見出し画像

アラサー独身女子への処方箋♡

わたしは保育園を卒園してから、年齢へのしっくりを一度も感じたことがありませんでした。

10代から20代前半まで、ずっと窮屈で不自由で生きづらかったのです。
記念すべきハタチの誕生日さえもしっくり来なくって、ひとりで過ごしたくらい…

短大を卒業してやっと社会人になっても『3年以内にはやく天職を見つけなきゃ!』とずっと焦っていました。

それは夢がないことへのコンプレックスからで、付き合う男性へも夢があって野心を燃やして頑張っている人という必須条件がありました。

大学生の時には1日20時間くらい勉強したい医学部6年生。

社会人になってからは、寝る間も惜しんで会社から呼び出しがあれば『はい!喜んで!』と言うように、この会社で働けること、この会社の先輩と働けることへ喜びを噛み締めてる外資金融アナリスト。

※もちろんこんな男性はかっこいいけど恋愛へのプライオリティめちゃくちゃ低いです!!!

だから友達からはいつもいつも大反対されていました(苦笑)

いくら友達に心配されても、暇なの?と思うほど四六時中LINEしてくる優しい優しい男性へ魅力を感じることができませんでした。

今振り返ると、男性からの束縛から自由を奪われたくない気持ちが強かったからだと思います。

それでもそんな恋愛は疲れます。。
転職しても天職を見つけられずにモンモンとする毎日がいつまで続くんだろう…と悩む日々。

そんな時に現れた年上男性からアプローチされ流れるように付き合って同棲。結婚でもして、仕事辞めたらもっと自由になれるかも!家賃や生活費がなくなれば余裕を持って天職を探せるかもしれない♡

こんな甘い考えは上手くいくはずもなく…大変な思いをしてお別れすることになりました。

この時に思ったことは、
モンモン期から逃れる為に行動を起こしても
結局モンモン期のままだということでした。

きちんと感情に向き合って、モンモン期を肯定して本音で生きていれば良かったと思います。

自己肯定感を彼や誰かに期待するのではなく、私が私を認めてあげるべきでした。
このことに気づかないまま結婚していたとしたら上手くいっていなかったと思います。

私が変わらなければ
私が本音で生きなければ

どんなに行動を起こしても求めていない感情が繰り返されて、なんにも変わらないのです。

20代前半で様々な洗礼を受けて、わたしはやっぱり結婚に逃げたくない!とまだまだ人生諦めたくない!絶対!と天職探しの旅を再会しました✈︎

その旅で出会った沢山の同期、友達、趣味のセミナーやワークショップ巡り、習い事、可愛いシェアハウス生活…

楽しいことを考えてわくわくすることに集中している間に、地球の楽しみ方がわかって心地良くなってきて初めてこの年齢にしっくりしたのが27歳でした♡

結婚して家庭を持つしあわせ
独身貴族として自由を持つシアワセ
天職を全うする夢を持ち続ける仕合わせ

幸せはひとつでもふたつでも無限でもいい。
好きなことを好きなだけ選んでいい。

ネガティブでもポジティブでも
じぶんの感情を無視しなければ、絶対大丈夫♡
気持ちなんて感じることに意味があるから。

誰かの決めた幸せにならないで大丈夫♡
そんなのイメージだから。

未来が見えなかったら
過去に戻って振り返る。

どんなことがあなたを喜ばせたの?
どんな言葉があなたを傷つけたの?
どんな経験に感動して泣いたの?

『辛かったよね』
『頑張ったね』
『我慢してたんだね』
『大変だったね』

たくさん質問して、過去のじぶんに優しく声をかけて、その時の感情を看取ってあげる。

今を変えれば未来が変わると思ってたけど、
過去を変えないと未来が変わらなかった。

そして、今この瞬間にわくわくすることで結構人生楽になる。

ちょっとしたことで全然よくって、
好きな色のネイルにするとか♡
好きな入浴剤で癒されるとか♡
好きな音楽流してみるとか♡
夜更かしもお昼寝も…♡

ご機嫌でいるとじぶんが楽なんです。


悩みがなかなか消えない時は、その感情を手放したくないと思ってることもある。

わたしの場合は暇なだけっていう落ちもあったので、寝ましょうか♡!!

おやすみなさい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
ワークライフスタイリストとして女性向けに生き方・考え方を提案中♡ご自愛マインドで豊かになるメソッドを可愛く楽しくお伝えします🧚🏻‍♀️💫
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。