見出し画像

【怪談 第二回 / 実話】 「見えてるのかと思ってた。」

  音楽をやるのには、たくさんの気を飛ばし合う。

 それをキャッチしてもらったりしやすい人だとか、日だとか、場所だとか、音には音楽理論だけでは説明のできない
「はみ出た感覚」を必要とする時が必ずあると思う。
当然「こうきたら、これかこれかこれが適切です。」という反応のロジックも際限なく確立されているだろうし。それを教えるのが音楽教室であったりするのだと思う。

 でも毎日毎日何十年もジャズをやったせいか、はたまたその感性があるからこその生業なのか、感覚が第七感くらいまで普通にあってしまう人がいる。

 この職業は色々な場所に遠征に行くし、特にスタジオやなんか、電波に乗って意識は移動しやすい気がしているので、そういう場所に出入りする者同士は、よく、つい空き時間に「めちゃめちゃ怖〜い話」に花を咲かせてしまう。
 そういう時、早速の怪奇現象、いわゆる「急に電球が切れるやつ」に居合わせてしまったりして肝を冷やすのはミディアム怖いくらいである。
 ミディアム怖いくらいの人力を超えた現象を目の当たりにすると、面白いのが
「取り乱したり『怖い』っていうフレーズは使うなよ。」という気を飛ばし合い、瞬時に「いや、まあ、ほら、ね。」とヘラヘラし、固まらず知らんぷりをし、皆でコンビニなどに行くのがコツである。
 
そこでだ。

 ミディアムでは済まない強烈な第七感を持つ演奏者の一人の話をしようと思う。
 その人は、さらりと
 「究極に迷った人間と、幽霊は大体同じような動き方をする。」と言ってきたりして、もう本当に怖い言い方だなあ!と憤りすら感じる事がよくある。

 なんでも彼は、生者か死者かちょっと見分けがつかないくらい普通に「見えている。」らしいのだ。
 やはり大体は無視が一番良いと話していた。
特に自動販売機の傍ら、コンビニのゴミ箱の傍ら、電柱の傍らにコンパクトに座っている人は本当に見分けがつかないらしい。
 こちらを見ているのには気付くが、無視が一番なので通りすぎようとすると付いてきて、覗き込むようにして「気付いているでしょう。」としてくるのがいたりするらしいが、それが生きている人だったりする、とも話していた。やめていただきたい。

 そんな彼が「そういえばつい最近さあ。」と話し出した。
 日帰りだけどちょっと遠い場所へ遠征に出る際に彼の運転で移動することになったのだと言う。自宅最寄駅でメンバーと待ち合わせをし、そこから朝出発する計画だ。
 彼は少し早めに駅付近へ向かい、少し離れた場所でメンバーの荷物を載せる分のスペースを確保する為にトランクを開け、軽く荷物を整理し座席を倒したりしてスペースを作っていると、ぬっと後ろから

 「乗せて下さい。」
とはっきりとした口調で何度か言われたので、「こりゃもう僕が気付いていることにもう気付かれてるな。」と無視が効かないと察した彼は、仕方なく、
 「駄目です。」と答えて目を合わせずにトランクを締め、運転席に乗り、駅の車寄せスペースに移動し、何事もなく目的地へ向かったと言う。
 それくらいの事はあるのですっかり忘れて、予定通り演奏に精を出し、遅くなり過ぎないようすぐに終演後は早々に帰り支度をし、都内の適当な場所までメンバーを送り届けた後、思ったよりずっと空いていた道に、予想より早く家の近くまで帰って来れてしまった為に、
 「もう少しゆっくりしてから帰ってもよかったな。」と呑気な気持ちで、出発した最寄り駅と反対側の大通りから住宅地に入り、車を停めやすいコンビニかスーパーで晩酌セットとキメ込もうと土地勘のあるエリアを低速で走っていると、道の隅にコンビニ袋を下げてこちらを見ている風の人が立ち止まっていた。
 なんとなく通り過ぎる時にちらと見ると、朝の「乗せて下さい。」の人だったのだ。目ではなく車内を凝視していたという。
「生者だったのか。」と驚いたと同時に、彼は特別な車に乗っているわけでもないのになぜ「乗せて下さい。」の人が夜道で自分を認識したのか、すごーく幽霊っぽかった、と、ケロっと話していてめちゃに怖かった。ちなみにその後「乗せて下さい」の人を近所で見かける事は今のところないという。と、言うより、幽霊のように顔に斜がかかっていて、なんだか姿が思い出せないそうだ。

 そんな彼の話は怖くない話も魅力的で、お喋りではないのだが不思議な話上手な聞き上手でもある。さらには美しく公平な天秤の持ち主でもある事から私の終わりのない相談事やオチがあるわけもない話も延々としてしまい、長年に渡り楽しい時間を過ごさせて頂いているのだが、最近ふとこんな事を言われた。

 「ええ?!見えてないの?君が演奏中に肩を払ったり、意味なく振り返る時、必ずそこに″いる″んだよ。
 見えてるのかと思ってた。 
 と。

#怪談 #実話 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
アルトサックスプレイヤー/コンポーザー コラムや日記、短編小説を書きます。 演奏動画もアップしていきます♪ 機嫌の取りづらいヴィンテージ楽器の操作と幼児の育児に奮闘中!よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。