吉永陽一

    • ヴェネツィア急性盲腸炎回想録

      2001年3月、私はヴェネツィアで急性盲腸炎となった。はじめてのイタリア 、はじめての手術入院。毎日が驚きと事件であった。 2021年からちょうど20年前の出来事を、回想録として綴る。

【連載記事のお知らせ】
散歩の達人webにて、廃墟関連の連載をしています。
最新号はこちら

高さ170㎝の”行灯殺しのガード(高輪橋架道橋)”の今と、空から見た高輪築堤
~廃なるものを求めて 第9回~
https://san-tatsu.jp/articles/85258/

1年前

Day after-抜糸

 自宅療養となった私は、とにかく風呂に入りたかった。だが、抜糸前は禁物。家族に見せた手術部分のガーゼは、相変わらず血液が茶褐色となっていて汚らしい。一刻も早くガ…

1年前

Day 8-送迎車

 私の体は、日本の土を踏むまでとくに大きな変化はなかった。抜糸していない状態なので、いつ傷口が開くか心配であったものの、肝心の傷口は術後すぐに密封されたガーゼに…

1年前

Day8-帰国

 成田行きMD-11は安定した飛行であった。気がかりなのは先ほどのドイツ語を話す白人中年男性である。ずっと落ち着きがない。離陸前は隣に座る日本人女性に何かを頼み、拒…

1年前

Day8-JALのMD-11

 成田行きのJAL便は、間もなく搭乗開始になる。これで日本の土を踏める! 飛行機好きの兄さんが、私を車椅子で押しながら、嬉々として言う。 「帰りの飛行機はMD-11だ!…

1年前

Day8-帰国便

 ヴェネツィアの空港での出国手続きは、ごっそりと記憶がない。医師から歩かぬようにと言われたので、車椅子で移動したと思うのだが、いまいち思い出せない。まぁいい。 …

1年前