見出し画像

キャットフード ジプシー

我が家の虎毛が定番にしていたカリカリに飽きてきたらしく、もっぱらキャットフードジプシーをしております。ハチワレは何でも食べてくれるのに……(でもホタテは苦手らしい)

そんな悩ましい猫ですが。
猫の味覚は人間ほど発達しておりません。味蕾が人間よりも少なく、人間の十分の一の味覚と言われています。
とくに甘味は遺伝子的に感じないという研究発表(リンク先参照)もあるほどです。
逆に苦味には比較的敏感で、これは野性時代に毒性のある動植物を避けるために必要な要素だったと言われています。
そんな猫が餌を選り好みするのは匂い。強い匂いに惹かれます。
そして猫にとって美味しそうな匂いは人間にとっても美味しそうな匂いとは言えず……はっきり言えば臭い。でも猫はその匂いが美味しそうな匂いのようで……種が変わればなんとやらなんでしょう。

で、だ。今まで買ったことがないキャットフードを買ってみました。

どん!

配色もさることながら眼力が凄まじい。

自分が喰われそうな気分になります。

このキャットフードは、ソリッドゴールド カッツフラッケンという商品です。
アメリカのソリッドゴールド社が出している舶来品です(日本で買えます)
他にもインディゴムーンフィットアズアフィドルなど、RPGなら中ボスかエリアボスにいそうな名前のキャットフードがあります。
ドッグフードがメインの企業ですがキャットフードも数種類出しています。

この会社のキャットフードは。
・無着色、人工添加物無し
・肉副産物不使用
・酸化防止剤無し
・高品質な蛋白質、カリウム、アミノ酸配合
などなどから買ってみました。
俗にいうプレミアムキャットフードの部類になるでしょう。
お値段的にも人間よりいいご飯です。我が家のエンゲル係数が上がります。

三種類のキャットフードのうちインディゴムーンは穀類を使用していないのですがカッツフラッケンは穀類も使用されています。
猫は犬のように雑食動物ではなく肉食動物なので穀類はなくてもよいのですが、ハチワレが野菜や穀類に興味をもつので(なんでや……)利用されているカッツフラッケンをチョイスしました。
ちなみにフィットアズアフィドルは成猫・肥満猫用になります。

粒は小粒です。
虎毛は成猫になってから我が家に来ており、幼猫時代は良い環境とは言えない場所で育ったので歯並びが悪く顎も小さいので、小粒なのもありがたいです。

一円玉と比較。

そして気になる匂いですが……。

不思議な匂いでした。個人的にはあまり嗅いだことのない独特な匂いでした。
ロイヤルカナンともアニモンダとも違う。ラムかチキンミールあたりが混ざった匂いなのかわかりかねますが、とりあえず臭いです(※個人の感想です)

肝心なチビ達の食いつきはまずまずでした。
虎毛もしっかり皿を空にしてくれました。
これでしばらくジプシーをせずに定着できるといいなぁと思ってます。

……エンゲル係数は高いままになりますけど。

ソリッドゴールド カッツフラッケン
ソリッドゴールド インディゴムーン
ソリッドゴールド フィットアズアフィドル

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ぽちっとされると猫の奴隷(飼い主)度がレベルアップします。

壁|・ω・) 支援してもいいのよ? ありがとうございまっす!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。