」というプチイベントを開催中なのです。

優勝国を当てると「全員」に図書カード500円分をプレゼントするというもので、
普段サッカーはあまり見ないという生徒さんも、予想に夢中です。

ちなみに、全体の40%が「ブラジル」を優勝国に予想しています。

もしブラジルが優勝してしまうと出費が大変なことになるので、
ブラジルには本当に申し訳ないですが、
個人的にはどこか他の国に頑張ってほしいところです(笑)。

また、今回の盛り上がり、やはり第1戦のドイツ戦に勝利したのが大きかったですね。
本当にかっこよかったです。

2戦目は残念な結果でしたが、あとは第3戦に期待ですね。

対戦相手のスペインはかなり格上ですが、
スペインもこの試合で決勝トーナメントに進めるかどうかが決まるので、
全力で勝ちにくるはずです。

ただ、ライブで見たいのはやまやまですが、試合が12月2日(金)の4:00キックオフ。

試合終了の4時間後には坪田先生のオンライン講演会もありますし、
ここはきちんと切り替えて、夢の中で日本代表を応援したいと思います!

ガンバレ、ニッポン!

────────────────────────────────────────────
株式会社リアル・パートナーズ ~地域ナンバーワン個別指導塾を創るコンサルタント~

〒665-0881 兵庫県宝塚市山本東3-10-1-1F
【目指せ!地域ナンバーワン個別指導塾】発行者:安多 秀司

◇今回の「目指せ!地域ナンバーワン個別指導塾」はいかがでしたでしょうか?
ご意見・ご感想等、お気軽にお伝えください。→ yasuta.rp@gmail.com

◇以前分のメルマガはこちらをご覧下さい。→ https://note.com/yasuta_rp

◇ワンポイントメルマガ(つぶやきメルマガ/不定期配信)はこちらから登録できます。
  → https://beast-ex.jp/fx3926/tsubuya

※このメルマガは、著作権により保護されています。
許可無く、内容を無断掲載・無断引用することを禁じています。
従って、内容を誰かに教えたい、共有したいと思っていただけた場合は、
読者登録( http://www.mag2.com/m/0001341233.html )をお勧めくださると嬉しいです。
私も、少しでも多くの方に喜んでいただけるよう、頑張って参ります。

────────────────────────────────────────────
(c)2011-2022 Real-Partners All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!