楽しく生活する術

お金をかけずに楽しく生きる 前口上

私は、普通の人よりも少しだけ多くの職種を経験しました。
職が変わるたびに最も問題になるのが、「お金」です。
次の転職先が決まるまでの間や自分の事業が軌道に乗るまでは、収入がなくなるからです。

私の家族は、妻と子供がふたりの4人家族です。
家族を食べさせなくてはなりませんし、教育費もかかります。
考えた末に転職や起業を実行する前に収入が減ることに対する準備をすることにしました。
ある程度の蓄えを確保したり、最悪の場合の対応策を考えておこうと思ったのです。
具体的には、社会保障制度や最低限の生活を確保するための法・制度を勉強しました。

生活面では、お金をかけずに楽しく生きることができるかどうかを試しました。
もちろん、欲しいモノを買ったり、行きたいところへ旅行することが制限されるので、自分のやりたいことは限られます。
でも、いろいろと試してみると、結構楽しく暮らすことができることがわかりました。
このコンテンツは、そのときの工夫を紹介し、皆さまの生活のヒントになればと考え作成しました。

コロナ禍で、収入が減少された方も多いと思います。
切り詰めた生活を強いられる方もいらっしゃるでしょう。
でも、お金をかけずに生活を楽しくする工夫は、たくさんあります。

元気と知恵を出して、コロナ禍を乗り切りましょう。では、1回目です。

お金をかけずに楽しく生きる その1

楽しく生きるためには、生活のマイナス面を減らす工夫とプラス面を増やす工夫があります。
第1回は、マイナス面を減らす工夫です。

「カラスの害を減らすための工夫」

少しは早めに出した「燃えるごみ」をカラスに荒らされ、生ごみが散らばった経験はございませんか?
私は何回かやられました。一番最初は、ご近所の方に教えていただき、現場を見て呆然としました。
散らばったごみを集めていると、カラスには罪がないことはわかっていますが、少しやりきれない気持ちになります。早速、カラスにごみを荒らされないようにするために調べました。


カラスは雑食性 臭覚はあまり鋭くないが視力が優れているようです。
木にとまってあたりを見回したり、空を飛びながら、目で見て食べ物を探すのが基本です。
特に赤っぽいものや濡れたものを狙います。赤いものは肉、濡れたものは魚の肉など、高タンパク質の栄養価の高い食べ物に出会う確率が高い目印になっているためです。そのため、生ごみだけを新聞紙や紙袋で包み、カラスから中身が見えないようにして排出することも効果的です。
カラスは人間が見えない紫外線が見えます。
大好物の肉の脂身は紫外線を反射して目立つため、脂がしみ込んだ生ごみをすぐに見つけてしまうようです
かすを残さないように、きれいに洗ってから捨てましょう。

また、ごみを出す場所で生ごみ以外の餌を見つけたことがあると生ごみを隠しても、袋を破って探すことがあるそうです。

現在、対策の主力になっているのは、防鳥ネットという網で「ごみ袋にネットをかける」ことでしょう。

環境省の自治体向け対策マニュアルによると、ネットの目が大きいとカラスのくちばしが入ってしまうので、目が5ミリ以下のものを選ぶことがポイントです。防鳥ネットは軽いために、風にあおられるとカラスが下から頭を入れてごみに近づくことができるなどの欠点があります。そのため、防鳥ネットの縁におもしをしたり、ごみの下に防鳥ネットを挟み込むなどの工夫をしましょう。
カラスは集団でネットをめくることあります。

カラスは夜明け前から活動するので、朝に収集されるごみを前夜に出すのは控えましょう。
(夜間は猫などの被害に遭うこともあります)

カラスの知能については所説ありますが、人間の3歳の子供と同じと考えてよいでしょう。

記憶力が高く、一度餌にありついた場所には再び狙ってくる可能性が高いです。
カラスが餌場であると覚えてしまうと、食べ物が見えなくても飛んできます。また、カラスは餌を見つけた一匹が群れを呼ぶため、カラスにとって格好の餌場と認識されると、続々とカラスが集まります。カラスが餌場と認識する前に、カラスから食べ物を隠すことが一番大切なことのようです。


参考資料:
・中日新聞 2020年1月22日 朝刊(生活面)

・名古屋市のホームページ 暮らしの情報 「カラスにごみを荒らされないための対策」
https://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/5-6-28-0-0-0-0-0-0-0.html

・crowlab カラスを知りカラス対策に活かす
https://crowlab.co.jp/column/column007.html


以上

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝します。
はじめまして、金森雄三と申します。某製薬企業を経て、薬局薬剤師として働いています。特技は、「わかりやすい研修」です。世の中のいろいろなことがわかりやすくなると、人々が暮らしやすくなると信じています。趣味は、おもしろいもの(映画、小説、コミックなど)と日本酒です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。