見出し画像

バッティングセンターと仕事。

先日、ふと思いついて夜中にバッティングセンターに行った。

平日の23時を超えたあたりだったから、人も少なく気を使うこともなかった(1人で行くときは結構大事)

1000円で4回券を買う。1回20球だったので、まぁやっても2回だろうと思っていた。

気がつけば60球分もバットを振っていた(3回分)

やったことがある人は少しわかってもらえるかもしれないが、60球分もバットを振るとかなりきつい。(運動不足なので20球でもすでにきつい)

ただ、振れば振るほど慣れてくる。さっきまで空を切っていたバットが、少しずつボールを捉え始める。

休みながらやった方が良いのは百も承知で、無心でバットを振り続けた。

✂︎---------

「できるだけ打席に立ちたいです」

そう言って今の会社に転職した。
でも、いざ打席に立つと、バットの振り方が分からない。ボールが当たらない。

チームメイトが結果を出していく中で、自信だけがなくなっていく。

「イチローでも良くて打率3割」と言われても、ここまで不振が続けば二軍行きだろう。

それでもバットを振ることでしか、ヒットは打てない。チームに貢献できない。期待してくれる人たちに応えられない。

頭を使う部分と、無心でやり続ける部分。

両立させるのは難しいなぁと思いながらも、今日も打席に向かう電車の中。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでいただいてありがとうございます。サポートしていただいた分は、もっとたくさんの文章を書くための糧にいたします。

Get Old with Me 箭内道彦
1
短歌やキャッチコピーなど「1行の文章」が好きです。普段は、IT企業でライター&マーケターをやってます。▼コピーライター養成講座2013秋基礎コース・2018年間コース▼文章で生きるゼミ1期生▼明日のライターゼミ2期生 ▼Twitter:@yanoyasuhiro
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。