見出し画像

なぜコーチングによって成長が加速されるのか。

コーチングとティーチングってどう違うの?

やまなみコーチング学園の塾名にも使われている「コーチング」。

スポーツのコーチなどで何となく聞いたことあるけど、どういう意味なの?

そんな疑問にお答えします!(共通する部分もあるかと思いますが、敢えて切り分けて考えます)

ポイントは、「コミュニケーションの主体」と、「扱いたいテーマ」の2つです。

まず、コミュニケーションの主体について。

基本的にティーチャー側からしたら、教える内容は決まっている訳で

「教えるべき内容を、教える」

というように

【ティーチャー】→【生徒】

といったように、先生発信のコミュニケーションとなります。

また、先生が教えたい内容を発信するので、コミュニケーションの主体は先生になり

生徒からしたら、一方的な押し付けになってしまうこともあります。

先生ありきのコミュニケーションとも言えるでしょう。

一方コーチングでは、どんな時でも「相手」ありきです。

相手から想いを引き出し、相手に選択してもらいます。

そして、相手に行動を起こしてもらい、相手に行動から学び、成長してもらいます。

常に、【コーチ】←【生徒】

といった矢印のコミュニケーションになり、ティーチングとは真逆のコミュニケーションになります。

だからこそ、生徒からしたら自分の想いを大切に扱ってもらえ、自主的に行動を選択することもできる。

自分で決めたことだから、責任を持って取り組むことができ、更にモチベーションが上がる。というサイクルになります。

画像1

次に、扱いたいテーマに関して。

数学の因数分解がわからない。

などの、そもそも生徒の中に答えがない場合は、ティーチングが機能します。答えを教えてあげられるからです。

このように、問題解決の方法が相手にわかっていない場合はティーチングが重要になります。

しかし、モチベーション(やる気)の源泉、

例えば「こんな風になりたい」「こんなことを大事にしたい」ということは、

誰かから教えられることでしょうか?

仮に誰かから、「これが向いているから、これになりなさい」

と言われたとして、手放しに納得できるでしょうか。

うまくいく場合もあるかもしれませんが、反発したくもなります。

なぜなら、このようなモチベーションの源泉は、自分の中に答えがあるからです。

つまり、それは教えることのできないことなのです。

だからコーチングは、「全ての答えは相手の中にある」という前提でそれを引き出していくのです。

だからこそ、その人にしかない答えを見つけられるため、やる気が醸成されるのです。

画像2

また、「これが向いているから、これになりなさい」のように、

周りに自分の人生の決定権を委ね、自分で決定できないことは、

幸福感の低下を招くという研究もあります。

当塾のビジョンの一つである「仲間と共に、楽しく輝きながら挑戦し、成長すること」

を達成するためにも、自分で選択できている、という感覚は非常に重要なのです。

いかがだったでしょうか。

常に相手ありきのコミュニケーションを実施し、相手の中から答えを探し出すコーチング。

まさに変化の激しい現代を生き抜くために、必要な考え方ではないでしょうか。

そんなコーチングが無料で体験できるキャンペーンを実施中!

詳細は24時間いつでもLINEからお問い合わせください!

個別学習塾やまなみコーチング学園 南宮崎校

LINE:https://lin.ee/4quxwv3R6
電話: 0985-72-4105
メール: yamanami.coaching.gakuen@gmail.com
住所: 宮崎市大淀4丁目11−2オクノビル304
HP : https://meirinkan-ac.com/yamanami/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
宮崎市大淀にある個別学習塾。 ただ、受験という山を登って下りて終わりではなく、人生という山並を、どんな時でも楽しく輝きながら挑戦し、成長し続けられるような人を育てる HP : https://meirinkan-ac.com/yamanami/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。