数年前、ボクが株に手を出した理由

 暮れから「就職活動」についてずっと考えている。

 いまのボクが大学生の頃のボクに何かアドバイスするとしたら、何て言うだろう。

1、とりあえず四季報くらいは読んどけ。
2、あと、商学部系の友人を大切にしろ。
3、自己分析より企業分析をした方がイイぞ。

 こんなところだろうか。

 話が変わるようで後でつながるのだけど、実はちょっと前から株に手を出している。手を出した理由は「政経教員としてのたしなみ」と「カネが欲しい」。

 もちろんボクとてマネー・ゲームについて思うところはある。が、株式や金融政策の授業をすると、どうも自分の論理展開の根っこの部分が薄っぺらく感じたのである。

 表向きの金融の仕組みとか理想論だけをぶってマネー・ゲームを批判したところで、それはそれでバランスを欠いているのではないか。与謝野晶子の「柔肌の…」ではないが、熱き投資に触れもみで経済を説いても寂しい、という訳だ。ちなみに儲かっているのかどうかという点については、8月のチャイナ・ショックで抜け毛が増えたとだけ言っておく(注:この文章を書いたのは2015年の秋でした)。

 株式投資をやり始めて、ボクは余暇に企業研究をするようになった。

 まだまだ素人の域をぜんぜん出ないけれども、これがまた面白い。ボクはたくさんの優良企業や、冗談みたいな悪質企業を見つけた。

 例えば…と企業名を出すのはいろいろ都合が悪いので控えよう。でも、もし、優良企業を大学生の頃に見つけていたら…。上場企業は入ろうとしても簡単に入れるものではないけれど、IR情報(Investor Relationsの略。投資家情報。企業による投資家に向けた経営状況・財務状況の発信)の見方くらい知っておけば…。

 もしボクがいま大学生に戻って就職活動をするとすれば、視界に映る企業の解像度は確実に上がっていただろう。

 大学生の頃のボクは、こういう企業を見つけることはできなかった。自分の趣味が先走っていたからだ。だから「四季報くらい読んどけ」なのだが、おそらく当時のボクにそう言っても、「読み方が分からない…」と情けない返事が返ってくることだろう。

 なぜそれがいま曲がりなりにも読めるようになったのか。理由は2つある。

 ひとつめ。カネがかかっているから。

 秒単位で自分の資金が溶けていくあの恐怖はやってみなければ分からない。抜け毛が増えるくらいの覚悟があるから、やる気も出る。

 いまのボクなら、バブル経済が発生して、そして弾ける理由を、マグマのように噴き出して説明することができる。人間は欲望のカタマリだ。間違いない。おげー。

 ふたつめ。アドバイザーが周りにいるから。

 「商学部系の友人を大切にしろ」というのは、そういうことである。大学には投資研究会もあったりするから、内輪で少額を出し合って投資先の検討という形で企業研究をすることもできる。

 哲学や文学、教育学、史学系統の学部は、どうも内にこもって実社会に馴染もうとする雰囲気が薄い気がする。

 いや、そういう雰囲気、個人的には嫌いじゃないどころか大好きであるが、こと就職活動に限っていえば、それは悪材料になることの方が多い。

 別に商学部系でなくても、サークルの先輩、バイト先の上司、親戚のおじさんおばさん、誰でもよい。企業に適当な縁がありそうな人と人脈を作っておけば情報も入ってくるし、実社会へのネガティブな想像も薄れてくる。

 だからインターンシップへの参加、リクルーターとの接触、OB訪問はやって損はない。これは心の底からそう思う。

 30代、40代の現役バリバリの方がご丁寧に自社説明をしてくれるなんて機会は社会人になったらないのだ。子どもの頃の社会見学と同じように楽しめばいいのである。少しばかり何かあったとしても、学生だから、と向こうは大目に見てくれる(失礼なことをしていいと言っている訳ではない。念のため)。

 そうやってどこか企業を見つけたら、後は片っぱしから受けるだけだ。

 自己分析? いくら掘ったって泥しか出てこないような自己分析をするより、企業分析をして興味がわいた優良企業にアタックする方が遥かに生産的な態度だとボクは思う。分析した結果は志望動機や面接の受け答えにも使える。

 別に株をやれってんじゃない。財務諸表が読めなくてもいい。

 大事なことは、面白いと思って取り組む気持ちと、分からなければ誰かに聞いてみるという行動だ。

 「就職活動」なんて俗っぽい眼差しで見ないで楽しめばよいと思うし、ボクでよければいくらでも説明する。実際に経済や経営について学ぶのは面白いとあなたなら思えるはずだ。それも含めて語れる大人になれればカッコいいじゃないか。

 就職活動、大変だろうけど、がんばってね。

2
主夫、ときどき講師。 Twitter → https://twitter.com/newriverclass
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。