【数を行う重要性】スタートアップの営業

こんにちは、キシナのこやまです。

わたしのキシナの中での主要ミッションに、アパレル企業さんとのリレーション構築というものがあります。
今日はこちらの活動報告について書いてみようと思います。


スタートアップはつらいよ

見出しに思いが溢れてしまいました笑

キシナがとして今、アパレル企業さんとどんなことをさせていただきたいかというと、

①在庫廃棄周りを中心とした企業活動におけるペインを共有いただく
②新品在庫を買取りさせていただく

この2点です。

これらを達成するために取っている企業さんへのアプローチ、これも2つあります。

①自分達のネットワーク
②コールドメール

当然ですが①の方が反応は俄然良いです。
まず100%お話させていただけます。
これまでお話させていただいた皆さま、ありがとうございます!

難しいのが②です。
まあ返信をいただける確率は極めて低いです泣

やはりスタートアップですから、仕方ないというか、そうだろうなと思います。
「キシナ」と言ったって、誰?という話になりますもんね。

わたしは以前、新卒で入った会社で企業営業をしていたのですが、大企業にいましたので、自分の会社の名前を言えば、面談はほぼ100%してもらえました。

会社の看板ってやっぱり協力だなーと思う一方、自分の力でやらないといけないと改めて実感できますね。


学び

何通もメールを送ってもレスポンスがない状況に、多少心が折れそうになりました。。
そんな時にこんな記事を見つけたのです。

Y Combinatorというグローバルのイケてるシードアクセラレーターに所属されている方が、スタートアップの営業について書かれている記事です。

色々と参考になることが盛り沢山なのですが、特にコールドメールについて書かれていた所に勇気づけられ、また勉強になりました。

コールドメールは30通も50通も送るんだと。

簡潔に内容を記載するんだと。長いと読まれないぞと。

それまでのわたしは、10社程度に向けて長文メールを送ってしまっていたので、もっともっと数を送らなければいけないし、内容も洗練させなければいけないなと痛感しました。

営業をファネルで考えると、リードを増やすことと、次のステップに繋げる確率を上げること、この2つの活動を死ぬほど頑張らないといけませんね。

ちなみにこのFOUND Xというサイト、スタートアップにとって助けになる記事がたくさん書かれていますのでおすすめですよ。


現状報告

現状、1社さんとお話をさせていただいたり、在庫を購入させていただいたりさせていただけるようになりました!

また、こちらは知人の紹介ではありますが、来週にはもう1社お話をさせていただける予定になっています。

少しずつではありますが、着実に進んでいる感じがあります。

コールドメールの数はまだ30くらいだと思うので、この数ももっと上げて、リードを増やして行こうと思います。

今月は特にサンプルを作り始める予定でもありますし、一層楽しくなってきました!
衣服の供給を絶やさないように、企業さんへの営業活動も引き続き頑張って行きます!

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

使命を全うできない洋服を0に!民族刺繍の美しさで生活を少し豊かにするをキシナプロジェクトで達成したいと考えています。応援していただけると嬉しいです!

素敵な一日になりますように
2
こんにちは!キシナプロジェクトです。 キシナプロジェクトでは、新品で廃棄処分になってしまうアパレル商材を買取り、 世界各国の美しい民族衣装の技術を用いて、身に着けた人の自分らしさを引き出す商品に生まれ変わらせるということを行っています!週次で活動報告・エシカル関連のNote✍

こちらでもピックアップされています

キシナ
キシナ
  • 4本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。