日記

7

知らない先輩の話。

ChilledCowを彷彿とさせるビジュアル、ローファイのトラックにのせて語られるひとりの男の努力の話......。コメント欄を見ずにまずは聴いてほしい。

ひとつひとつの言葉から想像されるイメージはただただ美しい。しかし聴き終わると、窓から見える風景、曲名、リリックに、浮かび上がってくる別の意味。こんなに悔しくなる自分が意外だった。なんだこの気持ちは。自分が情けなく思えてくる。みんながこれと闘っ

もっとみる

漫画アプリのインターフェース。

漫画アプリのUIに物申す、という一連のツイートが興味深かった。

集英社の少年ジャンプ+の副編集長の元に、アプリの改善について提案のDMがきたという。それによると、若年層は次のことをアプリに求めており、世の漫画アプリはそれに応える設計になっていない。

① 短い時間で心に刺さる
→ 一話読んだだけでは面白さが伝わりにくく、離脱しやすい

② 選択したくない
→ 漫画を選択する行為そのものがストレス

もっとみる
すくぅぅ!
10

論理的思考の放棄。

最近、Twitterで盛り上がっていた登大遊さんの文章をいくつか読んだ。

きっかけとなったのは産経の記事だ。登大遊さんは2週間でテレワークシステムを構築したという。守秘義務のくだりは熱いものがある。

記事だけでは詳しいことはわからないが、NTT東日本の中で“社内調整”に走った人もいたのだろうと想像する。そういう人がいてくれることは希望だし、そういう人を動かすだけの力が登さんにあるのだろう。その

もっとみる

AIスピーカー

LINEのAIスピーカー「WAVE」。先行体験版の予約受付が7月14日に開始された。価格は1万円で今夏発売予定。製品版は今年の秋に1万5000円で発売される。

先行体験版は機能が絞られているが、今後ソフトウェアアップデートで製品版と同等機能にアップグレードされるとのこと。

Waveは、LINE独自のクラウドAIプラットフォーム「Clova」(クローバ)を活用。高性能なスピーカーを搭載し、約40

もっとみる

電車で子供がガタンゴトンと言っていて

向かいのサラリーマンが着ているスーツの繊維も見えそうなくらいに日差しが遠慮もなく差す電車の中で子供がガタンゴトン...とずっと言ってた。一駅分くらい。淡々と。

もちろん誰もその子供をジッと見るようなことはしなくて。それがなんだか不思議で。

もしかしたらこの子供の声は自分にしか聞こえてないんじゃないかと思って少し怖くなった。

気がついたら声は聞こえなくなっていて、子供も見当たらない。渋谷はさっ

もっとみる
すくぅぅ!
1

センスは作ることができるという話

先日、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部1年次の必修講義(!)でゲストにお呼ばれしてきた。今年3年目だ。

講義の内容は「掘る」。ポピュラーカルチャー学部は音楽コースとファッションコースに別れるのだが、音楽やファッションに関わるにおいて、まずは色々なものに触れよう、音楽をたくさん聴いてみよう、その出会い方を知ろう、という趣旨である。

講義の内容に簡単に触れると、現在の音楽産業の概要(数字の話、

もっとみる
すくぅぅ!