社会人1年目を終えて できたこと・できなかったこと

私は事業会社でデザイナーをしており、普段はクレジットカードの比較サイトのLPOを担当しています。

新卒入社して1年経ったので、この機会にこの1年でできたこと・できなかったことを振り返っていきたいと思います。

できたこと① チームのメンバーが仕事しやすくなるように意識する

私はこの一年を通して、デザイナー・マーケターを含めたLPOチームでサイト改善を行なってきました。

その中で、先輩に比べて知識・経験が足りないぶん、メンバーができるだけ仕事を円滑に進められるように意識して行動することはできたんじゃないかなと思います。

一つ一つは小さいことかもしれませんが、メンバーが忘れているタスクがあったらリマインドするチャットにはできるだけ早く返信するなど、チーム全体のタスクを考えて業務がスムーズに進むように心がけました。

LPOのスケジュール管理を担当していたことで、よりタスクの進捗や担当者を把握しやすかったかもしれません。

できたこと② 任せた方がいいタスクはほかの人に任せる

自分がやった方がいいなと思ったタスクや、スキルを伸ばすために挑戦するべき仕事はもちろん巻き取りますが、ほかの職種の方に任せた方がスムーズに行くようなタスクなどはどんどん任せるように意識していました。

入社したばかりの頃はなんでも自分で巻き取るべきという考えもあるかもしれませんが、それで一つ一つの業務のクオリティが下がっては元も子もないので、自分がやるべきタスクを考えて選ぶというのも大事なスキルなんじゃないかなと思っています。

できなかったこと① バランスよくスキルを伸ばす

この1年、LPO業務に注力する中で、HTML/CSSのコーディングや、サイトのユーザビリティ向上のためのユーザビリティテスト・アンケートなどを主に担当してきました。

しかし、UIデザインや分析などの、業務であまり触れることがないものの自分が伸ばしたいと思っているスキルを伸ばすための勉強が足りなさすぎたなと思います。

スキルに対して自信がないことで、いざ業務で担当できるチャンスが来ても手を挙げられないという悪循環になってしまっていたと思います。

できなかったこと② できなくても挑戦する

特に上記のスキルの話に関わるのですが、例えばデザインのスキルを向上させるためには、実際に手を動かして作ったものを見てもらうのが一番手っ取り早いのではないかなと思います。

しかし、そのような「できなくてもとりあえずやってみる」ということがこの一年なかなかできませんでした。

作ったものを先輩に見ていただける環境なので、それを活かせていなかったというのは反省点です。

まとめ

社会人1年目を終えての振り返りはこんな感じです。

2年目は後輩のデザイナーも入ってくるので、今まで以上に自分の知識の足りなさを実感することになるんだろうなと思っています。。

社会人2年目は、自分の伸ばしたいスキルを伸ばすために、もっと積極的に失敗していけるようになりたいなと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。