401 一〇〇〇曲の録音を終えて

 私には、退職後に取り組んだ事柄の中で信じてもらえない事が三つあります。

 1 自著が中国語に翻訳され、中国で販売されていること。
 2 毎日の一万歩ウォークが連続して五〇〇日以上続いていること。
 3 カラオケを一〇〇〇曲、自分の声でミキシング録音したこと。

 一つ目については、私自身が信じられない想いに満たされました。自費出版した「四季の高野山町石道」をインターネット配信していたものが中国の大学教授の目に留まり、翻訳され、出版されたという経緯があります。非常に光栄なことと受け止めています。
 二つ目は、脳梗塞のリハビリとして始めた一万歩ウォークが、現時点で、連続五〇〇日以上続いており、目下一〇〇〇日を目指して頑張っている状況です。この経験を「お家万歩のすすめ」としてまとめ上げ、ネットに乗せました。多くの人に役立ててもらえれば嬉しく思います。
 そして三つ目は、趣味のカラオケを録音したものが先日で一〇〇〇曲に達しました。我ながらよく頑張れたと自負しています。
 時代の流れには目を見張るものがあります。昔懐かしい曲の原曲やカラオケがYOU TUBEに配信されており、居ながらにして検索、取り出しが容易で、自宅で再生・録音が可能となりました。
 それに、録音した一〇〇〇曲が8メガのSDカード一枚に収まり、まだ余裕があるのですから驚きです。これらを利用することで暇を持て余すこともなく、定年後の生活を豊かなものにしてくれています。
 一〇〇〇曲にダブりがないように、歌の本を利用して五十音順に録音してきましたが、一〇〇〇曲に達した段階で、質を向上させたり、好きな歌を特集したり、歌手別に分類するなどして楽しんでいます。また、室内歩きや家事作業の応援歌ともなって私を力づけてくれるという側面もありました。
 一〇〇〇曲集まると工夫次第で色んな切り口の活用法が生まれ、時に応じて自分が自分を楽しませてくれるなんて思わぬ効果でした。
 赤ちゃんが母親の心音を感じ取るように、自分の声が自分の気持ちを落ち着かせてくれます。たとえ下手でも、五木ひろしや井上陽水より、自分という好みの歌手が一〇〇〇曲の歌に乗せて生活に溶け込むのですから不思議な気がしています。
 これまでは、一〇〇〇曲にこだわって録音してきましたが、これからは一曲、一曲を味わいながら積み重ねたいと思います。
 一万歩ウォークもカラオケ録音も、元はと言えばリハビリを目的としてスタートしたことですが、これらは身体だけではなく精神的な支えにもなってくれるとは予想外でした。
 世の中のことは、単独で存在しているのではなく、それぞれが関連しながら進行していくものです。その時点、その時点で心を込めて実施していけば、やがてそれらが複合され、良い循環となって自分に反映されるということが言えるのではないでしょうか。


 【気付きと対策】

 ※ 自分の部屋がカラオケボックスとなって簡単に歌を録音できるなんて、良い時代に生まれたものだと感謝しています。

 ・ 録音に際して、何度も曲を聴き、旋律を自分のものにするまで繰り返し取り組んだ曲が一曲、また一曲と増えていくことに充実感を覚えます。

・ 声が続く限り、歌を口ずさんで行きたいと思っています。そして、何事もリズミカルに取り組めたらと願っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
これまで発表した著作をまとめて見られるように作成しました。