80年代のジュリーはお好き?
見出し画像

80年代のジュリーはお好き?

山野楽器

私がジュリーを好きになったのは、いつの頃からだろう。気づいたらそのジュリーの歌声、存在感に魅了されていた。私が個人的にファンで、そんな思いからフロアにある既存のジュリー・コーナーを拡大した。それから、ありがたい事にたくさんのジュリー・ファンのお客さまにご来店していただける      ようになった。

みなさん、明るくお優しい方ばかりで、お話していて本当に楽しい。私も、ものすごく詳しいという訳ではないが、暖かいお気持ちで話を聴いていただけるのがとても嬉しい。そのお客さまからも、お話のなかで

『そうよ。だってジュリーだもん!私達は信じてついていくだけよ!』

という言葉を実際に私は聞いた。ファンの方たちにそこまで言わせてしまうアーティスト力というのは半端ではない。何があっても信じている。信じきる。というファンの方の気持ちが私にもありありと伝わってきた。本当にスゴイ!!そんな稀有なアーティスト・ジュリーを好きでいられたのは、とても幸福なことかもしれない。

私がジュリーの存在を知ったのはいつ頃だろか?たぶん1991年位だろうと記憶している。ジュリーのベストアルバム
『ROYAL STRAIGHT FLUSH[3] 』

画像1

母親のCDラックから、よく持っていって勝手に聴いていた思い出がある。
その影響からか、私が好きなジュリーの曲は80年代の曲が多い。今回は、この時期のジュリーの名曲。というか私が好きな歌を3曲だけ紹介させていただきたい。

1曲目は「静かなまぼろし」アルバム『彼は眠れない』より。

画像4

なんでしょうか。もうこの大人の恋の情景。
素敵すぎません?遠い過去の若すぎた二人がすれ違い、時を経て視線を交わす様子が目に浮かぶ。いつ聴いてもジーンとくる名バラード。この時のジュリーしか出せない色気がある。

2曲目は「灰とダイヤモンド」

画像2

アルバム『架空のオペラ』に収録されているが、この『Royal Straight Flush 1980-1996』にも「灰とダイヤモンド.」が収録されている。(麗しきAMAPOLAのジュリーが描きたかっただけ!)

堕落。耽美。退廃。過去も未来も捨て、ただ今だけを愛し合おう。
そこには恋愛の駆け引きなどいらない。ただあなたを、あなたのすべて許してあげよう。というジュリーにウットリ。

ラスト3曲目は「十年ロマンス」アルバム『ゴールデン☆ベスト ザ・タイガース』より

画像3

すいません!こちらはタイガースの楽曲ですが・・・
夜の海岸。遠い恋に思いを馳せる二人。お互いを傷つけ合い愛を誓った日々。十年、そして永遠に美しくいて欲しい。そんな想いが伝わってくる ロマンティックな一曲。

まだまだジュリーの魅力は尽きませんが、今回はこのへんで!

ジュリーの最新DVD『沢田研二 TBS PREMIUM COLLECTION』
発売中
です!

https://www.yamano-music.co.jp/online/products/detail.php?product_id=3281516

(町井 達)

※掲載商品には店舗・オンラインショップに在庫がないものが含まれます。


ありがとうございます♪
山野楽器
Be Happy with Music. 山野楽器の公式アカウントです。 「ひとりでも多くの方に、音楽の楽しさ、魅力を感じていただきたい」「音楽により、お客さまの人生を豊かにするお手伝いをしたい」…山野楽器のさまざまなスタッフが語りきれないその想いをnote につづります。