【1万字】FXトレーダーの本物、偽物、詐欺師を見抜く方法とは【保存版】
見出し画像

【1万字】FXトレーダーの本物、偽物、詐欺師を見抜く方法とは【保存版】

いつもありがとうございます、はるのです!

このnoteでは、FX界隈のトレーダー/サロン/商材のどれが本物でどれが偽物かを見抜く方法を書いていきます。

↓↓
他の記事はこちらから!
https://note.com/y_fractal/n/n19e48cc97f1b

1、本物か、偽物か、詐欺師か。

キャプチャ

結論から、FXトレードにおける本物偽物を見抜く方法は「ほぼ存在しません。

理由としては、株は大株主が実名が出るなど、実際大きな金額を動かすことでしか証明できない手段があるので、「大金を使ってトレードしているかどうかという点」については外部からも知ることは可能。

しかし、FXはそのような手段がないため、極論、本物かは本人くらいしかわからない。だから極論、お金を奪われたなどの証拠や、偽トレードで騙している証明材料などが無い限り、誰にも偽物という判断ができないから「偽物だ!詐欺師だ!怪しい!」って言ってる人は、まず為替のことをしっかり勉強するところから始めるべきだと思います。

これだけだと寂しい記事なので、もう少し深堀します。

キャプチャ

2、FXは、あらゆる手段でごまかせる。

「デモトレードかどうか」が議論になったりするが、そもそもそれだけで判断はできない。

デモトレードを掲載しているが、裏でリアルトレードをしている。
僕も以前はこれに該当する行為の経験もあります。金額が大きくなると、税金周りで目がつけられたり、単純に私生活に危害が出るのを恐れたりするので、すべてリアルではなく、デモも混ぜたり同じようなトレードでロットを下げた画面を出したりする。つまり、デモ画面を載せている=リアルで勝っていないにはならない。とはいえ、かなり多くの商材屋やEAでデモトレード画面を出しているので、怪しいっちゃ怪しい。

リアルトレードの画面
確かにデモトレードと比較すれば、”ガチ”な可能性は高い。が、証券会社にリアル口座画面を用意してもらっている人もいるようで、リアル口座=マジ物ではない可能性もある。証券会社は、顧客の損で利益を出すので、「儲かってる/儲けられる感の演出」は大なり小なりやってるよね。銀行口座だって簡単に改ざんできますし。

ロットを隠してる/低ロットのリアル口座
複数口座を用意しておいて勝ってるだけのものを出せば、勝ってる感は出せる。そもそも有名な商材屋は既に儲けて金がある状態なので、ある程度ロット張って負けても経費でどうにでもなるので。

◆納税証明書=本物ではない
別事業の納税かもしれないし、親や親せきのものかもしれないし、巧妙な偽物かもしれないし。まぁ確かに偽トレーダーは納税は疎いし、あとから払うことになる住民税を言及しなかったりボロは出ると思うけどね。

僕もツイートやフリートに載せているけど、FXも入っているけど、他の事業も入っているし、そこから更に備品買ったりもして経費も使っているから、どのみち金額まで出したって”これがFXです”にはならないし。なので、納税証明できても=本物とは断定できないと思います。

**
と、いうようにデモだから偽物で、リアルだから納税しているから本物、とは短絡的すぎる判断だと言えます。

キャプチャ

3、「本物か偽物か詐欺師か」という考えは初心者未満です。

僕も、こいつたぶん偽物だろうなって日々思うんだけど、「本物か偽物か詐欺師か」を調べたりどこかに書き込んだり、そういう行為に及ぶ人は、まだ初心者未満であるのは間違いないです。自身が、該当するなら辛辣な物言いになりますが、絶対自覚したほうがいいです。

理由としては、FXで勝つ=為替相場で完全勝利するには【価格操作か、価格が動く情報を事前に知る以外ありえません】。どんなサロンや手法でも、傾向は掲載できても、価格そのものの推移を正確に教えることはできません。これは当たり前のことですが、初心者は理解していなかったりします。

トレーダーは、商材やサロンを探すとき「勝てるもの」を選ぶと思いますが、勝てる=前述の価格操作かインサイダーを扱う場所に限られます。価格操作はたまにニュースで出るくらいの手口ではありますが、インサイダーは為替相場ではかなり構造的に難しい気がします。そして、これらが可能なサロンや商材は「残念ながら、たぶん存在しません」。なので、繰り返しますが「勝てる商材やサロン=本物」と定義するなら、すべてが偽物でファイナルアンサーです。僕の主催する勉強会も、それであれば間違いなく偽物です。


**
あとは、よく「詐欺師撲滅!!!」みたいな勝ってる風トレーダーもいますが、こいつらもたいして勝ってないと思って問題ないでしょう。詐欺師かどうかどこでエビデンスを確認しているか逆に僕は気になります。ぶっちゃけ勝ってたら他のトレーダーなんて全く気になりませんしね。


というわけで【他のトレーダーが勝っているか証明が極めて難しく、勝てるものが価格操作かインサイダーしかない】という最も当たり前なことが分かっていない人が「これは本物、これは偽物」という発言をします。

僕の主催する勉強会も最初は悪口をよく書かれましたが、そもそも初心者未満の方の勉強不足な主観は見てるこちらも手を差し伸べたくなってしまうくらいの哀れさなので、せめて基本はスルーすることにしています。

という事で、勝てるものを本物と定義すれば全て偽物になるという点は、絶対FXを行う上で抑えておいてください。ただ、偽物であるというエビデンスはありませんが極めて「怪しい」ものは存在します。というかこれが多く存在しすぎていますので、以下にまとめておきます。

キャプチャ

4、「怪しむべき」特徴

本物偽物、という観点の話じゃない。ということをここまで書きましたが、極めて”怪しい”トレーダーやサロンは多くあります。その特徴を書きます。あくまで主観ですので他意はありません。

◆「インジケーター」「パラメーター」の手法、及びサロン
インジケーターってそもそも、【チャートから特定の情報を抜き出したもの】になります。これは構造として、チャートより遅れている情報という性質になります。パラメーターについても、基本的には計測期間であるので、短ければ遅れているが比較的早いもの、長いパラメーターなら遅れているものの更に遅れたものとなります。なので、当たり前で申し訳ないのですが相場を先読みする機能は、どんなインジケーターにもついていません。いかにもそれっぽく見える瞬間があるので騙されがちですが、オリジナルかどうかを問わず「インジケーターとパラメーター」を扱っているサロンで勝てる!って言っている所は、そもそも勝てる証明すらできていないので、すべて怪しいと思ってOKです。すごく興味があるのであれば、そのサロン主、商材主にどうしてそれで勝てるのか聞いてください。その時は「勝率」は、不確定要素の多い為替では証明になりませんので、勝率以外で聞いてみてください。

◆水平線
これもインジケーター同様に、これらで為替が動いていないなら何も証明になりません。ただし、年初来高値/底値や、ラウンドナンバー(ドル円なら10円単位とか)に引いておいて注意する、などは有効だと思います。少なくとも意識はされるので、こちらも気にするために引くのであれば有意義だと思います。あと簡単な見分け方ですが、自分の名前+ラインという名称(なんとかラインw)でのみトレードしている人は、知能的に怪しいと思って問題ないと思います。それで商売するなら、もっと商品名を考えると思いますしね。

◆マルチタイム分析(他時間分析)
これも図とかのっけてそれっぽいこと言ってる人は怪しいと思っていいとおもいます。と、いうのも、本質的にはどれも同じチャートです。切り替えて、色んな表示の仕方をすれば「探している形はどこかにはあるでしょ」と思うわけでして。笑 下位足を見るって1分足を例に出してる人いますが、1秒足だって出せるアプリあるんだし、何を以って1分足を下位足として説明になっているのか不明ですので。もちろん無駄ではないと思いますが、これで勝つことはできません。

◆EA/アービトラージ/シグナル/システムトレード
これはすべて限りなく偽物と思ってOKです。
てか、そんなもので勝てるなら世界中の頭の良い人みんな使うでしょうしね。1年~5年かけて勝ち続けているもので、かつ長期ユーザーが多いものを探してみてください。たぶん無いです。あっても、今後も継続する保証はありません。

◆シナリオ(笑)
何故か、負けて溶かして、人によっては借金することろまで自身のシナリオに入ってないんですよね。いいところを考えている人は「確証バイアス」による妄想です。

◆みんなで検証!
これはまず商材にもなっていない、怪しい以前の問題です。負けてる人って勝ち方わからないから負けてるので、負けてる人同士で検証してるところって、よく考えたら意味わかりませんね。それに、インジや手法を振り返ることは”カーブフィット”と呼ばれる行為で、負けるたびにフィットさせるだけのループになるので、いずれも「検証」という言葉を使う時点で長期的に勝てていないトレーダー/コンテンツです。(自分が正しく使用できているか振り返ることは検証と言ってもいいと思いますが)

◆手法アップデート
仮に手法で勝てたとしても、膨大な期間の検証は必要になります。それって1年2年の話ではないと思っていて。なのでアップデートが”どういう理由で発生しているか”をまず聞いた方がいいと思います。その方が勝率高いとかは、数字的に証明にならないので注意。


**
以上のポイントをまず抑えておきましょう。

キャプチャ

5、「これは、悪い」という書き込み

どこのサロンも、どのトレーダーも知名度に比例して悪く書かれることはあります。しかし、前述した通り偽物であるエビデンスもまた、他人には証明しづらいものですので、まずそうした証明が出来ていないのに、公共の電波にそうした書き込みをしてる人が居れば「頭の悪いひと」です。

そもそも”悪いところ”というのは、相対的に”良いところ”と比較するものですので、そうした意味でも自分の所感で物の良しあしを決めて発言する人は、自分で考え無し、と言っているものです。

例えば、僕の勉強会を例にすると「他のサロンやサイトは誤字がないのに、はるのゆきの書き込みは誤字ばっかり!」という書き込みがあったとします。これは、正しい悪口です。ぐぅの音も出ない事実で、他所と比較されていますし、受け入れるしかないでしょう。

では、仮に「異世界アラート全然だめじゃん」とだけ、書かれたとします。そうした場合、何とどう比較してどうだめかが書かれていないので、某ひろゆき氏の「それはあなたの感想ですよねw」ってやつです。そもそも、ダメの定義が”勝てない”であるなら、価格操作能力のない異世界アラートでは勝てませんし、そういう文献もありませんので、ご自身の勉強不足という話になります。

最後に実例で書きますが「はるのゆき怪しい」的なことを書かれたこともありました。何と比較してどう怪しいのでしょうね。”異世界アラート”という単語が怪しいなら、”絶対勝てる安心安全通知”とかであればよかったのでしょうか。という屁理屈はさておき、これをどう使っているのか計算式以外はすべて公開していて、そもそも身内との遊び用に作ったものを要望があって送っているということも書いてあるので、こちらもご自身の勉強/読解力不足か、僕の文章能力の稚拙さでしょう。

**
なので、基本的にFXで勝ち方や本物偽物を探している時点で、初心者未満か、申し訳ないが頭の悪い人であるわけで、自分でサロンや商材を探している際に悪い書き込みを見かけても「短絡的に判断する必要はない」と思います。善を考える人は、きっといると僕は思います。

キャプチャ

6、アンチは「限定的に発生する」。

ネットの世界は「自分の意見」を投げ捨てることのできる場所なので、意見が合わない/望んでいない回答として他者が受け取れば、アンチと認識することになる。なので、基本的には、理由がなければアンチは発生しない。

**
僕の主催する勉強会を例にします。

「異世界アラート怪しい」と言われた場合、それだけならアンチではなく感想です。なんで怪しいか、相対する対象と合わせて理由がないといけないわけで。それを踏まえて、僕の主催する勉強会は今後もアンチが発生する可能性があるのです。理由は「勉強会が案内制」「閉鎖的なコミュニティ」「無料である」「強制退会」という点にあります。

①勉強会が案内制
基本的に募集をしても若干名しかご案内していませんので、どんなに丁寧にご連絡をいただいても多くの方に「断る=不快な気持ちにさせてしまう」んです。実際勉強会募集を終えるとTwitterのフォローがめっちゃ減りますし、LINEの連絡アカウントも”Unknown”になります。なぜ少人数にしているかは別のページに書いてありますが、これは悪意はありませんが、不快にさせてしまって申し訳ないと思います。

②閉鎖的なコミュニティ
勉強会の内側が、ごく少数にしか見えないので、それ以外の人からすれば怪しいと思われます。基本的にサイトにトレード方法を掲載したり、異世界アラートも僕や参加者の方がTwitterにオープンに載せてくれているのですが、いかんせん外から判断できません。そもそも、以前はオープンでしたが、悪用されたことをきっかけに色んな制限を設けたので、”悪用される界隈である”ということは理解していただけると幸いです。

③無料である
まず「無料」である時点で、大概怪しく見えるものです。実はお金を払う方が、人は楽だと思うようで、この場合も「お金を払えばだれでも入れるサロン」の方が良質に見えてしまうと思います。入って負けても、「それはあなたの使い方のせい」と言えてしまうので、【入れたか入れないか】でサロンの評価も分かれてしまいます。

④強制退会
僕の勉強会は最初期はメールアドレスだけ教えてもらってアラートを送っていました。しかし、それを使ってアフィリエイトや有料、承認欲求ツイートなどをされたので、現在は利用前に法的責任を負う契約をして無料で使っていただいています。そんな感じで”多くのルール”があるわけですが、たったそれだけのお約束くらい守れない方はそもそも無料で教える義理もないし、ルーティンを繰り返すFXが向いてないと判断するので強制退会処理を行います。しばらくして、ほぼすべての人が「戻してほしい」「大丈夫だと思っていた」とか来るんですが、それでも終わりというルールで公平に行っています。その後に根も葉もない、着眼点も自分主観で、相対的ですらない頭の悪そうな悪口書き込みをわざわざアカウントを変えて行ってくるひともいました。僕も暇じゃないので、ミュートして以後なに書かれてるかは知りませんが「僕の本当に勝っている内容をまとめた勉強会」であることは参加者全員知っていますし、僕が勉強会を広めたいとも思っていないので外にどう書かれてもどうでもいいと思っています。


**
だいたい他人に勝ち方を求める時点で都合よすぎるわけで、そんな人ばかりのFX界隈をよくしようとも思いませんし、そもそも無料で誰かに教えて僕にメリットもないけど、【無料なのに内容の本質を掴んでくださる方】の為には引き続き配信したいとは思うし、多角度からみて活性化にもつながるようにたまに新規を入れているだけですのでこういう形になっています。なので、アンチが発生する仕組みではありますが、僕自身は”現会員”のかたのために在りたいと思って運営しています。

ぶっちゃけ僕は自分でリアルトレードと、そのノウハウを出しているわけですから、誰かに「怪しい!偽物」って言われても響かないんですよ、勝っているので。だから、アンチに何か言われて毎回怒っちゃう人って、怪しいなぁって思います。まぁ腹が立つのはわかりますけどね!

というわけで、僕の活動で不快に思わせてしまったら大変申し訳ないのですが、現状【会員になったうえで、悪いところを具体的に書かれたことがない】ので、これに該当しない場合は、申し訳ないのですがスルーとさせていただきます。

ちなみにだいたい上記①~④を理由に、ご案内できなかった/強制退会させた人が居るタイミングで今までごくわずかに書かれた悪口は発生しますが、ほぼLINEで連絡された方ですから、こちらではだいたい検討つくので、ひどい場合は情報開示請求も簡単ですし、やめたほうがいいと思います。好き勝手書いて幸せになるなら、どうぞです!

キャプチャ

7、要注意すること。

主観ですが、僕の中でどう考えてもおかしいことをまとめます。

◆「有料が~~アフィリエイトが~~」
FXを理解しているのであれば、価格操作機能がないものであれば勝てる方法は存在しないのは誰でも知っていますよね。つまり、お金を払ったりアフィリエイトを登録したり”対価”があるものは、勝てる方法以外で自身が欲するものがあった場合に引き換えにするべきものなので、まったくおかしいことはないですよ

なのでこの点についてつっかかる時点で、もはや自分を乞食と言ってるようなものですので、みっともないのでやめた方がいいです。

有料やアフィリエイトがいけないとするなら「虚偽報告」がある場合のみだと思います。【偽トレードでトレード履歴を捏造したものを本物のように見せる】、【生徒が勝ったという報告を偽装する】、【研究データのないものに適当な数字をでっちあげる】など。こうした、嘘で騙しているのであればもちろん良くないと思います。あとは、だいたい自分の事前の調べが甘かっただけであって、「有料やアフィリエイト自体」に批判する要素はそもそもズレていて、結構頭わるいひとしか思わないんじゃないかと思います。

そもそも優位性が対価に相当するものなら100万円のFX商材だって別に高いと思いませんしね。まぁ実際詐欺師や偽トレーダーが多いとされるFX界隈なので、そう書き込んでしまう方の気持ちも理解しています。なので「自分が納得できるとしっかり調べたところ」のみに対価を払う、嘘つかれても自分の調べ不足でもあるという意識を持った方がいいかもしれませんね。


◆YouTube「インジケーターの使い方!ドン」
これは、損出を出すような話をしているから、普通に危ない。そもそもFX系のYouTuberって平然とトレードしてなかったり、動画広告が収入の柱とか言っちゃうので、マジで危険なことしてるなと僕には思います。

◆サロンやってます「でもトレードしてません」
有料サロンとか高額商材主が、ぜんぜんトレードしていないところはまずヤバいので近づかないほうがいいと思います。何がやばいかと言えば、トレードは”現役”のみで判断できますから、過去何年勝ってたとかもはや経歴にもなりません。

◆要望があったので有料note出しますね!
一応、僕は法学部出身なので書いておきますが、「有料コンテンツであれば、自己責任と謳っても訴訟できる」んです。当然訴えられた側は相当なエビデンスを求められますが、過去勝った履歴画面や、勝率(謎)では証拠になりません。自分でコンテンツは出さないか、ブログ程度か、無料にすることをお勧めします。

◆アンチに過剰に反応する人
これは有名だろうが無名だろうが、関わるだけ無駄なのでスルーで大丈夫です。僕は以前「お前本当に勝ってるのか?」と攻撃的な書き込みをされました。僕としては「勝っていないからこそ、それがわからないんだろうな。。」と思って返信しませんでした。基本的に対等でなければ、気に留まらないものですから、唯一稼ぎが尺度のトレーダーであれば勝っていない人に何を言われても気にならないものです。いちいち反応してる人は、仮にトレードで勝っていても人生上手くいっていないひととかなので、関わらないほうがいいと思います。

GOLDやポンド専門のトレーダー
難易度が簡単な通貨はありません。GOLDやポンドが好まれるのは「ボラティリティが高い=大きく動く」ので、一撃で大金稼げることがあるからです。しかし、それを上回るくらい「大損するリスク」が当然ながらあります。プロスペクト理論がある以上、リスクリワードを頭で考えても、長期的に損小にするのは難しい。であれば、大敗するリスクを持つGOLDやポンド”だけ”をトレードするメリットは全然ないんです。大概、こういってる人はロット隠しているか、小ロットですし、大敗を掲載しません。大きく動くんだから、インジやラインに当たる回数も多いわけで、「それっぽいこと」を言いやすい動きなんです。勝てるようになったらわかりますが、こんなもの触らなくても、伸びた資金でロットを張ればドル円だってユーロだってかなりの利益になりますので。ほんとこういう人って一向に長期的な利益は伸びないのに、一瞬勝ってる風の承認欲求さんばっかりなので、基本相手にしなくていいと思います。

キャプチャ

8、なぜこの記事を書いたか

以上です。基本的に偽物と断定するのも難しいので結局は「本物であれ偽物であれ、他人を気にしない」ことに限ると思います。

かなり主観が混じっていますが、FX界隈は短絡的な方が集まります。株やファンド投資など、確度も高い投資があるなかでFXのバリューは「スピード感/一攫千金感」が最もあるものなので、そうした人種が集まりやすいのでは、と思います。だからGOLDやポンドのトレーダーも増えるばかりですし。しかし、FXトレードも結局は長期的な観点でトレードしないとどこかで大損して溶かすので、結果的に長期投資のようなものです。

短絡思考は、単元てきなものを好むので、勝ってる理由はこれ、とか負けた理由はこれ、と答えを決めつける「楽な行為」に発展します。残念ながら、為替はなんで動いたか100%のエビデンスがほぼ出せないものなので、無数にある過程と未来の結果は結びつきません。


この記事をなぜ書いたかですが、2つ理由があります。

①勉強代
FXは、あらゆる「勝てそうに見えるもの」が勝てないと知るまでは初心者未満で、それを理解するにはリアルトレードで痛い目を見るしかないでしょう。インジで負けたパターンで負けた理論で負けたサロンで負けたEAで負けた借金した自殺したって書き込みがこんなに多いのに、それを脳にインプットできずに自分も行ってしまうからです。これらが理解できて初めて初心者になりますので、まだ検証とか勉強とか思っている人はそれが勉強代になるので、低ロットで行ってくださいね。(って書いても私事のように読めないと思いますが)

②この記事を使って欲しい
短絡的な人の多いこの界隈では、何か一つの要素で人の良し悪しを決めるので、アンチ未満の突っかかりツイートやコメントが多発するので。だいたいそういう人を網羅した記事に仕上げたので、何か絡まれたら、この記事を張り付けてあげることで解決策となればいいなと思います。アンチやつっかかりが多くストレスを抱える人が多く居るので、役に立てばうれしいです。これに限らず、SNS自体の特徴かもしれませんけどね。

キャプチャ

9、最後に

皆さんは、”ダニング=クルーガー効果”って知ってますか?


これは、能力の個人差は自分でイメージする差よりも、はるかに大きいということを証明した実験ですが、以下のことを意味しています。

**
1、能力の低い人は自分のレベルを正しく評価できない。
2、能力の低い人は他人のスキルも正しく評価できない。
3、つまり、能力の低い人は自分を過大評価する。
**

これは「バイアスの盲点」とも呼ばれますが、FXトレーダーは極めてこれが顕著だと思います。無論、自分も含め、です。

そもそも、為替取引はこれまでも多くの優秀な学者も取り組んできたものですが、これまで完全な手法は出来ていません。EAも絶対勝てるものは出来ていません。なのに、自分の検証でこれらを考えるって普通に考えれば上記の
能力の低い人ほど自分を「過大評価」する傾向に当てはまっているからだと思います。

何故か、自分は勝てるって勝ててないうちに考えてしまう。もし「自分は違う」と思うなら、なぜ宝くじを借金してまで買わないのでしょうか。答えは、当たらないと思っているからですよね。FXは借金や預貯金をつぎ込みがちですが、どこかで勝てると思っているからなんでしょうね。

「いつか稼げる」という妄想はドーパミンを発生させるので、普通資金を溶かしたら怖くてもう二度とやらないハズなのに、また入金して検証(ごっこ)をする。繰り返しても、”ようやく勝てそう感”しか手に入らず、負けループです。だって、冒頭に書いた通り「勝ち方はない」ので。


僕が、勉強会を有料にしないのは「勝ち方がないものを扱っているので、リクープが難しい」と思うからです。僕だって善人ではないので、勝てる方法であれば、有料にしてますし。※負けにくい方法を目指しているので結果向かうベクトルは同じですが。

ですから、僕も、今後全額溶かして全敗もありえるので、全部溶かしたらそれでおしまいと思っています。FXトレードは、最大難易度の投機ですので、【楽しめる範囲で、引退できるシナリオ】を作れたら、それは本物のトレード方法なんじゃないかと思います。


著者:HARU no YUKI

・手法の無いトレードマニュアル
http://isekai-trader.com/
・Twitter
https://twitter.com/y_fractal

trader . 多様性。ライブ感。