ワークショップB ショートムービーをつくろう
見出し画像

ワークショップB ショートムービーをつくろう

Film Educator 山﨑達璽 | YAMAZAKI Tatsuji

この授業の目的

映画制作の基本であるシナリオの「カット割り」の技術を体系立てて説明し、プロならではの実践を交えてファシリテートすることで、子どもたちの創造性を刺激し、伝わるチカラを向上させる。

この授業の目標

実践を通じて以下を理解し、カット割りができるようになる。
①複数のカットから一つのシーンができている
②カメラの位置が変わることで、視点が変化する
③フレームサイズが変わることで、印象に強弱がつく

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

授業の流れ:1コマ目 インプット

1コマ目は、実演を見てカット割りを理解することをめざす。

1.1シーン1カットで撮影 (10分)

画像1

このシナリオをもとに、生徒(児童)の前で、途中で止めることなく1シーン1カットで撮影をしてみる。
出演するのは生徒、カメラマンは先生、監督を山﨑が担当。

2.カットを割って撮影(20分)

画像2

「カット割り」が書かれたシナリオを見せ、その違いに気づかせてから、カット毎に撮影をしてみる。
引き続き、出演するのは生徒、カメラマンは先生、監督を山﨑が担当。
その場で先生が編集をする。

3.2つの映像の比較(10分)

2つの映像を上映して、その違いについてディスカッションをする。

4.解説(5分)

以下を解説して、インプットする。
①複数のカットから一つのシーンができていること
②カメラの位置が変わることで、視点が変化すること
③フレームサイズが変わることで、印象に強弱がつくこと

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

授業の流れ:2コマ目 ワーク~上映、振り返り

2コマ目は、1コマ目を例題としてなぞって、生徒自身で撮影・編集まですべて行う。
このとき、山﨑は、各グループの進行状況に応じて、演技の引き出し方やカメラの配置、編集のコツなど、監督の視点で生徒たちにアドバイスをする。

画像4

画像5

このワークショップは2コマで完結するが、授業時間の確保が可能なら、シナリオをアレンジしたり、この続きを創作したりして、撮影・編集し、学びを深めるのもよい。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

このワークショップは、横浜市立緑園西小学校、探究学舎、OZ Fieldでの実践をもとにしています。

☆緑園西小の実践
https://note.com/yamazakitatsuji/n/nc0679682bb10




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Film Educator 山﨑達璽 | YAMAZAKI Tatsuji
映画監督。 1974年名古屋市出身。日本大学藝術学部映画学科監督コース卒。芸術学修士。 20年以上の映像クリエイターと映像専門学校での講師経験、そしてアクティブ・ラーニングとの出会いから、現在、Film Education(映像教育)の実践方法を発信中。