見出し画像

マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーンは勝てない?

金融業界の大御所マーケットの魔術師 奥村尚さんの

金融工学や投資理論に基づき自らが開発した

オリジナルノウハウを商品化した

マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーンを紹介します。

マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーン 公式サイトはこちら


トワイライトゾーン開発責任者 奥村尚さん経歴

1987年
都立大学大学院工学研究科修了(テーマは人工知能)。

日興證券(現SMBC日興証券)入社。

投資工学研究所にて、数々の数理モデル開発に携わる。 スタンフォ

ード大学教授ウィリアム・F・シャープ教授(1990年ノーベル経済学賞)と

投資モデル共同開発、東証株価のネット配信(世界初)なども手掛ける。

2000年
東証マザーズ上場第一号の「インターネット総研」で金融事業を統括。

イスラエル天才科学者Miller教授(モサド科学顧問)と

ベンチャー企業設立、人工知能技術を商用化し空港に導入。

2004年~
金融業界とIT業界の交点で活躍。

最先端の人工知能とアナリストの相場適応力を融合させた投資モデルMRAを

完成し、 内外の機関投資家に提供する。

この投資手法は、最低25%/年以上の収益をもたらしている。

2015年~
個人投資家へMRA情報提供開始、さらに投資塾を通してお金の知識を広め、

ゆたかな生活の創造に貢献している。

こんな素晴らしい経歴を持つ奥村尚さんが開発したのが、

「FXで継続的に成果を上げたい」

「投資で収入を増やしたい」

そんなあなたの願望を叶えてくれる

最先端のAIを利用し開発したシステム

マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーンです。

奥村尚さんのマンツーマン指導・リアルセミナー付の

コンテンツも特典も豪華な内容になっています。

トワイライトゾーン 検証

トワイライトゾーンは、長期的な高パフォーマンスの維持を実現。

その根拠となる実績データを確認して下さい。

トワイライトゾーンの実績はこちら


プロの投資家と一般のトレーダーの違いとは?

投資環境が違うとか、運用する資金が違うなど、

違いは色々ありますが、

奥村尚さんの思う決定的な違いは『情報』だと言います。

プロの機関投資家は、世界各国の様々な情報を知ることができ、

機関投資家でないと知ることができないような情報もあり、

「質」「量」ともにプロの機関投資家の方が圧倒的に勝っています。

プロの機関投資家は、こうした様々な情報を取得し、

多角的にマーケット分析を行っていますので、

非常に正確に市場の状況を捉えることができます。

でも、一般のトレーダーの方々は、

こうした機関投資家などが提供する限られた情報のみから判断し、

日々トレードを行っているような状況です。

それでも、FXトレードで結果を出すトレーダーさんも沢山います。

ただ、機関投資家が得ている情報の中には、

知っておくとトレードに有利になるような情報も多々あります。

そこで、奥村尚さんは、

FXや株式投資などの様々な金融関連情報の配信を行っています。

でも、

いくらプロの機関投資家が手にする情報をあなたが手に入れたとしても、

それだけでは意味がありません。

本当に大切なのは、FXトレードに活かせる情報を取捨選択し

しっかりと的確に分析し、自身のトレードに活かすということです。

奥村尚さんは金融工学の専門家で、マーケット分析のプロです。

プロの機関投資家として得られる様々な情報を

日々AIを駆使しながらマーケット分析を行っています。

そこで、現在奥村尚さんが得ている情報をそのまま提供するのではなく、

FXトレードに活かせるツールとして、提供してくれることになったのです。

トワイライトゾーンは、

・エントリー

・利確

・損切

全てがシンプル。

奥村尚さんのトレード手法は、FXや株などすべてにおいて、

金融工学や投資理論に基づいて根拠あるものしか行いません。

「できる限り多くの人が実践でき、かつ結果が出る」

ということにこだわっています。

トワイライトゾーンは、

リスク・リターンを使ってチャート解析することで、

市場リスクを計算し、その市場リスクを視覚的に見やすく、

平行線(トワイライトゾーン)として表示しています。

言い換えると、トワイライトゾーンを利用すれば、

市場のリスクを確認しながらトレードができるということになります。

マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーンは勝てない?

そんな心配をする前に、

マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーンの詳しい内容を

ぜひ確認してみて下さい。

詳しい内容はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3