見出し画像

【hint.504】この手があったか

昨日のお昼前、飲み物が手元に欲しくなった僕は、今しがた出発したばかりの電車をちょっとした悔しさまじりで見送った後、「あ、じゃあ次の電車を待つ間に飲み物買っちゃおう」とコンビニへと向かった。

「ん〜、今は甘みは欲しくないなぁ」

「でも水だとちょっと味気ないなぁ」

「かといって、お茶だとなんとなく面白くないし、味つよい気がするなぁ」

などと、飲み物の商品棚を前に約30秒ほど。



あっ⁉︎ と目に入ったのがこちら。

なるほど、こういう時にこれがちょうどいいわけだ。

考えてみたら、コーヒーにも水で薄めた「アメリカンコーヒー」なるものがあるではないか。

これは言ってみれば、その緑茶バージョン。

前にも一度、発売してすぐに飲んだことはあったけど、その時の感想としては「……どういう気持ちで飲んだらいいの??笑」だった。

だからもちろん、その後は一度も買ってまでは飲んでいなかった。


「今だったら楽しめる気がする」

そう感じ、なんだか新しい楽しみ・選択肢がこの世界に増えた気がして明るい気分になった。

今までも存在していたけれど、その瞬間に、本当に自分ごととして認識できたような感覚になった。その選択肢を。

味はね、細かいことを言えば、その時の僕にとってはもちろん100点満点ではなかったけれども、「水」や「お茶」を飲むよりもしっくりきたであろうことは分かる。

「なるほど〜、この手があったか」

いろんなものを、知識としてだけではなく体験として味わっておくことはやっぱり大事。

「いまの自分にしっくりくるものを選べる」

それは「本当に大切なものを大切にする」ための重要なピースのひとつであるし、これまでにどれだけ多様な体験をしてきたかにもかかっているなぁ、とあらためて気づいたというお話でした。

そして今回は、環境(外側)を自分自身(内側)に合わせるというベクトルの方法についてでしたね。

とてもいい気づきをもらえた昨日なのでした〜。

今日のあなたにも、「いまの自分にしっくりくるものを選べる」瞬間がたくさんありますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでくださりありがとうございます(^-^)
「せっかくだったら、なるべく楽しい時間を過ごしたい」。ネガティブなきもち、ポジティブなきもち、そのどちらでもないよって感覚、いまその瞬間の自分の状態を味わいつつ、必要なら「いまこの瞬間を楽しむには?」へと切り替える。そんな毎日のお供、「勝手に元気になるヒント」を更新しています。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。