記憶に残る記事の作り方

5

メディア作りで重要なのは「何をやるか」より「何からやるか」

「個人メディアってどうやって作るのか?」だなんてことを聞かれてパラパラと答えていたのだけれども、これ、何よりも重要なのは「何をやるか」よりも「何からやるか」だなぁ、と。

お米を育てるとき、最初のフェーズで「さぁお金を稼ごう!たわわに実った稲穂はどこだ!刈り取るぞ!米!金!」と、稲刈り機を稼働させる人がいたらヤバいですよね。田植えもしてないのに。

でも、メディア業というのは机上の空論だからか、田

もっとみる
インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
187

CSO(チーフ・ストーリーテラー)という役割

2006年、佐藤可士和さんがユニクロの根幹に関わってイメージを刷新させ、「アートディレクター」という仕事が確立されました。

2017年頃から、noteを爆進させる深津貴之さんのような「CXO」という仕事が注目を集めています。

こうして「クリエイターが経営者と共に歩む」という事例は沢山生まれている……のですが、企業のストーリーをしっかり組み立てていくような役割は、案外まだまだ弱いのかも。いや、そ

もっとみる
インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
693

どうして「バズ」るだけじゃなくて「ちゃんと売れる」のか

今回のnoteはかなり裏側の話なので、最初から鍵をかけさせていただきます……しっかり届けたい方々に届きますように🙏

「商品は良いのに、ネットで上手に売れなくて……」

というお悩みに対して。

もっとみる
インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
206

オフィスでは集中して文章が書けない。超集中空間を作るには

僕が書いているそばで座っていたいと、きみは言ったことがある。けれど聴いてくれ、そうすると僕はなにも書けなくなってしまうんだ。なぜなら、書くというのは、自分をなにもかもさらけだすことだから。そうした極限の状態に身を任せているその場に他人が入ってきたら、正常な人間ならば誰だって身がすくんでしまうはずだ……

だからこそ、書くときにはいくら孤独でも孤独すぎることはないし、いくら静かでも静かすぎることもな

もっとみる
インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
299

さよならの挨拶。ここ2年で、反響が大きかったnote10記事をPV順に振り返ります!

こんばんは、塩谷です。

こちらは「記憶に残るインターネットの使い方」最後の更新になります。

本当は8月末にお届けしたかったのですが、システムエラーにより8月中に公開できず……申し訳ありませんでした。(便宜上単品100円で売っていますが、購読者の方はメールで同じ内容をお送りするので、買っていただかなくても大丈夫です!)

※旧マガジンは解約しなくても、自動的に課金は停止されますのでご安心ください

もっとみる
インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
75