私たちが行動できない理由。

昔、読んだ脳科学の本で言ってたのが「人間を人間たらしめているものは理性であり、何か気に食わないことがあっても我慢するという行為が出来るので人間はすごいのだ」という事を言ってた。ワニなんかは理性が無いので、いきなり本能のまま噛みついてくる。

しかし、行動が出来ない理由は「理性があるから」とも言える。

みんな、周りの目が気になり、周りからどう思われるか。と言う思いが強い為、ルールを守り結果、なにも出来なくなってしまった。いわゆる本能より理性が強く働いてしまっている。

集団の中でルールを守らないとのけ者にされてしまう。

おかしな奴なんてレッテルが張られてしまったら村八分にされて、生きてはゆけない。だから周りの目を気にする様になり、余計なことは言わなくなった。

人の嫌がる事や迷惑のかかる事はやるべきじゃない。しかし周りを気にしてやりたい事が出来ないのは、自分を犠牲にしてしまっているように思う。

例えば、恋人に告白する事は本心ではその人の事が好きで告白したいのだけれど、理性で考えると失敗する事が怖くなり、言えなくなってしまっている。

大衆の前でスピーチする事に慣れてない人にとっては、自分が無能だと周りにばれてしまうのが怖くて、話す事にストップがかかってしまう。

世の中のルールなんて人間が作ったもの。

正解、不正解なんてほんとは無い。決断して行動した事に対し、恥と思う必要は本当はない。。。

だから、もっと恥をかく必要がある。

なぜなら恥ずかしいと思う事は食わず嫌いみたいなもので、やった事が無いだけで、慣れてないだけの事なのだから。。

恥とは行動しない人間の言い訳でしかない。

行動出来ている人間にとって、もはや、その事は恥と言わないのだと思う。

何か物事に失敗しても何度も繰り返したりチャレンジを続ければ、いつかは成功する。スピーチで頭が真っ白になって、言葉が出てこなくなっても、続けていればうまくなってゆく。恥ずかしいと思う事も繰り返しやってゆけばそう思わなくなる。

つまりは、恥ずかしいと自分の殻に閉じこもってる内は、何も変わらない。

周りの言いなりで生きるのではなく、人それぞれ、本当は生きたいように生きてよいのだと思う。そのためには恥を克服しなければいけない。。。

#エッセイ #コラム #日記




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!!
21
37歳独身サラリーマンです。自己啓発書を学生時代から読み続け早20年。