もう一度読みたいnote

324

noteで発信を楽しむために大切なこと

この記事では、noteでの発信を楽しむために大切にしてほしいことをお話しします。

とくに、これからの人生で長くインターネットとつきあうことになる若い世代のみなさんに読んでほしい内容です。

noteはもちろん、インターネットでの発信についてひろく考えたので、迷うことがある大人のみなさんも役立ててください。

はじめに

インターネットの世界は、あらゆるひとが利用し、予想もしないことが起き、目まぐ

もっとみる
オフィスにはnoteから生まれた作品がたくさん並んでいます。
331

マイナースポーツの”メジャー化”とは何か?~ソフトテニス界への3つの提言~

福田ダイスケです。

職業柄、マイナースポーツの”普及”や”メジャー化”といったワードをよく耳にします。それらについて「モヤモヤ」していたので、思考の整理として #note にまとめてみることにしました。

(モヤモヤの要因)
・スポーツの「普及」や「メジャー化」って何?
・単にテレビに映ること?
・プロリーグができること?
・人口が増えること?

曖昧すぎないか??(モヤモヤ・・)

モヤモヤ

もっとみる
ありがとうございます!
89

一週間意識的に親切な行動をしてみてわかった3つのこと

ご飯を作ったり、公園に連れて行ったり、なんとなく自分の役割とされていることだと、親切というよりも日課になる。

日課をやると、貢献はしているはずだが、親切をした感じがしない。

しかし、同じ日課としての行動でも、自分が貢献したように感じられることがあった。

この貢献したように感じられるかどうかが、親切な行動をするために重要だとわかってきた。

一週間、親切を意識的にやってみて、貢献感を感じるため

もっとみる
嬉しさが溢れております
30

果たしてnoteで食えんのか問題。

創作を志す者ならnoteで書くことで、食うことを目指すのは自然なことだと思うんだドグ。(*´ω`*)

でも、「食う」って具体的に月収いくら必要かって言ったら、
最低でも月15万円は必要だと思うんだドグ。

ドグ子はnoteを始めて今年の4月8日でちょうど2年になるんだドグけど、最初のうち「年間viewを100万にすること」を目指して始めたんだドグね。(*´Д`)

それで、100万viewを取る

もっとみる
世の土偶を代表してお礼申し上げます! ありがとうドグ~!
171

個の話を普遍的なテーマへ開くにはどうしたらいいのか?【エッセイ】

『開かれた文章はどうしたら書けるか』

これははつかさんから頂いた文章相談の言葉で、収録時にどの意味合いでこの言葉が使われたかはっきりせず明確に答えられずにいたものだ。しかし、番組公開後、はつかさんご本人よりしっかりと明言化されましたので、この場でお答えしたいと思う。

個を語りながら一般化する文章?というか、自分のことを書きながら読者を引き込むためには、という意図で『開く』と表現したんだと思いま

もっとみる
踊るほど嬉しいです
180

どのくらい『売れたい』と思っているか

各所で人を見境なく沼に引きずり込んでいる『King Gnu(キング・ヌー)』が情熱大陸で、こんなセリフを言っていた。

『日本では「こういうものが売れる」っていうのが間違いなくある。だから魂を売るのではなく、自分との共通項を探す作業をした。』

そしてバンドのコンセプトとして、「J-POPをやる」ということも語っている。つまりこれは、「広く売れるバンドを目指す」ということだ、と私は解釈している。

もっとみる
カメは種類によってはお尻で呼吸できるそうです。
126

「参加費:note」をはじめた理由

最近、cotreeのイベントで「参加費:note」という取り組みをしています。イベントに来てもらう人に申し込み時点から「感想noteを書いてくださいね」ということをお願いする内容です。

「こんなことを言い出して許されるのは、cotreeとピースオブケイクさんぐらいなのでは」と勝手に思っておりますが、改めて「参加費:note」をはじめた理由とやってみてよかったことをまとめてみます。

はじめた理由

もっとみる
人の物語を支えたいとずっと思っています。
84

【サポートの金額に迷ったら!テンションで考える4つの選択肢】

みなさん、noteのサポート機能は使っていますか?
私も時々使うのですが、いつも悩むのはその金額。
「少ない金額でサポートを贈ったら逆に相手をがっかりさせるのでは?」と躊躇することがよくありました。

けれどつい先日、とある方からメッセージを受け取り考え方が変わりました。だからそれを共有できればと思いまして、今日はサポート機能について書きますね。

サポートを貰ったタイミング

・有料記事の購入

もっとみる
喜びに舞っています!
160

noteの課金機能は、お金を簡単に稼ぎたい人のためのものではなくて、ファンがいるのに食えなかった人のために生まれたという歴史

昨日、私がnoteについて、加藤さん、深津さん、最所さんと対談した記事が公開されましたが。
この記事の後半で、軽く触れている私のnoteに対する「誤解」について、この機会に詳しく書いておきたいと思います。

私がnoteについて誤解していたのは、大きく2点あります。

■1. noteは課金システムで儲けるためのプラットフォーム?
■2. noteは特別な「クリエイター」のためのプラットフォーム?

もっとみる
わざわざ、すいません(汗)
313

好きなものに触れている時間はとても、やさしかったから

週末にかけて、自分の時間を少し多めにとっていた。

noteを読む時間を減らし、SNSを眺める時間も減らし。仕事で外出する都合もあったから、比較的ぼんやりする時間が増えた。

私にとっての「ぼんやり」は、自分だけの好きなものに、その考えに触れること。それをなんとなく思い出して、安堵していた。

金曜日は、note仲間の仲さんと吉玉さんにお会いした。前々から約束していた訳ではなく、仲さんが東京出張に

もっとみる
うれしいです
45