もう一度読みたいnote

302

相手の地図を想像する | ステークホルダーの多いプロダクトで心がけていること。

スマートキャンプ デザインブログ デザイナーの髙松夢です。
本記事はスマートキャンプ Advent Calendar 2019 12日目の記事です。

スマートキャンプはBOXILというSaaS比較プラットフォームを運営しており、プロダクト誕生から5年弱が経過しています。

一番古いプロダクトであるBOXILには、プロダクトチームの他に営業、マーケ、メディアなど多くの部署が携わっており、ステークホ

もっとみる
ありがとう!
17

表現を極めたいデザイナーには、成長のジレンマがあると気づいた件。

こんにちは、グランドデザイン・西克徳です。
今日はデザイナーには成長のジレンマってあるなと前から思っていて、
それについてまとめてみると、いろんな意見を貰えるかもと思って書き始めることにします。

さて、みなさんにとって良い、あるいは凄いデザイナーってどんな人でしょうか?
あなたが感動したものの作者が目の前にいたら、凄いなぁと思うだろうし、
見たことのないすごいものを作る人、っていうのも凄いし、あ

もっとみる
ありがとうございます!うれしい。
43

シンプルとミニマル。ローソンと良品計画。

2020年春、ローソンがプライベートブランドのパッケージデザインを一新しましたが、ユニバーサルデザインの観点が抜けているとして批判が多く集まりました。

私も駅前のローソンに通っているので顧客のひとりですが、たしかに冷凍食品などは如実に分別がつきにくいと感じます。

見た目から察しやすいように「無印良品を目指したのでは?」と囁かれていましたが、先程ローソンがその無印良品を展開する良品計画と提携した

もっとみる
僕もスキだよ
365

「聞いたことをすぐに描かない」 グラレコに学ぶ、人の話を聞くコツ

こんにちは、くぼみ(@kubomi____)です。デザインやビジュアルシンキングをやっています。「グラレコのヒミツ」では、グラフィックレコーディングの実践で気づいた学びを紹介しています。

グラフィックレコーディングを実際にやってみると、議論に追いつけなくなることが少なくありません。そこで、私なりにたどり着いた、話の聞き方をご紹介します。会議のファシリテーションやコーチングなど、グラフィックレコー

もっとみる
ありがとうございます!よければTwitterもフォローお願いします!
91

色覚異常のひとは本当に「ただしい色」が見たいのか?

先日、「モノシリーのとっておき」というテレビ番組でいわゆる「【感動】色覚補正メガネで初めて色を見た人の反応」系の動画を取り上げていたそうです。

このメガネの件についての自分の考えは以前記事にした通りですので、よろしければそちらをご覧ください。

その番組の内容次第によっては抗議を送ろうとしたのですが、機を逃してしまい内容を確認できていません。

それはそうと、
あの手の動画に対して、私はずっと違

もっとみる
ありがたいなぁ。シェアもしていただけませんか?ありがいなぁ。
44

色覚異常でもデザイナーになる 1

私は少数色覚(2型色覚異常:緑色が弱い)のプロダクトデザイナーです。電化製品の製品デザインをメインの仕事にしてます。もうデザイナー歴としては10年を越えています。

あまり言わないようにしていますが、私がだれかに「自分はデザイナーだけど少数色覚です」と話しをすると、たまにこんなことを言われます。

「それはあなたが持って生まれた個性なんだよ!
 あのゴッホも色盲だったらしいし、
 それは一つの才能

もっとみる
もう一声! できればシェアも お願いしたい!
75

07 実践!図解づくりの基本手順 #図解のつくりかた

図解づくりの基本手順は、3ステップ
「①内容理解(15字要約)→②図解→③見やすくする(美しい見た目にととのえる)」
です。

いきなり「③」を作ることを考えがちですが、重要なのは「①」と「②」です。

各ステップごとに、例を用いて説明します。

ステップ①内容理解

わかっていないことは、図解できません。まず自分が、図解する内容を理解することが大前提です。

何を伝えるかを明確にするために、「メ

もっとみる
スキありがとう!
7

グラレコ読書のススメ: 読む+描く+書く

2019年、何に関心があったか自分のnoteの記事を振り返ってみると、おおきく5つに分類できました。いくつかはtwitterなどで取り上げていただき多くの人に見てもらった記事もあり、ありがたいことです。

前半では今年の振り返りをして、後半ではグラレコ読書の効能と実践のためのポイントをご紹介します。

関心1. デザイン思考への批判(否定ではなく)

・デザイン思考を反対側から見て気づいたこと:突

もっとみる
もし気に入ったら、広めていただけるとうれしいです。
48

ノンインプット思考のススメ

インプットしないというスタイルについて

本を読んだり、カンファレンス行ったり、会食したり、ネット見まくったり、これらのインプット(情報や知識を外部リソースから取り込む行為)は超大事と言われます。
上記情報リソースへのアクセスはすぐに出来るようなりました。書籍はAmazonで無限にポチれる、会いたい知識人には割と会える、ネットは広大だ。
一方でこれらのインプットに人生が押し潰されていることがありま

もっとみる