山崎文栄堂
【研修の気づき】どうせ無理と思うことも仲間とならきっと出来る
見出し画像

【研修の気づき】どうせ無理と思うことも仲間とならきっと出来る

山崎文栄堂

こんにちは、入社8年目の幾田かおりです。

2月中旬、社長の山崎・専務の若狹をはじめ、わたしを含む5名の幹部でワールドユーアカデミーの合宿研修に参加させていただきました。今回は研修の気づきをnoteに書かせていただきます。

今回の合宿のフィールドは白銀の八ヶ岳。
自分と向き合い、会社の未来を語り合う内省内観の合宿研修です。

わたしにとっては人生で初めての内省内観。
どんなことが起きるのかな?というわくわくした思いで参加をさせていただきました。

すべてのことに意味があると思えた

研修ではメンターを含む仲間との対話を通して自分と向き合い、時には認めたくないと思うような信念に気づくことがあります。

その反面、ネガティブな信念には目を向けるのは怖いけど、対話して、感謝のエネルギーを注いであげることでその見え方、捉え方が変わることにも気づくことができました。出来なかったことも、わからなかったことも、すべてに意味があったんだと思うことができたのです。

なにより会社の仲間に自分の至らなさを正直に話すことができたことと、ともに会社の未来を語り合えたことは、本当に有難いことでした。

画像2

安心安全の中で自分と向き合う

普段お仕事をしている中で、心の奥底では成し遂げたいと思っているのに何かが制限となって出来ないことや、いつも同じパターンで止まってしまっていることって、ありませんか?

そんな、傍から見たらネガティブだし、ほとんどの場合は「なんで出来ないの?」で片付けられてしまうことに対して安心安全の中で向き合い、仲間にも至らなさをさらけ出し、その上で捉え方を変えることができること。こんな教育を受けられることって、奇跡だと思います。

この体験をさせて頂いたワールドユーアカデミーのメンターの皆さん、八ヶ岳という素晴らしいフィールド、そして教育として参加をさせてくださった社長の山崎さんと山崎文栄堂の仲間に心から感謝しています。

どうせ無理と思うことも仲間とならきっと出来る

今回、自分と向き合い、仲間と一緒に未来を語り合った時間は、何にも代え難い感謝の時間でした。そして、いまわたしがやるべきことは、この感謝の気持ちを行動に変え、自分と会社のステージを上げていくことだと強く感じています。

できることは精一杯、どうせ無理と思うことも仲間とならきっと出来る。

自分だけとか、山崎文栄堂だけとか、今が良ければいいやではなくて、仲間のため、あらゆる中小企業のため、日本の未来のために。これからも大好きな仲間とともに、挑戦を続けていきます。

画像1

ここまで読んでいただきありがとうございました。

山崎文栄堂では、ともに挑戦する仲間を募集しています。
働きながら学び、冒険を楽しみ、仕事にも人生にもわくわくしたい!世の中の役に立っていくため、新しいことにチャレンジし続けたい方は、ぜひお問い合わせください。インターンも募集しています。
採用に関するお問い合わせはコチラ

この記事が参加している募集

振り返りnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山崎文栄堂
渋谷の町の文具店として創業し、2020年おかげさまで100周年。中小企業から日本を元気に!ビジョン採用活動中。 山崎文栄堂社員が大事にしている考え方、日常の仕事内容等、日々発信していきます。【YouTube】https://bit.ly/3qZnJ5n