見出し画像

7つの習慣 第3の習慣「重要事項を優先する」

画像1

第3の習慣の結論は
『自己投資をしなさい。』

その上で本章では、
実際に何をすれば良いのか?
スケジュール管理は?
そう言ったものを教えてくれる。
(コロナの影響でスケジュールに
余裕があるからこそ読んでもらいたい!!)

画像3

ずばり何をすべきなのかは、
2つ質問に答えていただけるとわかる。
1.もし、常日頃から行なっていればあなたの
 私生活の質を上げる活動は??
2.同じく仕事/結果を上げる活動は?


おそらくゆっくり考えてみると
ほとんどの人が運動だったり、
資格の勉強だったり、計画を建てる。といった
自分自身やった方が良いのはわかっているけど、実際やれていないことが多いと思う。

画像2

その上で日々の活動は4つの項目に
分けることができる。

①事故や災害。締め切りのある仕事や
切羽詰まった問題といった
『重要で緊急性が高いモノ』
②健康維持や勉強/自己啓発とった
『緊急性はないが重要なモノ』
③多くの電話やライン。雑事といった
『緊急性が高いが重要でないモノ』
④暇つぶし、だらだら過ごす時間、
 待ち時間といった
『緊急性もなければ重要性でもないモノ』
の以上4つ。

一日。いや1週間を振り返って
実際どれくらいの時間
どの数字のコトをしてきたか。

特にコロナで制限されていて、
自由な時間が多い今
普段より④の時間を過ごすことが多いのでは
ないだろうか??

もちろん人との交流や趣味でゲームや
テレビをする時間があっても良い。
でもおそらくやりすぎると自分自身でも
『本当はダメなのに』 『暇だな』と
思っているはず。

だからこそ、じゃあその生活を脱却する活動
はなんなのか?はすぐにわかるはずだ。

(もしわからない!っていう方がいれば
平沼も一緒に考えるのでご連絡を。)

画像4


さて、やるべきことが見つかったら
次にやるべきことは
スケジュールの管理。

人は長期目標や短期目標は設定しやすいが
その間の中期目標の設定は苦手。

よし5キロ痩せるぞ!といった『長期目標』
のために毎日走る!といった『短期目標』

しかし、どれくらいのペースで体重を落として、
いつ休みと息抜きを入れて、といった
中期目標は怠りがちだ。


そのためにもスケジュールを作成するときは
1日ではなく、1週間で組み立てる。

仕事で使う時間と
自分の生活/仕事の質を上げるための②の活動
家族関係や恋人、友人との時間
③、④の活動

それらに優先順位をつけて予定を立てる。
(これもお手伝いが必要であればご連絡を)

そういったように1週間で目標を立てることが
できれば次は1ヶ月のスケジュールを
作ってみる。

そうすると長期目標と短期目標の間で中期目標がつなぎ役となって望んだ結果が得られやすい。

画像5


そして最後にワンポイントアドバイス。
ある仕事があって、その人にしかできない
仕事もあれば他に任せれること仕事もある。

自分がやれば早く正確に終わるかもいれないが
他の人に任せられる仕事があるのであれば任せてみる。

そうすることによって、自分は新しい仕事が
できる上お願いした仕事の成果も得られる。

その際に注意しなければいけないのは、
一方的に『やれ!』という
のは反感を買ってしまうので、相手が
了承してくれるには?を考えた上で交渉する。


第3章をまとめて思ったことは、
サッカーの本田圭佑がよく言っている
『成功に捉われるな。成長に捉われろ』という
言葉にもあるとおり
結局自分が、生活/仕事の質を上げるために
必要だと思うことは目先のことよりも、
長期的な成長なんだなと改めて知った。

異常事態の今だからこそ、
②の活動を大切にしていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
柔道家
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。