見出し画像

極楽転送機

「いいか。君には二つ、選択肢がある」

 殺風景な部屋。
 眼の前でパイプ椅子に縛られ、涙と小便を垂らし、ガタガタ震えている若い男に、俺はいつものように無表情に告げる。
「一つはここで、鉛玉を眉間に食らって素直にくたばること。もうひとつは……」
 親指で後ろを示す。こいつの仲間数人が、棺めいた機械装置に寝かされ、管まみれになっていく様を。
あれだ。半年ほどだが、死ぬまで幸福を味わえる。夢の中でな。あっちの方を俺はお勧めするがね」

 若い男は、よだれを垂らしながら叫んだ。少しは骨があったか。
「い、いやだ! 死んだほうがましだ! あれじゃあ、クソッ、生きてるなんて!」
「そうか。じゃあ、ここまでだ」
 まあ、俺もそう思う。あれは夢を与え、夢を奪う装置。こいつが知っているとは思えんが。
 極楽転送機。俺はそう刻まれた拳銃だ。男は震えながら笑った。極楽へ行けるとでも思ってんのか。

 男に3秒与えたあと、宣告する。
「地獄行き」

BLAM!

【だが、続く!】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
三宅つの

つのにサポートすると、あなたには非常な幸福が舞い込みます。数種類のリアクションコメントも表示されます。

福助があなたを守護し、防御力が上昇します。
6
奥ゆかしさ◆ドーモ。noteで文章を書いています。ヘッズフロムアニメイシヨン。