見出し画像

adbeemにGif変換機能を追加しました

Android実機/エミュレーターで簡単に画面録画できるadbeemと言うコマンドラインツールに、mp4ファイルと同時にgifも出力するオプションを追加しました。

会社のAndroidエンジニア定例でadbeemを宣伝したらGif変換欲しいと言われたので対応してみた感じです😋 より便利になった。

通常の画面録画はこうでしたが、

adbeem screenrecord

Gifも一緒に出力して欲しい場合は--gifオプションをつけます。エイリアスは-gです。

adbeem screenrecord --gif

これでコマンドを実行したパスにmp4とGifの2ファイルが出力されるはずです。gif変換にはffmpegを使っているので、事前にインストール必要ですけどね。

macやLinuxの場合は簡単にインストールできるはず(Linuxならデフォルトで入ってそう)。Homebrewなら brew install ffmpeg だけですね。

Windowsでも、インストーラーからffmpegがインストールできるはずなので同様に使えるはずです(テストしてないけど。。)

フレームレイトはデフォルトで15に設定してます。変更したい場合は、--gifオプションをつけた上で、--gifrageオプションをつけてください。

adbeem screenrecord --gif --gifrate 30

または

adbeem screenrecord -g -gr 30

フレームレートをあげると滑らかになりますがその分ファイルの容量が大きくなります。抑えてい場合は逆に10とかにすればいいです。

adbeemはadbを使っている時点で完全にAndroid developer向けのツールなので、Gif変換もあった方がGithubとかにも展開できて便利ですよね😍



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おー!ありがとうございます!!
6
Android developer。VimやVSCode、IntelliJのカラースキームを作ったりもしてます。ゆるくプログラミング関連やTeck系のことを中心に書いていきます😍

こちらでもピックアップされています

イラスト使ってくれたマガジン(仮)
イラスト使ってくれたマガジン(仮)
  • 2665本

このマガジンはオープンソースイラスト集を利用いただいたライターさんの記事まとめです。1つの図版にでも、筆者さん観点や職業領域でいろいろな切り口や記事が展開されているので学びが多いです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。